←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

なか卯のざるそばが神

追記。ごめん、これ二八そばのこと全編に渡って八二そばと言い切ってる。八割そばとごっちゃになっちゃったんだね。

 

結論から言おう。なか卯のざるそばが神がかっている。お前がするべきことはただ一つだ。つべこべ言わずにお前はなか卯に行け。そして店員に「ざるそば下さい」と告げろ。それだけでいい。これがすべてだ。さすれば貴方は「食券あちらでお買い求め下さい」と言われるだろう。

これを書いてるのズイショさんっていう人なんですけど、この人あんまり食に執着がない人間なんですよ、まずちょっとした飲み会なんかに行くと人前で飯を食うのが嫌だつってあんまり箸を持たない。手が汚れるからめんどくさいって言ってスイカを食べない。煮海老も殻を剥くと手がふやけるのが嫌なのでめんどくさいし食べたくない。大口を開けなくちゃ食えない食べ物も好きじゃない。切り分ける代もお前に払った料金のなかに含まれてるんじゃないのかとマックのレジ店員を睨みつける俺。ビッグマックを食うやつの気が知れない。口周りが汚れる。俺に何を食わそうが勝手だがなんでもいいから一口サイズに切り分けて出してくれ。とにかく俺は飯を食うのにパワーを使うのがめんどくさいんだ。

そんな僕ですが目のない飲食物というのがいくつかあって、それというのが、そば、いちご大福(白あんに限る)、紅茶。いいですか、みなさん、ズイショを手なづけたいならば、そば、いちご大福(白あんに限る)、紅茶。この三つです。仮にあなたがズイショさんを拉致・拘束・監禁したとして、一日三回朝昼晩、この三つ与えておけばまー大丈夫。まー文句を言わない。まーストックホルム症候群。朝昼晩、そばといちご大福(白あんに限る)と紅茶が与えられるなら僕はいつも笑顔でいられる気がするんだ。

そういうわけでそばが大好きなんですよ。これはもう本当に大好きでね、吝嗇な方ではあると思うんですけど、松屋の330円のカレーが380円に値上げしただけで「もうあんなカレー二度と食わねえ」って喚くくらいどうかしてるんですけど、だって全然違うでしょ。330円と380円って雲泥のやつでしょ。330円でこんなもんならまぁ上等かなって思えるものが50円上がって380円になると「いや、こんなもん食うくらいならもう100円出してワンコインランチ食べるわ」ってなるじゃないですか。そういう朝三暮四と折り合いをつけて生きる俺たち人間こと元猿じゃないですか。そんな僕手もそばだけは高いのには高いだけの理由があると素直に受け入れる、受け入れて積極的に食べる。

っていう調子なんですけどこの夏、稲妻のごとく登場したのがなか卯のざるそばです。並盛り450円。あのーこれ、断言しますけども、500円玉ワンコインで食べられる日本全国すべての蕎麦のなかで、最も旨い、世界一旨いのはなか卯のざるそばです。間違いない。宗教的な発言をしましたことお詫び申し上げます。タイタン。

これだけ言ってもみなさんわからないと思うんで説明しますけどね、このなか卯のそばね、理屈はわからんけど八二そばなんですよ。いいですかみなさん、ここからは俺が過去累積してる知識をノリで話す何とも信憑性要確認な話だ。だいたいこんなだったような気がするだけで喋りますけども、例えば300円の立ち喰い蕎麦屋があったり、スーパーでも蕎麦はいくらでも打ってますよね、しかしそれらはすべてですね、本当はそばではないのです。というと語弊はあるんでしょうが、明確に言えば蕎麦ではなく蕎麦味のヌードルにすぎないのですよ。八二蕎麦の話に戻りましょう。八二、この数字が何を意味するか。それはずばり、蕎麦粉と小麦粉の割合です。蕎麦粉が8割、小麦粉が2割、それが本格そばの一つのあり方であるわけです。では逆に言えば、どれくらいちゃんとそば要素を足していれば蕎麦と言えるのか、結論としては結構縦横無尽に蕎麦を名乗っていいって結論になるんです。スーパーとか市販で売ってる蕎麦とかって、袋にでかでか蕎麦って書いてますけどね、EXILEがライブ会場で「EXILE」ってでかでか書いてるバスタオル売ってるのと同じノリであいつら「そば」って売ってますけどね、あれも怪しいんですよ。八二蕎麦がね、そば粉が8割で小麦が2割って説明したとこですけどじゃあ他のそばはどうなのかというと「あまりよくわからない」なんですよ。市販の場合はたしか、そば粉の割合が30%を切ると注意書きが必要なのかな?それも相当ですけどね。31%とか32%はなんのエクスキューズもなくそばを名乗っていいわけだから。しかもこれ、小売の話にしかすぎなくて、実際にその場で調理する飲食店に関しては確かこの規定すら適用されなかった気がする。じゃあ、もう、そばのことを考えながらうどん打っても蕎麦って言い張れるんじゃねえの!?みたいなそういう感じはちょっと残りますけども。

もちろんここで再確認したいのは例えば一杯300円の立ち食いそばとか、あれ、うまいっすよね。僕も大好きです。あれはまーあれでうまいんすけど、あれは結局そば粉がどれだけ含有されてるか分かったもんじゃないってことなんですよ。成分書いてない温泉って怖いと思うんですけどそれに近いのが立ち食いそばなわけです。それでも、立ち食いそばうまいですけどね。これからのことは知らんけども。アレみたいなもんですわ、オレンジジュース。一番うまいのってたぶん100%でしょ。果汁だけで作られたのがそりゃあ美味いに決まってますけど、じゃあ果汁が20%しか入ってないとうまくないのかって言えばそういうことじゃないでしょ。なっちゃん、おいしかったでしょ。なっちゃん果汁100%ではないけれどもおいしかったし、そこらへんの立ち食いそばがうまいのはそれと同じ感じなんで全くおんなじなんでいいんですよ。もっと言えば、田中麗奈が「何も言わずに私を抱いて」って言ってきたら抱くでしょ。そういう意味で僕は別に本格じゃなそばに文句を言いたいわけではないんですけども。

それはそれとして、なか卯のざるそばがすげえうまい。八二そばなんですよ。そんなのチェーン店でやってるの初めて見たし。なんかわかんねえけど、それって本来職人さんの技術だと思ってたんです。8のそば粉と2の小麦粉をイイ感じに混ぜろって簡単に言いますけど、800gのそば粉と200gの小麦粉を混ぜるのは簡単かもしれませんけど、じゃあ80kgのそば粉と20kgの小麦粉を混ぜる大変さってどうなんだ、みたいな話に当然なってくるわけじゃないですか。ここですよね、ここらへん。

いやだから、もう喋りたいないことなくなってきたから終わるんだけど、みんなとりあえず一回食えって。そして感想を言い合おう。なか卯のざるそばの話を俺はただいろんな話をしたいんだ。鴨つけの温かいそばを食った人も許す。もう忘れかけてるけど、俺だってこのブログ書いてるのなんでかって考えたら、俺が騒ぐじゃん。騒いでることは認知されるだけされれば全然良くって、とりあえず365日頑張って欲しいな、と思ってる。以上です。

広告を非表示にする