←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

不平等な「お前の話を聞いてやったんだから俺の話も聞け」「俺の話を聞いたからお前の話も聞いてやる」について

あのー、生きてて世間話をしてると例えば家庭の愚痴とか聴かされることがあるわけですね。嫁が最近冷たいとかね。それでまぁ、興味ないし俺にとってはどうでもいい話なんですけど大人の世間話なんてそんなもんなので、とりあえずまぁ耳を傾けて「あー」とか「ほー」とかテキトーに相槌を打ってるんですけど、まぁたまに「アイダホ」くらいは混ぜますけどね。ただ聴いてるだけだと物足りないんでバレないように相槌の中に「あーィダほー」を混ぜるみたいなそれくらいはこっちで勝手にやってるわけですけど、まーいいんですよ、別に暇だし一緒にコーヒー飲んでる時にはそれくらい全然聴きますよ。いいんですけどその後、「やっぱ結婚すると窮屈で大変だよね。そっちもなんかないの、最近家庭でむかついた話?」みたいなフリが来ると「いやいやいやいや!!」みたいなのあるじゃないですか。アレなんなのと思うんですけど。そりゃ無いことないよ、自分以外の人間と暮らしてたら何かしらあるよ、けどお前が今しょっぱい雨に濡れた野良犬みたいな顔でしてたそのノリ・そのトーンに呼応するような調子で話すことは特にねえわ。なんなの、断酒会なの?

「えー、私は前回の会合からの一週間、家庭で嫌なことがたくさんありました。サランラップの一枚一枚がでかすぎると文句を言われました。風呂に入った後は浴室の壁一面を冷たいシャワーで流せと言われました。他にもたくさん嫌なことがありました。けれども、できちゃったもんはしょうがないので結婚を決意したのは自分ですし、子供はなんだかんだ言ってもかわいいので、なんとか我慢してまた今日こうしてみなさんと顔を合わせることができました。お小遣いも少ないのでなかなか飲みにも行けませんが、第一第三水曜の夜と第二第四木曜の夜の、ソフトドリンクオンリーのこの会合をこれからも励みに、これからも結婚生活を頑張っていこうと思います!」

「はい、えらい!よく頑張った、みなさん拍手!じゃあ次、ズイショさん、この一週間の家庭を振り返ってください!」

みたいなそういうことなの?それには参加する気はねぇわ俺は。それはもうそういう悩みを持った人だけを集めてやってくれ。俺は違うから。

向こうも別に悪気はないんでしょうね、いや、きっと悪気はあるんですよ。自分ばっか愚痴っちゃって申し訳ないなと多少は思ってるからこそ、こっちに水を向けてくれてるんでしょうけど、お前と同じ種類の悩みや愚痴をこっちも抱えてる前提でこられても困るんですよ。別に特にないですから。お前が好き勝手自分の喋りたいことを喋っていいターンが終わったんなら、じゃあ次は俺が好き勝手自分の喋りたいことを喋っていいターンが来るのが本来の道理じゃないですか。じゃあ俺には『刃牙道』の話させろよ。俺の予想する来週以降の『刃牙道』の展開予想をAルートからCルートまで順々に聞けよ。つまり、お前が俺にした話は、嫁にはできないけど誰かに聞いて欲しい話だろ?じゃあやっぱ俺の場合は『刃牙道』だって、ジャンプは嫁さんも呼んでるからある程度は話聞いてくれるんだけど『刃牙道』の話は聞いてくれないから。あるいはアニメ『うしおととら』な。アレも嫁さんは「これはたぶん男の子のアニメだから私はついていけない」つって一話で切っちゃったから、お前が耳を傾けるべき俺の話は絶対『刃牙道』か『うしおととら』なんだって。って思うんだけど、そういう話は絶対聴く気ないでしょ? 結局、自分がしたい話をしてそれじゃ申し訳ないから自分も聞く側に回ろうかなとは思いつつも自分が共感できない興味ない話は聞きたくないみたいなそういうことでしょ? そんなワガママを通しておきながら一応形式上はお互い愚痴を聞いてやってwin-winみたいな雰囲気に持ってこうとするのってどうなのよみたいなのあるじゃないですか。

とりあえず既婚者の愚痴を例にしましたけど、たぶん未婚であろうと結婚とか全然関係ないところででもどこでもそうなんでしょうけど、何かこう、会話の中でのwin-winみたいなものを履き違えてる人を見ると「ん?」って思うことがあって、あとすげえ多いのが非モテ非モテトークのぶっこみ方ね、「例えば連休何してた?」みたいな話があったとして普通に「嫁とどこに出かけた」みたいな話を僕がするじゃないですか、そこで「相手のいる奴はいいね~俺なんか」つって非モテトークが始まるんですけど、たぶんそいつの中で「一個のろけトーク聞いてやって俺は1ポイント貯まったから1ポイント分愚痴るぞ」みたいないってこい感覚、天秤釣り合わせたるねん感覚が滲み出てると「いやいやいや!」ってなるじゃないですか、そりゃお前の価値観からしたら俺の方が楽しい連休を過ごしたかもわからんよ?わからんけど、だとしてもそれは連休に俺が自力で溜めた楽しかったポイントであって、簡潔に言ってそれをお前に話したことで俺の楽しかったポイントは何一つ増幅してないからそこでお前がポイントアップに貢献した分、俺のマイナスポイント解消のための話も聞けよみたいな話になるのはおかしいだろ。逆パターンもありえますけどね。はー結婚生活辛いわー、ダルいわー、大変やわー、よし俺の結婚生活の愚痴を聞いてくれたお礼に、独り身のお前の気楽さ自慢をしろ、そしたら俺はそれを羨ましがってやるから。それでwin-winだ、そうだろ?さあ来い!ばっち来い!みたいなやつとかね。

もちろん、そんな杓子定規にお互いに有益な会話以外はびた一つ許さねえぞみたいなことまでは全く思わないんですよ、なあなあの中でテキトーに喋っときゃいいんだろと思うからこそ、俺は「アイダホ」を混ぜますよね、「アイダホ」を一個挟むだけで0.3ポイントくらいの効能がありますからもう俺はちゃーんと相手の話も聴きながら「アイダホ」チャンスを虎視眈々と狙ってますから。調子いい時は「なるほどなるほど」感覚で「あいだほあいだほ」って言ったりもしてますけど、それでも0.3ポイントの「アイダホ」じゃ返済しきれなくなることもあるじゃないですか。「あれ、お前自分の話ばっかしすぎじゃね?そのぶんお前の話も聴いてやってるみたいな顔してるけど全然だからね?アイダホ15回しか言えてないんですけど」みたいな。そういう時、いやーどうしたもんかなこいつ、とか思うわけなんですけれども。

結局みんな自分の話をしたいってところは変わらないと思うんで、譲り合って順番に自分の喋りたいこと喋りゃいいと思うんですけどね、なんかその譲り合う基準というか目安というか、いわゆるアイダホポイント?アイダホポイントの基準、価値観がみんなバラバラってところに気付かずに譲り合ってるつもりで自分ばっかアイダホポイント搾取して、それでいて自分はwin-winで一方的に喋っちゃってやましいみたいな気持ちもないもんだから、けっきょく人が離れていったりとか疎まれたりとかしてる人ってのは見かけるもんで、空気読むのは難しいんですけどそれでもまー読んでいくほかねえですし、俺のアイダホポイント基準以外は認めねえって言うのであればもう同じアイダホポイントを共有できる断酒会的なものを探すしかないわけですけども、そんなアイダホ交換を突き詰めていった結果が色んなタコツボ化したクラスタとかであったりもするわけで、いやー世の中って難しいですよね。以上です。

広告を非表示にする