←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

育児雑感1

あのー、なんか息子がいるんですよ、なんか生まれて。夫婦で「やったー」つって育ててるっていうか何か家にいるんですけど。服が自分で着れないレベルの足手まといです。雑記です。

今で9ヶ月とかそんなんかな?数えてないけど。自分のことだから自分で数えとけとは一応言ったんですけど彼にはまだ荷が重かったんでよくわかんないですね。9ヶ月とかじゃないですか、わかんないですけど。指折り数えることすらできない何の役にも立たない人材なんでちょっと彼には荷が重かったですね。何のための指だよ!って思いますけど、何かしら掴んだりとかはしているようです。いつも楽しそうです。

なんか4月からは保育園とか行くようになってね。ラジオネーム保育園落ちた日本死ねうさぎちゃんさんみたいな人がいたのは記憶に新しいですが、落ちないかなー大丈夫かなーと思いつつシンプルな頭で書類を出したら幸いにも第一志望じゃないけど保育園落ちなかったんでラッキ~~とか思ってたんですけど、あ、そんなに面白い話じゃないから掘らないけど保育園見学とかも結構行きましたね。方向性みんな違いすぎるんでこれが落ちる落ちないでうちが行く保育園決まるのダルいんでいっそアミダでよろしくって思いましたね。で、保育園に今息子が通い始めてて、ただ嫁さんがまだ求職中だったんで、あれすげえ厳しいんだね、「求職中なら暇だろ、保育園によこすのは何時以降にしろ」みたいな指定があるんですね。で、その指定に合わせて僕が送ってくと仕事の定時に間に合わなくなっちゃうんで嫁にずっと任せっきりだったんですけど、嫁さんも仕事決まったんでそのうち僕が朝保育園まで連れてから出勤するみたいな感じになるらしいです。僕もよその子供とかよその子供の親とか保育士さんとか色んな人との交流が始まるのが今から楽しみですね。全員にドラゴンボール登場キャラのあだ名をつけてやりますけどね、ザーボンさんは早いもの勝ちですけどね。ザーボンさん第二段階は別枠ですけどね。

で、なんだっけ、ああだからなんか今は俺が家を出た後に嫁さんが保育園につれてくみたいなスタイルだったので、まぁなんか朝の準備、保育園用にお着替えしてやったり保湿クリームとかUVカットクリームとか塗ってやるとかやってないこともないんだけど、あんま彼が保育園行ってるみたいな実感も最初はなかったけどね、俺視点でいうと出勤前に家にいて、夜に帰ってきたら寝てるって意味では保育園行ってようが行ってまいが同じだから、同じかなと最初は思ってたけどなかなかそうもいかないもんですね。

まず風邪をめちゃめちゃもらってきてますね。あるあるらしいけど、自分がなるまで知らなかったよね、まず保育園に行った彼が誰かから風邪をもらってくるじゃん、で、それを親に感染してくるのよね。これには4月大いにやられたね。俺もゲホゲホ言いながら仕事行ってたし嫁さんは今もゲホゲホ言ってる。0歳たかだか如きのガキがさ、風邪引いたつったってそれはこっちには関係ないと思うじゃん、俺は最初思ってたんだよね、だって犬の風邪とか感染らないじゃん。そんな感じでナメてたらめちゃめちゃ感染ったんで、「え、こいつ人間なん???」って思ったよね。だって俺未だに息子に対して「こいつもいつか人間になったら」みたいな言い回し使うからね。じゃあ今なんなんだよ!!赤ちゃんだよ!!悔しかったら、なんか手紙とか書いてみろや、みたいな。赤ちゃんにすら宣戦布告する僕ですけどね。

それでなんだっけ、保育園の他のことで言うとね、なんかおかあさんじゃなきゃダメになったね。今までは、まぁ平日は僕夜も帰るの遅いんで嫁さんに丸投げでしたけど、休みの日とかは結構一緒に時間を過ごしたりしてるんで楽しく仲良くやってるつもりでしたけど、最近はなんかダメですねー。嫁がトイレだかキッチンだか行くたびにわんわん泣くようになりましたねー。たぶん理屈としてはわかるんですよ。保育園も最初の一週間二週間は泣いてたらしいですけど、最近はそんなに泣かなくなってきたみたいで。そういう保育園みたいな場所に預けられて両親と離れ離れになるのも仕方ねーなーみたいな感覚もたぶん彼のなかで芽生えてきたのかなーとかは思う。ただ、その一方でもうひとつ芽生えたのが「じゃあ家にお母さんがいる時はお母さんに甘えられるだけ甘えていこう」みたいな信念だと思うんすよね。たぶん感覚的には「え?大盛り無料なの?並と大盛りが同じ値段ならそりゃ大盛り頼むでしょ」くらいの感じで「保育園じゃなくて家にいる時はお母さんいるんでしょ?じゃあお母さんでしょ」みたいな感じに彼のなかでなってるんでしょうね。「お父さんとお母さんが同じ値段なの?じゃあお母さんでしょ」みたいな。で、すげえ泣くの。俺がいくらあやしてもお母さんが去っていった方向をずっと見て泣くのでこいつめんどくせえなぁつって、まぁ俺は彼がどんだけ泣こうが俺は何も悲しくないし涙も出ないし、彼の涙は彼の涙で、俺とは何も関係ないっていうスタンスなので、とりあえずごまかしごまかしやってますけど、しばらくはお母さんじゃないとあかんらしい使い勝手の悪い人材っぽいのでドラフトで指名されても親として代理で断りまーす。

あとはなんだろ、風邪をもらってぐずぐずやってたんでね、なんか電動鼻水吸取機みたいなの買いましたね。もともとは口で吸うみたいなのでやってたけど、保育園で風邪もらってきてからは追いつかないというかめんどくさすぎて、もうめんどくさいから買おうぜってなって電動のやつ買いましたね。とっとと買っときゃよかった買い物グランプリのトップ陣に食い込む感じで今活躍しています。「あれ?間違って脳髄も吸ってない?」って思うくらい鼻吸われてる息子泣きますけどね。そういうの見ても、泣け泣け、としか思わないのでいわゆる世で言う「赤ちゃんがかわいそうで辛い」みたいな感覚が皆無なのでストレスなく育児してますけど親としての素質はゼロです。「生まれたいつもりじゃないのに生まれたのは俺もお前も同じじゃボケ」の感覚で日々、息子と遊んでいます。あとは、耳に刺すと2秒で測れる体温計?アレも買ったんで試します。保育園って毎日体温を報告しろとか言うんですよ。囚人かよって思うんですけど、従わざるをえないんで、自ら檻に赴く囚人なので。なので、毎日測るなら、なるべく簡単に測れた方がいいよねー、みたいな。

まーなんだろ、そういえば、なんかポエムみたいなの何発かかましたけど、この感じで育児の話したことそういえばなかったなと思って書き始めたけど、あんまり書きたいことないんだなってことは再確認しましたね。もちろん僕が働きに出てて基本嫁さんに子育ての大部分をまかせる形になってしまってはいるんですけど、それでもまぁそれなりに育児参加してるものの、ガキなんざまぁ想定内のことしかしないですね。寝返りしない時期に寝返りしないと見せかけて寝返りとかしないですから。駆け引きも一切ないし、まぁなんかわざわざ書くほどのこともねえやってなってたのが書いてない理由の大半だったわけで、書いてなかったんですけど、もともと人と「あるある」を共有するのも好きじゃないしねぇ。でもまぁこの通り、「お前なんか言えや」と言われれば、一通り喋れる人間なのはもう俺は生まれた時からずっとそうなので、なんかお題下さいとは思いつつ、なかったら書かないだけだし、何より俺が何を考えようが考えまいが子は勝手に育つって話で、ぶっちゃけ同居人が一人増えたってだけであんまり父親って感覚はないわな。同居人はめちゃめちゃ大事に歓迎するタイプの俺なんだから、それでいいでしょ、みたいな。

そういうわけなので、なんか書いて欲しいことあったら言ってね、とは書いておきましょう。たぶんそれなりに(それなりにだけど)育児に参加してるし聞かれりゃしゃべるけど、聞かれないと喋らない。普通にやってるだけだから。ここんところは、ちょっとなんか考えますけど、なんかコメント欄とかTwitterのDMとかで何を喋って欲しいか言ってもらえると助かる。まぁ需要あるんか知らんけど。

とりあえずそうね、僕の育児は、やってるのはそこそこ面白いけど、人におもしろおかしく語るほど面白いことはないですね。当事者の中にしかないです。人に自慢することもなければ、後ろめたいところもないです。普通です。この点、だいたいシムシティと一緒ですね。育児とシムシティは同じ。

以上です。

広告を非表示にする