←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

『青春100キロ』レビューとその周辺の賑わい雑感

「AV女優とセックスしたい」はもうそれはただの男のドリームでいいんじゃねえかなと思うんだけど、やっぱ「中出し」とか「孕ませ」って単語が何のエクスキューズもなく使われているのはよろしくなかったんだろうなという気はする。単純にシモネタウェルカムの女性がいて「君は本当に魅力的だできることなら一度お手合わせ願えないかな?」は酒の席で言われて笑って流してくれたとしても「中出しさせてよ」「孕ませたいんだけど」を笑って流してくれるかは怪しいもんで、単純に「それくらい違う」単語なのかなと思う。「中出し」とか「孕ませ」にはそれはそれで一部の(あるいは多くの)男性のドリームが詰まってしまっているという現状自体には異論の余地はないとは思うのだけども、そのドリームは単純な「良い女とヤりたい」みたいなドリームとはまた違った性質のもので、僕なんかもある程度「だってそういうものが良いとされる価値観を浴びて育ってしまったのだから」男がそういう欲望を持ってしまうことはある意味では仕方がないことなのかなぁとは思うのだけどその「仕方がない」は「次の世代に再生産されても全然問題ない今後も容認され続けるべき性質である」ということではない。

もしかすると俺は今から全然わけわからんことを言うのかもしれないけど、たぶんこれ違法残業がなんでダメかって話と似てるような気がするんだよね。それをやられちゃうとほかも違法残業やらないと勝てなくなっちゃうからみたいな言い方があったと思うんだけど。

例えばそんなの本当にいるのか見たことないから知らないけど高校に頼んだらヤラせてくれるヤリマンがいたとして、そういう風に振る舞うことでチヤホヤされることを生きがいに感じてるヤリマンがいるとするじゃないですか。そもそもそれってどうなんだとかは本題じゃないんでここでは全然置いておきますけど。ここで別のヤリマンBが出てきて「おい、あっちのヤリマンはなんか生でヤらせてくれて中出しもOKらしいぞ」って話が出てきたら男は少なくとも一時的にはそっちに殺到すると思うんですよね。それくらい現状、中出しには男のドリームが詰まっちゃってるわけじゃないですか。そうなってくるとみんなに見向きもされなくなってしまったヤリマンAも中出し解禁するしかないじゃないですか。それってどうなの?って話なのかなぁと思った。もちろんそもそもヤリマンってどうなの?っていうところをぶん投げた喩え話なのでまあまあムチャクチャ言ってる自覚はあるんだけど、なんかこう、どこが問題なのかその感じなんとか伝わんねぇかな。「女とヤりたい」というドリームと「中出ししたい」ってドリームは同じようで全然違うってところだけ、こう、なんかわかんないですかね。

「AV女優はプロで、自分の意思で、安全をちゃんと担保できる状態で、みんな合意のうえでやってるんだから何も問題ないだろ」という反論があるわけですけど、「ゴムセックスより中出しセックスの方がより気持よくてより価値が高い」という価値観をばら撒かれるだけでちょっと困りもんなわけですよ。別にそれは女性だけが困ってるわけではなくて、そういう価値観を疑問もなく刷り込まれて女性を大事にできない(大事に仕方を間違えてしまってる)男性の側だってある意味では困らされて割を食ってるのかもしれない。世界の幸せの総量を不当に減らしてしまっているかもしれないわけです。「AVはファンタジーだから」とお茶を濁してみたところで、さっきわざと高校生男子を使って喩え話をしたわけですけど、本当にみんながみんなぜんぶをぜんぶファンタジーだと割り切れてるわけではないことくらいみんなとっくにわかってるわけじゃないですか。AVと同じ時間配分で各種前戯各種体位をこなしていくのが正しいセックスのやり方だと信じていた時期はありませんでしたか?僕はあります。

AVにお世話になったことのない男性はいないと思うんですが(いや、そんなもんたぶん普通になんぼでもいますけど他の書き方が思いつかなかった)、男には、そういう、そのお世話になったAVがある意味で敵として立ちはだかって来る、呪いとして付き纏ってくる、俺を幸せから遠ざけようとしてくる、みたいな局面が生きてる割と手前でどうにもある。それはどうにかせにゃにゃらんとは思うんですよね。AV自体はきっと世の中に必要なものなのだろうし、すぐにまるっと解決することはできないのかもしれないけど、そういう負の側面を軽減しようとする努力はしにゃくてはにゃらん気がする。だから「中出しとかマジで気持ち悪いんですけど」と思う人がいるのは当然として「うん、その気持ち悪いという言い分、まるで反論できない。すげえわかる。でもだって俺が見てきたAVはさ~ここぞという時は中出しだったんだよ~。だから中出しいいなって思っちゃう。そういうもんだと教育されちゃったんだもん」みたいな気持ちも仕方ないと思う。仕方ないというのは正当化したいって意味じゃなくて、そこには滑稽さも含まれていて、俺にはただ攻撃すりゃいいもんだともとても思えないって意味で。もちろん「ねぇ、生でヤらせてよ」とかにやけ顔で言われたことがある女性からすると「ふざけんな」って話なのはわかるんだけど。「俺のような中出しに価値を見出す人間をこれ以上増やしてはいけない」みたいな、ヒュンケルならバランを止められるかもしれないみたいなそういう意味で、「中出しにテンション上がってしまう人」のことを考える必要もあるんではないかなと思う。もちろんそれは例えば今こんな煮え切らない文章を書いてる僕みたいな「そうしたい人間」がやっておくべきことで、怒りたい人が怒るのはそれそれで当然のことだと思う。みんな自分の見える世界から正しいと思うことを各自やっていくしかない。

だから、そういうAVによる変な価値観の刷り込みみたいな物悲しさも含めて「中出しセックスのために100キロ走る」っていう話であればもうちょっと話が違ったのかもしれないよね。昔、園田くんと竹本くんがAV見てて擬似か擬似じゃないかで揉めて取っ組み合いの喧嘩始めたこととか今になって思い出してみたら、それはもうどうしようもなく滑稽で残念で馬鹿馬鹿しくて、それを「青春」と形容する気持ちってのは俺もわからんでもないわけですよ。そういう価値観を持ち続けることやその価値観自体は肯定されるべきではないけれども、厨二病を愛するのと同じような距離感でただ全否定するんじゃなしにこう、うまいこと表現するってのは可能なんじゃねえかなって気はする。別に「そういう表現の仕方なら許してやる」って話でもないけど。そういう表現をする気がない人にそうしろって言うつもりもない。それでまぁ、記事を読んだところこの映画の狙いというのはどうもそういうところにはないらしく、「セックス」よりは「中出しセックス」の方が言葉のインパクトあるよね、ゴムセックスより中出しセックスの方がそりゃ断然盛り上がるよねくらいの感覚でそういう言い方をしてたのかなぁという印象で、記事でも同じような感覚でそういう言い方をしているように読めたし、それが普通で何も問題ないという風情で無批判にイノセントにそういう言い方をするのなら、「そこに無批判なのはおかしい」ということを目についちゃった側は言わざるをえない、黙ってたらそれを受け容れることになっちゃうから、そこは言わしてもらいますよみたいな人が一定数いた、って話なのかなと思った。

みたいなことを考えてて思いついたんだけど、これで実は本編のラストがさ、100キロ走った男性がコンドームと擬似精液が入ったパック渡されてさ「本当に中出しなんてできるわけないでしょ。中出しセックスは子供を作って一緒に育てたいと思える相手としかしちゃいけないもんだから。AVの中出しシーンもあんなもんぜんぶ擬似だよ。だから君は今から擬似セックスをするけど、AVという虚構の世界において君は間違いなく『上原亜衣と最後に中出しセックスした男』として永遠に生き続けるし、世の男性たちは中出しセックスへのドリームを持ち続ける。だから君はここで本当は中出しセックスをできなかったことを決して誰にも口外してはいけない。死ぬまでだ。それがずっと中出しセックスに夢を見続けてきた君にできる最高の恩返しであり、君に与えられた使命だ」って言われて泣きながら擬似セックスするみたいなオチだったらすごくない?客は中出し生セックスして嬉し泣きしてるんだと思うわけだけど、実はそうじゃないんだみたいな。世にも奇妙な物語みたいじゃない?そうだったらいいな~と思ってるんだけど、もしそうだったらマジで神映画だし『イニシエーションラブ』観てないけど『イニシエーションラブ』を超えた大どんでん返し映画として歴史に名を刻むんじゃないかな~と思うんだけど、どうなんだろうな~。以上です。

 

twitterでもちょいちょいこの話題についてコメントしてたんだけど「実際の作品を観に行かないで言うのはズルいよな~」と思いつつも「でも俺、今の温度感だったら観には行かなさそう」と思ってる自分があり、この文章は、これ書いちゃったら観に行かないわけにはいかんだろみたいなところに自分を追い込みたい気持ちがあって書いた部分がでかい。『イニシエーションラブ』の方は観るか不明です。

広告を非表示にする