←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

「最後にやったのがいつか」をただ記録するナイスアプリ

 

f:id:zuiji_zuisho:20171108014459j:plain

何これいいじゃんって思った人、一番最後にストアへのリンクがあります。

いやでもこれやっぱ、開発者は俺に鳥貴族をおごるべきだと思うんですよね。俺もやっぱ気を使って発泡酒の大ジョッキしか頼まないですから、実は俺、今まで育ててくれた母親とは血がつながってなかったんですよ。それが去年くらいに発覚して、色々な人の協力のお陰で実の母と先月鳥貴族行ったんですけど、その時も大ジョッキの発泡酒しか頼んでなかったですから。やっぱどうしても親って実感が湧かなくて、甘えられなかった。何この嘘?いやね、それくらいおごったってバチは当たらないと思うんですよ。やみつきキャベツを延々おかわりするとして、発泡酒大を10杯飲んでもたかがた3000円でしょ?だいたいジョッキ一杯がアップルに払うマージン30%を差っ引いても1インストールの値段くらいですから。有料ランキング1位取ったらさすがにもうちょい入ってきてるでしょ。だからやっぱ俺におごるべきですよ。まぁ結局、売上どんだけ上がったの?ってことは今、このアプリ作った人に経緯含めてメールで聞いてるんで返事があって「公開していいよ」って言われたら公開しますけどそもそも返事がくるのかどうか全ては未定です。優しそうな顔のタイ人の方でした。いやインターネットっておもしろいよね。

そもそものキッカケは髪を前に切ったのいつだっけ?って思って、それをいちいち紙の手帳を繰って遡っていつだったか確認するのが超絶めんどくさかったんです。一応、わかりやすいように工夫はしてるんですよ?たとえば3月に髪を切るじゃないですか、こめかみに「MARCH」って剃りこみは入れてるんですよ。入れてるんですけど、髪が伸びるとあんまわからんなるじゃないですか。で、これを解消するために必要なアプリってなんだろって考えたら、たぶんこういうコンセプトのものだよなー、と思って、「こんなもん絶対ほかに思いついてすでに作ってるやついるだろ」と思って頑張って検索したらあったんですね。それがこのアプリだったんです。実際、他にも色々あってね、「散髪 アプリ 管理」とかから始まって、いろんなワードで検索かけて、無料アプリとかも色々あったんですけど、色々検討してこれを買うに至ったんですけど。

で、特にAndroidとかやったらね、今んとこのダウンロード数とかが見えるのね、俺みたいな一般のお客さんからでも。で、それで見たら、そういうアプリどれもいまいち売れてないの。いや、無料のもあるので売れる売れないって言い方は語弊あるんだけど。なんで?って思って。このコンセプトって絶対最高なのになんで売れてないのと思って、色々考えた末にこのアプリ売ったろ、みたいな魂胆はちょっと俺のなかで始まってはいたんですね。本当だったら俺なんかさ、サンタさんがゲームをプレゼントしてくれたら朝方カーテンの合間から差し込む光を頼りに説明書読むくらいのセッカチさんだから、すぐさまに「買っちゃったもんねー」ってツイートしてエンゲージメント的には泣かず飛ばずになってるはずだったんだよ、それをよく我慢できた。大人になったよね。面白い感じのスクショが撮れるまで寝かせて寝かせて、このアプリの良さを表現できる具合のとこまで我慢して、それでつぶやいたらいいかんじになったんだから万々歳だよね。

やっぱ俺が真っ先に思って嬉しかったのは「なんだやっぱみんなこういうの欲しかったんじゃん」ってことですよね、顧客は自分が何を欲しいか知らないみたいな言葉は世界一のとっくりセーターメーカーの社長(故人)が言ってたことだけど、たぶんそれに近しい感じだったのでしょう。目の前に提示されれば「何これ良いじゃん」って思うものでも「こんなものがあればなぁ」と思う人はそうそういない、これってとても大事なことですよねー。忘れずに行きたいでやんすねー。俺が「これ欲しい。ないなら作るくらい欲しい」と思ったものがすでにあって、「あるぜ」と言ってみたら「なにこれ欲しい」とみんながなったのはシンプルに嬉しいよね。

ほんで、あとは、こんだけいっぱいRTされるといろんな人がいろんなことを言ってくるよね、そんなの、普段はなかなか言われないから、RTでもされないと言われない財産だからそういうの余すとこなくじっくり頂くんですけど、「課金アプリかよー」って敬遠する人こんなにいるんだって肌感覚で知れたのも面白かったですね、いやほんと、多いんだ。気持ちはわかるけどね、俺も昔は課金くそくらえみたいなところあったし。でもね、考えてみよ?たとえば晩飯にさ、からしレンコン食べたいなと思ったとするじゃん。そこでからしレンコン食うの我慢してさ、パナップで終わらせたら360円は捻出できるはずじゃん。見た目同じだからいいだろって一日、からしレンコンの代わりにパナップ買うだけで360円は出せるはずなんだけど、そこには謎の心理的障壁があるんだよなーみたいなの、面白かったですね。俺かすらると、便利だから勧めてるアプリでもとは一瞬で取れるはずなんだけど。逆に「これを使えば各ゲームで最後にガチャ回したのがいつか簡単にわかる」とか言ってる人もいて、お前はお前で課金の心理的障壁低すぎるだろみたいなね。

まあそんな感じ。バズはなんやかややってるけど、こんだけ人に金を使わせるバズってたぶんなかったから、結構はしゃいだので書き残しといた感じ。とりあえず、良いアプリが売れてよかったよかったっていうそんだけ。あとはそうね、開発者なんかくれって。雪見だいふくを片方くれって。わからんけどタイで食う雪見だいふく超うまそう。以上です。

 

最後はいつ? - あなたの大切な出来事をトラッキング

最後はいつ? - あなたの大切な出来事をトラッキング

  • Sarun Wongpatcharapakorn
  • ライフスタイル
  • ¥360

 

広告を非表示にする