読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

「恋人候補」として誰かの人生に登場しなくてはならない合コンとか婚活とか俺はキツい

たとえばお前の目の前にバイキンがモチーフの簡単に描けそうなタイプの悪魔が現れて「お前明日のこの時間のこだまに乗って車掌を驚かせなかったらマジ殺すから。ただ一人じゃさすがに大変だろうからこいつやるわ」つって鳩を渡されたとするじゃん。そしたらやっぱ命かかってるわけだからとりあえず鳩を出す手品は徹夜で習得すると思うんだけど、それで次の日指定された時間のこだまに乗って席に座ってたらやがて車掌が来るじゃん、「乗車券拝見しま~す」つって喉締めてるのかむしろ開いてるのかよくわからない良い声で来るじゃん。そこで「すいません、あの、ちょっと、今から鳩出すんでちょっと見てもらっていいですか?」って言ってから鳩を出す奴はきっと致死率が高いよね。「お前、俺に山羊の角みたいなのがないからってあまり舐めるなよ!」つってバイキンみたいな悪魔に殺されると思うんですけど、たぶん「鳩出すんで」とか言わずに「あれ~、乗車券乗車券っと……どこやったかな、ちょっと待ってくださいね~」とか言いつつおもむろにカバンから鳩出すとかの方が生存率は上がると思うんですね。これからするのは要するにそういう話です。

なんか最近、恋愛相談みたいな彼女ができない彼氏ができないみたいな嘆きの声を耳にすることが多くて、婚活がうまくいかないだの合コンがハズレばっかだの友達に紹介されたもののだとかそういう話がすげえ俺の手元に届くんだけど書いてて改めて思ったけどこれやっぱ恋愛相談ですらないだろ。せめて恋愛を屏風から出してから相談に来てくれ。屏風の中のことは知らねえよ。

とりあえず今から文句を言う対象は「婚活」「合コン」「友達の紹介」などに頼って恋人ができねえできねえとボヤいてる人と定義しますが、たぶん後半で拡大する気がする。僕は常々その手のイベントというものを信頼してなくて本当に恋人が欲しいならあんなもん時間の無駄だろとすら思ってて、もちろんそこで成果を上げられる人もいるんだろうけどそれはすげえラッキーかすげえ時間をかけてるか別にどの方法をとってもどうにかなった人に限られるんじゃねえかなと思っています。単純に思うのは、まず短期決戦って大変じゃないのってことで、短期決戦でどうにかできる能力があるなら生活の合間で異性と出くわす機会なんてちょくちょくあるわけでそこでどうにかできてるはずでしょとか思うんですね。週に一度アレのあの用事で顔を合わせるなんとかさんと少しイイ感じになってみたいな経験もないのに、なんで初対面の2時間3時間でどうこう話が転がると思えるんだみたいなことを僕は思うんですね。マリオコレクション買ってとりあえず2から始める奴、上手だったら別にいいけど下手糞で詰まりまくってたらお前1からやれよって思うじゃないですか、ああいう感じなんですけど。なので、そういう日常生活の中で口説けそうな相手がマジで少ないであろう田舎の農家の跡取りが集団お見合いを頑張るみたいなやつは、普通にファミコンのマリオ2しかない(あとはバトルシティ)みたいな状態だと思うので普通に頑張れと思う。

あと単純にああいう場って「恋人候補」として誰かの人生に自分を登場させるわけじゃないですか。ハードルくっそ高くない? キツいって。鳩出しまーすつって登場しちゃったらどんな鳩の出し方しても大概スベるって。もう俺はその一点で、合コンとか絶対本気出ないなって思うもん。なので僕は学校でも職場でもサークルでも塾でも猟友会でもなんでもいいんだけど、どっかのコミュニティの中で恋人探すのが一番固いと思ってて、もし「お前恋人作らないとマジ殺すぞ」ってピータンみたいな悪魔に言われたらとりあえず英会話サークルか保育園に紙芝居をしに行くサークルとかに入るだろうなと思う。あと語感で何も考えず言ったんだけど、今ピータンを画像検索したんだけど、ピータンみたいな悪魔って何? もちろん何てめぇ盛【サカ】ってんだよそういうつもりでこのコミュニティにいるわけじゃねえから殺すぞみたいな話があるのは了解してますけどね。盛【サカ】っちゃうとダメですけど、普通に自分の自分で長所と思えるところを相手にちゃんと見せるのって、「恋人候補」としてよりそれ以外の関係のときの方がやりやすいと思うんですよね。別にいいじゃないですか、同僚でも友達でもサークル仲間でもそれ以下でも。最初の段階から「これはすごい人肌に優しくてね、素晴らしいバスタオルなんですよ」って売りつけようとするのしんどいですよ。それよりかはもう、雑巾でも豆腐の水気を切る布でも何でもいいんでとりあえず手にとってもらって、その手触りを十分に見てもらった後で「ところで、もしこの雑巾の布質が、バスタオルになったら買います?」って聞いたほうが絶対いいんですって。関係性はなんでもいいんでテキトーに結んじゃってね、自分に無理がない範囲で相手の感情(気持ちではなく感情。自分に対する気持ちなんて大してないんだから)に寄り添って「あれ、もしかしてこいつの性質、恋愛パートナーに転用してもまあまあイケてるのでは」って思ってもらうのを狙ったほうが絶対いいと思うんだけどなぁ。「恋人候補」として見られるより、どっかのタイミングで「もしかしてこいつ恋人としてもアリ?」って思われるほうが絶対簡単だって。

ただ一つだけ気をつけたいのは、あのトロピウスっているじゃないですか。ポケモンの。みんなご存知ですよね、くさ・ひこうタイプのあのトロピウスなんですけど、あいつひでんマシンのわざ超たくさん覚えるんですよ。そらをとぶといあいぎりとかいりきといわくだきを覚えるんですよ。ひでんマシンのわざは移動中にすげえ便利なんでパーティ入れてますけど、いつも僕はトロピウスと一緒にいますけど、それでトロピウスが「ズイショさん、普段僕も頑張ってますが、僕も闘いたいっす」って言ってきたら「は?何言ってんのこいつ?」てなりますよね。山羊の角が生えますよね。だから、便利なだけの存在に徹しておいて、その先を望むのはダメだとは思うよね。なんか最近ネットで「三回食事に行ったら手を出してOKだろ」とか「一人暮らしの家に上げたってことはOKサインだろ」みたいなことを思う男たちの話題を見かけましたけど、そう思ったもののダメだった男ってトロピウスじゃんとかは思うんですよね。戦闘は捨てて、無害を装って、ただ便利な存在に徹して、そこまで徹したんだから戦闘させてくださいって言われても困るよ、だって戦闘を捨てたところを買ってたわけだから。って話にしかならないと思うんですよね。みたいなそういう難しさがまあまあ絶対あるのは知っている。

あとは、まぁ、コミュニティの中で恋愛しろよって話は「フラれたエピソードはぜんぶコミュニティの中に出回ることだけ覚悟しとけよ」ってことになるので躊躇われるってのは、わかる。それだけでよくわからん一期一会に期待したほうがマシって気持ちも、まぁわかる。というか、それのせいであんな婚活とか流行ってるんだろうとも思う。それについて明確な答えはないし、文句はさんざん言ったけど、明らかに向いてないクセに婚活とかそっちに流れる彼らの感じはわかるのだ。ので、でも、いやー出回るつってもそんなみんな鬼じゃないだろうから、恥かいたとしても別にそれはそれでいいんじゃないかなとは思うんだけど、ここらへんは難しい。以上です。

広告を非表示にする