←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

いなり寿司が食べたかったんですよ

あのー今日の昼はですね、用事があって出先に出てまして、用事の方は幸いにも幸運なことに頭痛が痛くなったり腹痛が腹に来ることもなく無事に事なきを得たんですけどその頃はすっかり午後3時も近い時間になってたもんですから空腹を覚えた私は何か食べようかなと見知らぬ町の駅前をぶらぶらと歩いていたわたしの視界に飛び込んできたのは何やらチラシを配る人の陰を視界の端に捉えるやいなや私は飛び込み勇んで受け取ったそのチラシはなんとここから徒歩1分にも満たない場所でおなかを満たしてくれるうどん屋さんの言うことにはなんとそのチラシの効果は午後2時以降に来店つまりそれはまさに午後3時現在の私のことではありませんかおいなりさん一個か海老天がサービスでついてくるとのことですので僥倖というやつはこんなところにあるものですねとすごい量の笑顔で破顔する私のことを忘れないでねみんなにも見せたかったよ浪人時代の話を遡ってすると私は昼毎日オロナミンCとおいなりさんを同じコンビニで買っていたのであだ名がきっとあったね私のいなり寿司好きが少しはおわかりだろうか??時は巻き戻って現代、というかさっきの話の続きをしますからよく聞いてくださいね結論から言いますと券売機にはいなり寿司が売っていましたがチラシの効果頼みの私は買いませんでしたつまり海老天うどんの食券を買ったというところまではご理解大丈夫だと思いますがわたしはいなり寿司の食券を買うこともできたけど買わなかったということから言わなくてはダメですか海老天うどんを買ってチラシの効果でいなり寿司も食べることといなり寿司とかけうどんを買ってチラシの効果で海老天をつけてもらうのではどちらがよりおいなりさんのご褒美感が高まるかは火を見るより明らかではないでしょうか。それが私が海老天うどんを券売機で買った真相なんですね。それで私はそのうどん屋のうどんを作る方々の一人に券とチラシを差し出して「いなり寿司つけてください」と物申したところ「いなり寿司もう終わっちゃったんですよー」と私が話しかけたうどんを作る方々の一人は言うではありませんか、立て続けにそのうどんを作る方は私へと言いました「いなりないんで海老天になっちゃうけどいいですか?」と。懸命な読者の方々の一人であるあなたはすでにおわかり頂いている前提で話を進めますが私が買った食券を覚えていますか?そう海老天うどんです。海老天を二本も食べる傍若無人な人間がこの世にいるでしょうか?少なくともわたしはそういう人ではありません、お父さん海老だけでなくお母さん海老まで食べてしまっては明日から子ども海老たちはどのようにしてこの海で生きていけばよいのでしょうか?それだけが私が海老を二本も食べない理由というわけでは決してありませんし子ども海老たちへの提案もいくつかあります。しかし私は話を一本道にしたいのでここでペンを置きます。私はそのうどんで生計を立てる方に「いなりないんで海老天になっちゃうけどいいですか?」と言われたところまでは前回お話したとおりですねそれに私はなんと答えたか「いや海老天頼んでるんで」と言いましたよねそこから言うことがとてもひどいうどんの方の言い分はこうです「じゃあクーポン使わないってことでいいですね」と言うからさあ大変わたしは咄嗟に「ではかけうどんに海老天をつけるという形で差額を返金してもらうことはできますか?」と尋ねるとここは普通に言うけどその店員めちゃめちゃ嫌そうな顔したからね、え、まじで?そんな嫌な顔されんの?ってくらいそいつめちゃめちゃ嫌そうな顔をして「あーちょっと、あ、いや、まあ、じゃあいいですよそれで」って言ったからね、あと普通に喋ってるパートで言っとくけど券売機で普通にいなり寿司買える状態になってたからね、入れ違いでまさに今いなり寿司終わったところに俺がきたなら全然それはそれでいいんだけどそのうえで聞いていただこう、そうしてわたしは無事に事なきを得て海老天うどんを食べて差額を返金してもらいましたがわたしの勇気が振り絞れるものであったからこそよかったよかったと言えるのは間違いないわけで私はいなり寿司を食べられない悲しみに打ちひしがれるだけでよかったもののもし勇気を振り絞れない人だったらご褒美感の無味乾燥な値段で正しい値段の海老天うどんを食べていなり寿司を食べられない気持ちと共に海に沈む気持ちになったものでしょう。私が言いたいことはつまりこうです。いなり寿司はどこにもありませんということは誰だってわかるわたしだってわかる。この世に存在しないいなり寿司を食べたいだなんて途方のない夢を夢見るほどわたしは夢見がちな子どもではないのですからその話はもうよしておくれでいいんですただし食券でいなり寿司を買わなかったのはいなり寿司のご褒美感を高めたかったことから考えてください。少し厳しくはありませんか。もしわたしが差額の勇気で立ち向かっていなければもう一人の私である弱気な元気ハツラツキツネ野郎は、いなり寿司を食べられないままお得感のない正規料金の海老天うどんを口にしていたということなのでしょうか。いなりとかけうどんを頼んだ人なら嫌な顔せずに向こうから返金しようと言ったはずだと想像する私は狂っているのでしょうか?うどんの人はもっといなり寿司の人に優しくしてください。いなり寿司が食べたかったんですよ。

広告を非表示にする