←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

0歳9ヶ月児が父親のすね毛をむしりながら音声入力で書いたブログ

じゃー Ar 14の宮今日えーけーけーへん

 

中年の危機のやつとかとかとか

読みましたー。

言うて僕も気づいたら32歳とかなってて、プロフィールでいうと妻子持ち、一児の父なんですって。ずいぶん所帯じみたなぁとかは思いますけど。あ、あと今思い出した思ってたことですけど、イクメンって言葉は「所帯じみた」って自己認識するのが嫌な男を対象にしたアンチエイジング的な文脈から生まれた言葉だと思ってる。おっさんと思われたくないけど、育児を嫁に任せっきりとも思われたくない、みたいな。で、なんだっけ、ああ俺が所帯じみて一児の父でみたいな話か。知らねえよって思ってますけどね。俺がその気になればお前今すぐぶん殴れるからなってのは、結婚しても子供持っても変わんないですけどね。俺がそうすることで不幸になる人がいくら増えたって、俺がそれを実行する可能性は常に俺の横に遍在しているからなと思って生きてますけど。俺が拳をギュッと握って1mほど前に突き出せば誰かに痛い思いと屈辱を与えられるということが物理的に保証されていくという事実は常に大事にしていきたいなーと思っています。殴らないけどね。

中年の危機みたいな話でいうと、僕は32歳まだまだ若造で、まだ「【まだ】僕にはわからない難しい話ですけどー」みたいなことを言っておいた方がまぁ多分無難なんでしょう。それくらい分かるけど、そう言わなくちゃなんないのダルいなー、みたいなのはまぁ10代からずっと思ってるよねとかは思う。でもまぁなんか最近は会社のみんなで飲みに行こうみたいなって行っても、あんまり上を呼んでもつまんなくなるしってところでギリギリ呼ばれる一番上くらいに今はなってきてて、座敷の端っこの方に座って誰がどこに座ってるかを目だけでチェックして、話し相手いなくて手持ち無沙汰になっちゃうやついないかなーとか心配しつつ、いなかったら良かったねあとは楽しくやっといてよ金はまぁ少しは多めに出すからさみたいなそういう感じの飲み会参加になって、俺もおっさんになったなーと思ったりはするので、こういう感覚の延長上に中年の危機があるのかなーみたいなことはまぁ想像はつくつかないで言えばつく。

でもなんかじゃあ俺がこの先、中年の危機みたいなものに陥るのかって考えると「たぶんねーなー」と思ってて、なんかまぁ俺も色んなおっさんと話すことあるけども実際にそういう危機感を持ってるおっさんと無縁のおっさんと色々見かけててなんとなく見えてはいるんだけど、危機感持つおっさんって、なんつーかこう、「達成感」をモチベーションにやってる気がするんよな。何かを「作り上げた」とかさ「やり遂げた」とかさ、そういうものを生き甲斐にしてやってるとそりゃあどっかで「もう俺に作れるものやれること全部やったぞ」って絶望するでしょ、そりゃ、みたいなことは思う。僕は残念ながらそこらへんの才能に欠ける平凡な人間だったので「自分だけに成し遂げられるようなことはない」みたいな結論にはさんざ悩んで20代前半には終わらせてるんよな、それ以降は「俺は中長期的な計画を立てて自分の思想を体現するような何かを作るほどの才能はない、なので毎日俺らしく瞬間瞬間を生きればいいや。その積み重ねで何かがついてくるなら良し、ついてこないならそれはそれで別に俺は俺をやるだけなので良し」みたいな考えに妥協していったので、あんまりそういう絶望を、わからんとは言わんけど今更感は感じるのだった。

だってもう、金を多めに出すんだから俺の話を聴けみたいなおっさんってたくさんいるじゃないですか。俺あいつら死ねよと思ってるんですけど、俺はそういうおっさんにならずにすみっこで迷惑かけずに飲んでるぞ、みたいなことで俺は満足なんですよ。それは俺の人生に対する満足じゃなくて、今日の満足で、明日もこんな感じでダサくない俺でいられたらいいな~~みたいなそんな感じでやっている。俺は俺がダサいと思った年上みたいにはならないぞ、は僕の人生の一つのテーマなのでそれだけであんまり今後退屈をする予定はないんだよなぁ。

考えるに諸説あるなぁ、とは思う。40とか差し掛かったらちんこ弱くなるしね。みうらじゅんだったか、男はちんこに支配されてるから、勃たなくなって初めて支配から開放されるんだよとか言ってた気がするけど、それはえらい極端な話だけど、ちんこ勃たなくなって羅針盤ひとつ失うみたいな感覚は人に寄ってはあるのかもしれない。

あとなんかこの中年の危機って男の話じゃん、女性の更年期の話とかあるけど、明らかにそれとは別に語られてる感じじゃん、って考えるとジェンダーの話なのかなーって気もする。

なんか女性ってさ、他者評価を指標にやってくのってすげえ大変じゃん。ルックス突っ込まれるし、女性としての規範は問われまくるし、他者評価をあてに自己を肯定していくのってめちゃんこ難しいじゃんとかは思いますよね。そうじゃない世の中にしていきまっしょいって思いますし。だから女性って自分と向き合うというか、他人とか関係あらへんでのテンションで自分を見つめるフローみたいなんがたぶん10代からずっと必要で、そこで向き合って答えを見つけた人はかっこいいし見つけられない人はむつかしいみたいなのが女性の10代以降だと思うんですけど、男ってそこらへんで言うと逃げ切れちゃうよね~とかは思うんですよね。自分が自分でどうありたいかみたいなことに結論出さずとも「俺は他人にこう思われてる、俺は社会にこう必要とされてる」だけで、結構40代くらいまでは引っ張れちゃうのかなーみたいなことは考えててさ。それ自体は悪いことじゃないんだけど、構造的にはそんな感じなのかなーとか思ってて。

phaさんなんか「ダルいです、世の中の常識とか知らないです、勝手にやります」って感じでやってるけれども、それで選んだ変で面白い道、女性だったらもっと叩かれてただろうし、男性だから「変な人だなー、くたばったら馬鹿にするからなー」くらいで済んでて「くたばってないじゃーん」くらいで済んでる今で、女性だったらもっと大変だったんだろうなーみたいなことはなんとなく想像できて。なんつーか、絶望する機会は男の方が少ないんだろうなーとかは思うんですよね。もちろん、絶望自体はみなさんやってるんでしょうけどね。

それでいうと、僕はブルーハーツから始まる一連の系譜がすげえ人生に必要に大好きになんですけと、そのなかで「うんざりなんてしてて当たり前、絶望なんてしてて当たり前」なんて歌詞があるんですけど俺はそれをそのまままるっきり真に受けていて、そのとおり人生そういうもんだと思ってやっているんですけど、この中年の危機の話題を見ていると、なんか「え、みんな意外とそんな絶望してないの!?」とショッキングですらある。ずっと絶望しながらやってきてたのに、みんなもそうだと思ってたのに「実は最近絶望しててさぁ」と言われたら、ちょっと思ってたんと違うぞってなるよ、みたいな。

それこそTOKIO山口達也がやらかしてましたけど、なんか思ったのは、「かわいい女の子」を10代20代と定義して、そこらへんにモテるのが「モテる」「男の価値」みたいなに定義してしまうと、そりゃあ40代越えたところで詰むよね。だって父親と同じ年齢とかじゃん、っていう。例えばそういう状況に納得がいかない!!ってなるのであれば、それはなんかそいつが思想をアップデートしなかったことに問題があるよねーみたいなことを思って。

結局、アップデートしないで何とか逃げ切れるのが40代とかなんじゃねーの?って思うところがあって、それでいうと女は、40代まで全然逃げ切れないから、その遥か手前から頑張らないと苦しい。見目の悪い人は10代から苦しいし、20代までは逃げ切れても美人だろうとなんだろうと30代が見えてくると厳しい。他者評価はいつも自分をおちょくってくるし、自分で自分を愛せるようにならないときっと苦しい。たぶん女性の場合は40代半ばまでになんとか自分なりの答えを見つけて自由にならないと、その後一生を「女性らしく」を女性に強要することで自分らしさを保つしかない老害になってしまう感じがする。それに対して、男はやっぱり逃げ切れてしまう。40代くらいまでは。後進を育てなさいくらいの立場になるまでは、「俺が俺の人生の主役として生きて何が悪いんだ」って感じでえいやとやれてしまう。そうじゃなくなった時に、初めて本当の意味で自分と向き合わなくちゃならなくなってしんどい、みたいな。なんかそういう構造なのかなーと思っている。

最近家買おうかなーと思ってるんだけど「買ったらだいたい給料の使い方も全部計画出来上がってるから、それに従って70まで生きるだけだわ」とギャグで言うけど、これを本気で思う人もいて、せっかく夢のマイホームを買ったのに虚しくなってしまう人もいるんだろうなーと考える。子供ができたら虚無は先延ばしにできるのか、とか言ってるけど、それもやっぱ気の持ちようで「大学までやるのになんぼ金がいるなー」と思ったら、マイホーム買った虚しさと同じような感じになる人もいるんだろうなーと思う。

なんかおれはそこらへん本当に全然なくて、みんな勝手にやればと思っているし、そのみんなの中に俺も含まれていると思っているし、当の俺は、その日その日をなんか面白いこと言えて「あー俺は今日も面白いこと言えたなー」と思ったらそれで満足で、目標も見通しも全然ないから、ないこたないけど、それは「この感じで毎日やったらこうなるなー」って予測で目標ではないから、毎日楽しいし、40代なって楽しくなくなるみたいな感じがいまいち想像できないんだけど、まぁこの文章も40代楽しくやるための伏線だし、なんか、まぁいいや、最後に気の利いたこと言うのもめんどくさいし、推敲もめんどくさいんでとりあえずアップロードボタン押しますわ。

以上です。

育児雑感1

あのー、なんか息子がいるんですよ、なんか生まれて。夫婦で「やったー」つって育ててるっていうか何か家にいるんですけど。服が自分で着れないレベルの足手まといです。雑記です。

今で9ヶ月とかそんなんかな?数えてないけど。自分のことだから自分で数えとけとは一応言ったんですけど彼にはまだ荷が重かったんでよくわかんないですね。9ヶ月とかじゃないですか、わかんないですけど。指折り数えることすらできない何の役にも立たない人材なんでちょっと彼には荷が重かったですね。何のための指だよ!って思いますけど、何かしら掴んだりとかはしているようです。いつも楽しそうです。

なんか4月からは保育園とか行くようになってね。ラジオネーム保育園落ちた日本死ねうさぎちゃんさんみたいな人がいたのは記憶に新しいですが、落ちないかなー大丈夫かなーと思いつつシンプルな頭で書類を出したら幸いにも第一志望じゃないけど保育園落ちなかったんでラッキ~~とか思ってたんですけど、あ、そんなに面白い話じゃないから掘らないけど保育園見学とかも結構行きましたね。方向性みんな違いすぎるんでこれが落ちる落ちないでうちが行く保育園決まるのダルいんでいっそアミダでよろしくって思いましたね。で、保育園に今息子が通い始めてて、ただ嫁さんがまだ求職中だったんで、あれすげえ厳しいんだね、「求職中なら暇だろ、保育園によこすのは何時以降にしろ」みたいな指定があるんですね。で、その指定に合わせて僕が送ってくと仕事の定時に間に合わなくなっちゃうんで嫁にずっと任せっきりだったんですけど、嫁さんも仕事決まったんでそのうち僕が朝保育園まで連れてから出勤するみたいな感じになるらしいです。僕もよその子供とかよその子供の親とか保育士さんとか色んな人との交流が始まるのが今から楽しみですね。全員にドラゴンボール登場キャラのあだ名をつけてやりますけどね、ザーボンさんは早いもの勝ちですけどね。ザーボンさん第二段階は別枠ですけどね。

で、なんだっけ、ああだからなんか今は俺が家を出た後に嫁さんが保育園につれてくみたいなスタイルだったので、まぁなんか朝の準備、保育園用にお着替えしてやったり保湿クリームとかUVカットクリームとか塗ってやるとかやってないこともないんだけど、あんま彼が保育園行ってるみたいな実感も最初はなかったけどね、俺視点でいうと出勤前に家にいて、夜に帰ってきたら寝てるって意味では保育園行ってようが行ってまいが同じだから、同じかなと最初は思ってたけどなかなかそうもいかないもんですね。

まず風邪をめちゃめちゃもらってきてますね。あるあるらしいけど、自分がなるまで知らなかったよね、まず保育園に行った彼が誰かから風邪をもらってくるじゃん、で、それを親に感染してくるのよね。これには4月大いにやられたね。俺もゲホゲホ言いながら仕事行ってたし嫁さんは今もゲホゲホ言ってる。0歳たかだか如きのガキがさ、風邪引いたつったってそれはこっちには関係ないと思うじゃん、俺は最初思ってたんだよね、だって犬の風邪とか感染らないじゃん。そんな感じでナメてたらめちゃめちゃ感染ったんで、「え、こいつ人間なん???」って思ったよね。だって俺未だに息子に対して「こいつもいつか人間になったら」みたいな言い回し使うからね。じゃあ今なんなんだよ!!赤ちゃんだよ!!悔しかったら、なんか手紙とか書いてみろや、みたいな。赤ちゃんにすら宣戦布告する僕ですけどね。

それでなんだっけ、保育園の他のことで言うとね、なんかおかあさんじゃなきゃダメになったね。今までは、まぁ平日は僕夜も帰るの遅いんで嫁さんに丸投げでしたけど、休みの日とかは結構一緒に時間を過ごしたりしてるんで楽しく仲良くやってるつもりでしたけど、最近はなんかダメですねー。嫁がトイレだかキッチンだか行くたびにわんわん泣くようになりましたねー。たぶん理屈としてはわかるんですよ。保育園も最初の一週間二週間は泣いてたらしいですけど、最近はそんなに泣かなくなってきたみたいで。そういう保育園みたいな場所に預けられて両親と離れ離れになるのも仕方ねーなーみたいな感覚もたぶん彼のなかで芽生えてきたのかなーとかは思う。ただ、その一方でもうひとつ芽生えたのが「じゃあ家にお母さんがいる時はお母さんに甘えられるだけ甘えていこう」みたいな信念だと思うんすよね。たぶん感覚的には「え?大盛り無料なの?並と大盛りが同じ値段ならそりゃ大盛り頼むでしょ」くらいの感じで「保育園じゃなくて家にいる時はお母さんいるんでしょ?じゃあお母さんでしょ」みたいな感じに彼のなかでなってるんでしょうね。「お父さんとお母さんが同じ値段なの?じゃあお母さんでしょ」みたいな。で、すげえ泣くの。俺がいくらあやしてもお母さんが去っていった方向をずっと見て泣くのでこいつめんどくせえなぁつって、まぁ俺は彼がどんだけ泣こうが俺は何も悲しくないし涙も出ないし、彼の涙は彼の涙で、俺とは何も関係ないっていうスタンスなので、とりあえずごまかしごまかしやってますけど、しばらくはお母さんじゃないとあかんらしい使い勝手の悪い人材っぽいのでドラフトで指名されても親として代理で断りまーす。

あとはなんだろ、風邪をもらってぐずぐずやってたんでね、なんか電動鼻水吸取機みたいなの買いましたね。もともとは口で吸うみたいなのでやってたけど、保育園で風邪もらってきてからは追いつかないというかめんどくさすぎて、もうめんどくさいから買おうぜってなって電動のやつ買いましたね。とっとと買っときゃよかった買い物グランプリのトップ陣に食い込む感じで今活躍しています。「あれ?間違って脳髄も吸ってない?」って思うくらい鼻吸われてる息子泣きますけどね。そういうの見ても、泣け泣け、としか思わないのでいわゆる世で言う「赤ちゃんがかわいそうで辛い」みたいな感覚が皆無なのでストレスなく育児してますけど親としての素質はゼロです。「生まれたいつもりじゃないのに生まれたのは俺もお前も同じじゃボケ」の感覚で日々、息子と遊んでいます。あとは、耳に刺すと2秒で測れる体温計?アレも買ったんで試します。保育園って毎日体温を報告しろとか言うんですよ。囚人かよって思うんですけど、従わざるをえないんで、自ら檻に赴く囚人なので。なので、毎日測るなら、なるべく簡単に測れた方がいいよねー、みたいな。

まーなんだろ、そういえば、なんかポエムみたいなの何発かかましたけど、この感じで育児の話したことそういえばなかったなと思って書き始めたけど、あんまり書きたいことないんだなってことは再確認しましたね。もちろん僕が働きに出てて基本嫁さんに子育ての大部分をまかせる形になってしまってはいるんですけど、それでもまぁそれなりに育児参加してるものの、ガキなんざまぁ想定内のことしかしないですね。寝返りしない時期に寝返りしないと見せかけて寝返りとかしないですから。駆け引きも一切ないし、まぁなんかわざわざ書くほどのこともねえやってなってたのが書いてない理由の大半だったわけで、書いてなかったんですけど、もともと人と「あるある」を共有するのも好きじゃないしねぇ。でもまぁこの通り、「お前なんか言えや」と言われれば、一通り喋れる人間なのはもう俺は生まれた時からずっとそうなので、なんかお題下さいとは思いつつ、なかったら書かないだけだし、何より俺が何を考えようが考えまいが子は勝手に育つって話で、ぶっちゃけ同居人が一人増えたってだけであんまり父親って感覚はないわな。同居人はめちゃめちゃ大事に歓迎するタイプの俺なんだから、それでいいでしょ、みたいな。

そういうわけなので、なんか書いて欲しいことあったら言ってね、とは書いておきましょう。たぶんそれなりに(それなりにだけど)育児に参加してるし聞かれりゃしゃべるけど、聞かれないと喋らない。普通にやってるだけだから。ここんところは、ちょっとなんか考えますけど、なんかコメント欄とかTwitterのDMとかで何を喋って欲しいか言ってもらえると助かる。まぁ需要あるんか知らんけど。

とりあえずそうね、僕の育児は、やってるのはそこそこ面白いけど、人におもしろおかしく語るほど面白いことはないですね。当事者の中にしかないです。人に自慢することもなければ、後ろめたいところもないです。普通です。この点、だいたいシムシティと一緒ですね。育児とシムシティは同じ。

以上です。