←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

アニメ『メイドインアビス』感想文

なんかツイッターのタイムラインでおもしれえおもしれえって譫言のように言ってる人を数名見かけててへぇと思っていたらAmazonプライムビデオで見れちゃうらしいことがわかったので三連休でサクッと全話見ました。Amazonプライムは年会費たかだか4000円せいぜいで色々な商品を素早く届けてくれるし、映画もアニメもドラマも音楽もタダで配信してくれるし、すごすぎるんですけど本当に大丈夫なんでしょうか? 笑ゥせぇるすまん的なオチが待っているんじゃないかと夜布団に入ってから考え始めるとものすごく怖い気持ちになるのでみなさんも是非お試しください。

それで『メイドインアビス』を見たよーって話なんですけど、まぁ普通に面白かって、ぶっちゃけリアルタイムで見ていても来週が気になって気になって毎週楽しみで仕方ないし次の放送までを生き延びる活力になるってほど楽しんでただろうかと考えるとそっこまでーって感じだったとは思いますがまぁ普通に面白かったです。生き延びる活力レベルになるとブログに感想書く際にも読んで欲しい対象としては完全に「見てない人」の方にベクトルが向いていて「見ろ、いいから見ろ。すごいから見ろ。見た結果の俺を見ろ。すごいだろ?見るしかないよな、見よう、見ろ見れ」のテンションでそれを目的に書いてるところがあるんですが、そしてすごい熱量だけどネタバレが実は全然ないっていうそういうパターンになることが多いんですけど、まぁそうでもない時はふつうに感想を書く感じなのでどっちかというと同じく作品見ている人が対象というか、まぁあとは普通にこのブログ普段から読んでる人は、まぁ今後見るかどうかの参考にして、くらいの感じで今回はどちらかというと後者になるのかなという気がします。また、見ていてむかついたのでおっとり刀で筆を取るってケースもありましてこの場合はというといやもういいだろ、感想早く書けよ。なんで感想を書く時のスタンスを前置きするだけで原稿用紙2枚分くらいが埋まってるんだよ。

それで『メイドインアビス』なんですけど、とりあえず1話見た時点で俺は「はい、最後まで見る」って決めましたよね。僕はキャラ萌えは全然なくて話の筋で物語を楽しむ方なんですが、さすがに関係性萌えみたいな「こういう二人が出て来る話はかなり好みだ」みたいなのはあるみたいで、あったらあったでめんどくさくてめっちゃ好きになるか「この関係性の人たちをこう動かすのは俺のなかでは全然納得がいかん」つってめちゃめちゃ嫌いになるかのどっちかなんですけど、そういう関係性萌えのなかでめちゃめちゃドンピシャど真ん中の大好物が「ポジティブだけど危なっかしい女の子を、力は持っているんだけど精神的に欠落を抱えていたり不安定だったりする男の子が精神的には救われながら守ろうとする」なんですよ。だからまぁドンピシャですよね。見まごうことなきドンピシャなんですけど。

なんかこう、『こどものおもちゃ』とかね『天使な小生意気』とかね、いや作品名あげたらいきなりさっき言ってた定義とはちょっと違わねーかって話になりそうなんで、あんま作品名を挙げて例示するのやめますけど、とりあえずなんかそういうボーイ・ミーツ・ガールから始まる冒険と依存と成長と喪失とその喪失を補完しようとする二人みたいな伝わんのかこれで?? なんかそういうのが好きなんですよ。そういう展開の物語を俺は"フレア"って呼んでません。

だからまぁ見ちゃいますよね。まぁフォローの人らのリアクションもうっすら見かけてたし、だいたいまぁかわいい絵面と見せかけて結構エグいんでしょってのは一話の時点でわかってたんで「はいはい、どうぞ好きにエグみを出してくださいね」って思いながら見ていったらまぁ案の定エグくて、別に「エグくておすすめ」とかじゃなくてやっぱ普通にエグめの話だったなーと思いながら見てたんですけど、とりあえず俺がこれを見続けるか途中で切り上げるかの基準は主人公の二人の関係性が俺の好きなやつのまま維持するか「あっ、そっちいっちゃうならそんな興味ねえな」の方にいくかの一点だったんですけど、それで言うと一期はまぁそのまますんなりいけました。ただ、これ、人によっては女の子の性格が結構むかつくので男の子が健気なだけに余計むかついてこの女の子が嫌で離脱する人いるんじゃねえかなとかは思ってて、まだ他の人の感想とか読んでないんでわかんないんですけど、そういう人いないのかな?たぶん「アビスに冒険者はどうしても否が応でも惹かれてしまう」みたいな物語世界観を彼女が強く担っている関係もあるんでしょうけど、男の子の方は色々考えながらやってるのにちょっと黙っててくれへんかな?みたいに感じるところはまぁ無くは無いなと思って。逆に「そういうキャラが好き」って人もいるのかなーとは思いますけど、僕としてはもうちょっと繊細でもええんちゃうか思うところもあって、母親の設定とか出自とかが明らかになればなるほど、男の子をいい感じに動かして心の変化もさせて成長させるためと世界を貫くストーリーを回すために用意された記号っぽく見えちゃって、あの女の子に感情移入して見る人もおらんことないんかなーとは思いつつ、俺主観ではちょっと物語装置っぽいなーと感じて物足りない部分はある。

まぁ、でも男の子の方の心の機微がいい感じなので僕的に些細な問題です!!

これは僕にもそういうキモいところがありますというだけの話にほかならないんですが、自分が救われてて依存してるからすごく一生懸命に女の子を守ろうとする話って本当に良いですよねー。あ、あとアビスの淵の浅いところに差し込んでる太陽の光の美しさが『ワンダと巨像』なんかも思い出しましたねー。あれも女の子のために男の子が頑張る話でしたねー。基本的にそういう話は好きですね。守れなくて無力感を感じるけどそれでも守りたいから頑張るとかねー、そういうの好きなので、守りたい対象が俺にとって可愛げがあろうがなかろうが、彼が守りたいと思うのがしっかり伝わればそれで僕はOKです。

で、本当に前情報なかったんで「できることならこれ一期でしっかり完結するやつであってくれ。あるかないかわからない二期を待つのダルいから」と思いながら中盤見守ってたんですけど10話くらいで「ああ、これ全然終わんないじゃん」と諦めました。ほんでこっちが諦めたのをいいことに「一期では終わらないってわかってもらえたならじゃあ」って感じでがっつり描きやがりましたね、あの獣っぽい女の子のパート。あれだけがっつり描ききってパーティーが3人になったところで、はいここでとりあえずおしまいってのはもう本当に「二期早よ」としか言い様がないですね。

しかし原作読んでる人はもう知ってる話なのかもしれませんが、二期は大丈夫なんですかね。女の子がうるさいしむかつく件。ミニー現象って名前は今僕が作ったんですけど、みんなのみんなのミッキーマウスがあんなにベタ惚れしているのだからもうそれは受け入れるしかないけど、ミニーマウスって本当にそんなにいい女なのか?みたいなのってちょっとあるじゃないですか。それに近い感じで、あの健気な男の子はみんな頑張れ頑張れってなってしまうと思うんですけど、それに対して彼が守りたいこのうるさい能天気な女どうなんだっていう『メイドインアビス』もミッキー・ミニーに近い構図があると思うんですけど、二人で頑張ってた一期はそれで良かったんですよ。でも二期はこの獣の女の子もいますよね。そして、あの幼馴染のために一人であの環境で闘い続けた彼女はどちらかというと女の子を守ろうとするあの男の子と近い境遇にあるわけですよね。そして彼女の闘いに終止符を打ってくれたのもその男の子で、悲しい終止符に寄り添ってくれたのも男の子で、パーティーに加わるのもそんな男の子への感謝の気持ちがあればこそじゃないですか。なんなら幼馴染も無事に喪って異形の自分だけが残って生きる目的も無くなってってところで、新しい生きる目的もう少し生きてみようかなと思える理由があの男の子なわけじゃないですか。これでもし獣の子がね、あの男の子に本格的に好意を抱くようになった時、さすがにマジであのメガネの女の子にむかついてくるんちゃうかっていう心配がありますよね。だってあの獣の子の方がみんなかわいいし応援したくなるでしょ。みんな獣の子を応援するのにロボの男の子が一番に大事にするのは絶対メガネの女の子じゃないですか。その時、メガネの女の子のヘイトがめちゃめちゃ溜まるんじゃないのかってのが心配なんですよね。

獣の子は、ロボの子がメガネ好きで一番大事なのは知ってるから、自分の気持ちは置いておいて、冒険のために頑張る。ロボの子もそれに素直に甘えてしまって、獣の子を頼る。信頼する。大事な仲間だとも思ってくれる。しかしその感情はどうしたってメガネの子に向けられるそれとは違う。っていう、めちゃめちゃ仕方ないけど切ない展開になった時、メガネの子が一期同様引き続き能天気で設定だけはてんこ盛りだから要所要所で自分の運命に落ち込んだりしおらしくしたりして、ロボはそれをしっかり支えてお姫様扱い。ってなった時に、いい加減今まではメガネ単体にむかついてた人たちが「もうそんなわがまま女いいだろ!獣の子も大事にしてやれよ!」ってロボの方にもむかつき始めてしまうと作品全体がものすごく見にくくなるじゃないですか。とりあえずそれが一番今は心配ですね。

なんやったらこの作品の方向性でいうと、メガネとロボの二人を生かすために獣の子が命を落とす可能性まであるわけじゃないですか。その時になってメガネ泣いたっててめえ今更白々しいんだよ!!今まで好き勝手やって迷惑かけてきた癖に最後だけ謝って獣の子のために涙流したからってチャラになると思うなよ!!ロボもてめえ、今までさんざ犬みたいにメガネのことばっか気にかけやがって獣の子はそんな辛いなかずっと頑張ってくれて最後はこんなことになっちまって一番残酷なのはお前だよ!!みたいな感じになってる可能性あるよな、と思って。そういう別れが最終的にあったとしても、そこまでにちゃんと納得できる感じに三人のそれぞれの関係が構築されているかどうかが勝負かなーと思っています。とりあえずメガネの子をどう今からマシなキャラにするか、でしょうか。

とりあえずそんな感じで、昭和元禄落語心中の時も原作読まずに二期を待ち果せることができたので今回もそんな感じでいこうかなと思います。惡の華はこれ絶対に二期ないな、と思って早々に原作読みました。あと感想書き終わって気づいたんですけど、あの三人の関係性が今後どうなるかが楽しみなだけでアビスとは結局いったいなんなのか?ロボの正体は?とかそこらへん俺まじで興味ないんだな。以上です。

広告を非表示にする