←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

はしごたんさんへの返信と謝罪

こちらの件について、はしごたんさん(id:kuroihikari) への返信と謝罪をさせて頂きます。
上記の言及頂いたエントリについて確認した後も、きちんとした返事がしたいと考え、読み返し書き直しを繰り返すうちに返信に時間がかかってしまいすいません。

件のエントリでは、はしごたんさんに不快な思いをさせてしまいすいませんでした。お詫び申し上げます。
件の文章がはしごたんさんを傷つけるとは考えず好意的に読んでもらえるだろうと考えたのは自分の奢りにほかならず、それゆえにはしごたんさんにあの文章を無理に目に触れさせ、結果苦痛を与えてしまったことについて一切申し開きありません。本当に申し訳ありませんでした。

件の文章について一つ説明をさせていただけるならば、あの文章は元々はしごたんさんが書かれていた「配慮してくれ」という根幹の主張に賛同したい好意によって書いたものでした。
自分ははしごたんさんの主張に共感を覚える一方で、その主張・批判があまり受け容れられずにいることに不満も感じました。
そこで自分ははしごたんさんとは別の書き方で、はしごたんさんと同じ「配慮してくれ」という主張を少しでも広く共有して受け容れさせることはできないかと考え、件のエントリを書くに至りました。
よってエントリ内でご指摘頂いているような、はしごたんさんを攻撃したい意図は自分には無かったことのみ弁明させて頂きたいです。
 
ただしその主張に賛同したい好意の気持ちが自分の中の出発点であったために、こちらの意図通りに読んでもらえるだろう・きっと好意的に受け止められるだろうと楽観したことは自分の慢心に間違いありません。
たとえ本心より賛同の意図で書いたものであっても、それがどのように受け止められるのかよくよく考えを巡らせるべきでしたが、自分にはそれが足りませんでした。
その浅慮ゆえに、はしごたんさんを傷つけてしまったことについて大変心苦しく思っています。
また、自分の意図どおりに読まれているだろうという過信ゆえにtwitter上での遣り取りでも言葉の解釈に行き違いがあり不快な思いをさせてしまったことについてもお詫び申し上げます。
繰り返しになりますが本当に申し訳ありませんでした。改めて謝罪させて下さい。本当にすいませんでした。
 
無自覚に傷つけてしまった自分の浅薄さをお詫びする場で言うには情けない話ではありますが、自分は自分の文章がその時必要とされる人の目に触れそれが読んだ人にとって何らかの一助になることを望んでいる人間です。
それゆえに必要としない相手、ましてや読みたくもない相手に自分の文章を押し付けてしまった今回のことについてはなおさら恥ずかしくとても申し訳ない気持ちです。猛省しながら今後は、届くべき人にのみ届くことを願いつつ粛々と文章を書いていきたいと思います。至らぬ点も多く大変恐縮ですが、どうかご理解頂けますと幸いです。はしごたんさん、本件、本当に申し訳ありませんでした。
広告を非表示にする