←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

夏だからつって便座の保温オフにするこたねえだろうが冷やし茶漬けじゃねえんだぞ

オフィスビルのトイレでうんことかするじゃん最近なんか便座の保温切られてて座った時なんだこのやろしゃっけーなこのやろーってなるんすよ。しゃっけーって言うのは北海道弁で冷たいって意味なので今日は時計台のしょぼさだけでも忘れて帰ってくださいね。君は何も見なかった。いいね?最近は日が沈む時間もだいぶ遅くなってきて19時くらいになっても結構普通に明るかったりするし夜なんかちょっと蒸して寝づらかったりするし分かるよ、だいぶもう夏来てるなって感じ分かるけどいくら夏だからつって便座の保温オフにするこたねえだろうが冷やし茶漬けじゃねえんだぞこの野郎。春夏秋冬何周したところで便座がひんやり冷たくて嬉しい瞬間なんて俺には一生訪れねえよ。お前の意図するところはわかるよ、日陰の大理石とかひんやり冷たくて手のひらで触ってちょっと気持ちいいみたいなそういうノリが世の中にあるのはわかるけど、こと俺のお尻に限ってはそういうのが気持ちよくてありがたいみたいな発想にはならねえんだよ、夏だから何でもかんでも冷やしたら良いみたいな発想全然わかんねえわ冷やし茶漬けじゃねえんだから。なので俺はうんこする度一回座ってしゃっけーなと思いながら保温を低の状態に戻すんだけど次の日同じトイレに入ったらやっぱし誰かが保温をオフにしてんだよ冷やし茶漬けじゃねえんだぞこの野郎。いちいち便座冷えてるのもむかつくし、俺が前にトイレに入った時と状態が変わっているという事実そのものも「ああ、俺以外のおっさんも生尻でこの便座座ってるんだな」っていう現実をまざまざと突きつけられて士気が下がるんだよ士気が。そりゃあ俺だってガキじゃねえんだから公衆のトイレがそういうもんだってことは分かるしそういうもんだから文句も言わねえよ潔癖も度を過ぎると生きにくくなるという理屈もわかる。だから俺だって本当はこんなことごちゃごちゃ言いたいわけじゃないんだけども何が何でも便座をキンキンに冷やしたい誰かがこの便座に生尻で座ってたんだなってことをどうしても考えちゃうわけじゃん保温オフにされると。リアリティ伴っちゃうじゃん。逆に言えばお前だって俺がいちいち保温設定してる便座を見るたびに俺の生尻を想起してちょっとげんなりしながら保温オフにしてるわけじゃん。それってwin-winじゃないじゃん。だからさー、エコとか踏まえるなら低とかでいいからさー、わざわざ夏だからっつって便座の保温オフにするのはやめにしようや冷やし茶漬けじゃねえんだから。以上です。

広告を非表示にする