←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

下関国際の文武両道全否定監督の話の雑感

脚を派手に骨折してやっちまってましてね、とりあえず療養中リハビリ中なんですけど膝と足首の可動域が微妙でしてリハビリ師の兄ちゃんが地力では最後まで折り畳みきれない僕の膝を押してくれながら「なんとか正座できるくらいまでは持ってきたいんですけどねー」とか言っててね、そのリハビリ師さんは拷問師も兼ねてるからギザギザの洗濯板みたいな石と石板をちらちら見ながら言ってくるから「いいですいいです!もう正座できなくてもいいです!ギザギザの上に正座させて膝の上に石板乗せてくれなくていいです!あと膝痛い!膝痛い痛い痛いたいたい!!」って言ってケツの穴に刺さった法螺貝を鳴らしてギブアップを宣言したりしてるんですけど、まぁよくよく考えたら正座ができるかできないかって結構深刻じゃん?みたいな。言って何気なく歩ける程度にはなるんだろうけど、もう元の脚に戻るのかは現時点保証は全然ないんだなとかは考えるわけですよ。今まで完全無欠の恵まれた健常者として生きてきましたけどね、ちょっとだけね。俺なんて所詮片足の可動域が生活には困らない程度に縮まるかもくらいの話だからほんとうにちょびっとだっけわかったかもなーわかった気になっちゃったかもなーと思って。人といる時は全然いいんだよね、軽口なんてすげえ自然に叩けるし、もともと正座なんて嫌いだったしそういう場面で胡座をかく良い口実になるよなんて簡単に言えちゃうけど、そうじゃない一人の時なんだよね。この前テレビでVS嵐を初めて見ててさ。普段そんな時間のバラエティなんてほとんど見ないから。ああ、関口宏となんだっけあのコーラ妖怪。今の中堅芸人がみんな感謝してる人望厚いコーラ妖怪がやってた「走って!」のやつ、橋本市議はー、もともと当時からSPEEDの大ファンだったのが念願叶って今井議員と交際に漕ぎ着けたとのことですがー、SPEEDのシングル・カットの中で恋人と思しき男性が歌詞内に登場する楽曲を7つお答えください、走って!みたいな番組あったじゃないですか。けものはいてものけものいないみたいな番組名のやつ。アレの後釜みたいな番組って今は嵐がやってるんだーって思いながら、あーつまんねーけど見ちゃうなー窪田正孝まじこいつかっこいいわー、って思いながら見てるんだけどふとした瞬間ね、ニノがボルダリングみたいなゲームをキャッキャ騒ぎながらやってて、両手で壁に張り付いてるところからぐぐぐっと脚を上に伸ばして引っ掛けるその瞬間にふっっっと、「あー俺はもうこんなんできないかもなー」って思って真顔になるんですよね。ほんの5秒前までは、あー窪田正孝ほんとかっこいなー、笑顔はかわいいし本当最高だなー、しかしどうして僕たちはやりましたチームにあのエネゴリ君の彼女来てないんだよ大女優ぶってんのかてめーこのやろーとか言いながら能天気にテレビ見てたのに、ふっと真顔になるんですよね。あれはちょっと真顔になった自分にびっくりした。まだ頑張ればなんとかなるかもしれなくて、まだ先のことはわかんない俺でもそうなるんだから、「できない」を抱えて生きるってことは、こういう瞬間とかこういう瞬間の今まで見たこともない表情の自分と一緒に生きていくってことなんだなーみたいなことを思ったんだよね。

で、なんだっけ、これ枕なんだよね。本文と全然関係ない、いきなり本題始めるのも堅苦しいしくらいのやつだったんだけどなんだっけ。もう正直ここまで書いた時点で一回飯食っちゃってヤル気完全になくなったからこのままどうでもいい話したところでアップしちゃいたいんだけど、これはさすがに最後まで頑張った方がいいよね?お前もそう思うよな、なぁ、犬!!

犬「わん!!!!!!!!!!!!」

そう、自分が跳んだり跳ねたりも自由にできないもんだからさ、例年よりは熱心に見にくいよね、全速力で何の躊躇いもなく駆け抜ける人らを見るとちょっと真顔が出るかもしれないから、みたいなことを言おうと思っただけなんですけどなんか全然関係ない話をケツに法螺貝入れたまんま1000字以上喋ってました。

で、まー内田良先生が今やってるブラック部活動的な取り組みとか普通に頑張って欲しいなって思うしさ、やっぱこういうのもういい加減やめようよ、みたいなことは思うんですね。だってすごいんですよこの監督、本文を読めばわかるんですけど、対戦相手の選手たちを指して「あいつら、甲子園でかき氷食ってましたわ。うちじゃありえへんっすわ(笑)」みたいなことを言うんですよ。しかもね、そこまで言うなら原価厨なのかなと思うじゃないですか、小麦粉の原価なんぼだからつって頑なにたこ焼きは自宅開催するタコパでしか食べないみたいなそういう人種なのかなと思ったんですけど、「飲んでいいのは水、牛乳、果汁100%ジュース、スポーツドリンクだけ」とか言ってるんで、たぶん原価厨ではないんですよ。原価厨はスポーツドリンクの話しないで塩舐めながら水道水飲みますから、知らんけど。あとあの果汁100%ジュースでいくと、自分で作った方が原価が高くつく可能性あります?サンキストとか買った方が自分でオレンジ絞るより安くつく?いやあの、かき氷ってフレーズがでてきたんで咄嗟に原価厨ってワードを持ってきて話を広げてみたんですけどこれをやりだすとキリがないのと、もうひとつマズイのが今ちょっと鱧の方に舵を切りたい俺がいるんだけどそっちにいっちゃうとたぶんもう帰ってこれない。鱧はなー、小池一夫の鱧の話も言いたいことはたくさんあるんだけど、個人的には、ごく個人的には「鱧を自慢されても・・・」ってのが一番でかいんだよね。サンマ食うわ。旬の鱧よりまだ旬じゃないサンマの方が美味いわ。安いし。食うところ多いし。だからなんか謝ったからオッケーみたいな感じありますけど、俺はどっちかっていうと、秋にも旬の魚の話しろよ!!って思っちゃうんすけどね。別にサンマじゃなくてもいいけど。自分の何が間違ってたかが本当にわかってるなら、次おんなじことしても間違わないはずだろうがよ!!みたいなのがあるので春夏秋冬順繰り魚の話しろよ!!かみさんの鰆うまい話に漕ぎ着けるまで二度と燃えるんじゃねえぞ!!みたいな。

ほんで、この監督がね、いやお前そりゃあかんやろ言うのがね、「文武両道は逃げだ」みたいなことを言ってね、対戦相手のチームの学校について「あいつら進学校ですか?」みたいなこと言うてるんですよ。そらあかんやろーいうね。そんな敵対心の持ち方あかんよー、っていう。ほんでわりとそういうのフラッシュバックしません?僕も出来の悪い高校には通ってなかったんで、わりと偏差値的には高めで360は越えてたかな?戦後すぐだったから、今から考えたら「いやそんな数字おかしいやろ」ってなるんですけど当時は偏差値360くらいの高校に通ってて、それで放課後にゲームセンターで待ちガイルとかしてるじゃないですか。そしたら対戦相手が怒ってね「何卑怯なことしてくれてんだ?」みたいな、「頭悪いからってナメてんのか?」みたいな。こっちはボコボコにされたケンみたいな表情で、いやいやそんなんちゃいますやーん言うしかないですよ。待ちガイルはそんな卑怯とかそんなんちゃいますやーん。そういう駆け引きとかを楽しむのも一貫であってー、こう真正面からぶつかりたいならストⅡじゃなくてビシバシスペシャルとかもっとあるじゃないですかー、あらはるじゃないですかー、みたいな。そういう感覚が思い出されてやっぱウッてなる部分はあるんですよね。

単純に、そういう強制力を発揮して部員を縛り付けて、ブラックな旧時代的なやり方がどうなんだっていうのがまず一つあって、それどころか、そうじゃないやり方を敵視して馬鹿にするのもどうなんだみたいなのがもう一つ。

ほんで、前者の話でいうとね、こんな話なんかもなんだかあるみたいなんです。

もともとこの下関国際っていうところは、札付きのワルって言い方であってんのかな?それこそフィクションで言えばROOKIESみたいなね。最近の方々はご存知ですかね、昔やってた大人気ドラマなんですけど市原隼人とか中尾明慶とかが野球部に所属するとんでもない不良でね、いやごめんなさい今のは言い方悪かった、あくまで市原隼人中尾明慶も不良役を演じてただけで実際には本人は不良でも何でもなくて、ただ悪い役を演じてて本人は何もやましいところがない潔白なんですよ、この二人以外にも本当に色んな人がでてましたね、今や押しも押されぬスーパースター・佐藤健とかね、auの浦島太郎役でお馴染みの桐谷健太とか、あとはあの小出

犬「小出ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」

みたいな、もともとはそういう不良ばっかで大変な状態だった野球部をかき氷ってただの匂いつきH2Oじゃん派の監督が頑張って立て直して今はこんなに立派になった、みたいな話なんですって。

だからまぁ、そういうさ、前時代的なさ、それこそ軍隊的なさ、そういう教育だったり指導法っていうのを全否定するのもキレイゴトに過ぎなくてさ、そういうのが効果的で必要な環境ってのもあるわけだから、それを叩くのも違うんじゃないの?って意見なんかも見かけたりしつつね、いやでもやっぱり違うだろー、言ってることはわかるけど違うだろーって考えてたんですけど。

それで引っかかったのがね、まぁこのチーム、今日負けてたんですよ。かき氷食ってるチームに。でもアレですからね、進学校なんで。みんな賢いんで、別にメロン味のかき氷にメロン果汁入ってるとは思ってませんからね。なんやったらイチゴもメロンも味は実は同じことまでわかったうえでかき氷食べてますから。知らんけど。それでまぁ監督としてはすごい恥ずかしい話の流れだったんでやっぱネットでも話題になるんですね、それで色々見て遊んでたんですけどその中に、該当の監督のインタビューについて

「優勝してから言えばかっこよかったのに」

みたいなこと言ってるのを見かけたんですよ。で、俺は、それは違うな、と思って。むしろ、その監督のブラックなところとか、他所のやり方をナメて否定するところとか、それって勝ち負けと全くかけ離れたところで批判されなくちゃならんなと思ったんですよね。優勝したとしても絶対駄目だって言わなくちゃならないところで、むしろそんな「結局優勝できないんだったら口だけで恥ずかしいですよね」って発想は「俺たちが勝って正しいってことを証明してやりますよ」みたいな向こうの監督のノリに飲まれて引っ張られてるんじゃないかと思うんですよね。

もう何年か前に、部活の体罰の問題が盛り上がってた時に、「体罰なんかでチームが強くなるわけない。全く非合理で無意味だ」って意見と「いや、体罰には実際に強くなる効果がある。体罰をやめろというのは甘えだ」みたいな意見が対立してるように当時の俺には見えてて、それで「いや、体罰は効果あるかもしれないね。チームを強くするかもしれないね。だとしても、やめない?そこまでして勝っても仕方ないでしょ?」みたいな落とし所はどうでしょう、みたいなことを言ってたんですけど。

だからまぁなんつうか、倫理観というか今あるべきとされる人間の在り方みたいなものがありますわな、それを目指そうって時にそれを目指す理由には「それが最良の結果を期待できるから」ってのが必須じゃないとそんなにあかんのかな、と思うんですよね。時代錯誤の軍隊みたいな部活動ってのは駄目なんだと僕は思いますよ。ただ、その駄目だっていうことは「彼らが負けること」でしか証明できないのでしょうか。彼らを試合で負かすことでしか証明できないのでしょうか。それはそれ、これはこれ、とはならんもんなんでしょうか。

逆に言えば、これはすげえ甘っちょろい言い方ですけどね、あの監督はなぜそんなに勝ちを求めて、勝つことで相手のやり方を否定しようとしたのだろうかとかも考えちゃいますよね。そりゃあ一般的などのような場合でも良しとされるやり方ではなかったですけど、ひでえ荒くれようだった野球部とそこにいるどうしようもない非行少年をどうにかしたんだったら、別に野球の試合で勝たなくたって、それは大したもんだと言われていいと思うんですよ。「勝ってもっと正しいことを全国に見せつけなきゃ」と彼に思わせたのは何なんだろうとか。そういうことを考えたんですよね。

あと書いてて今気づいたけどここでしてる話全部るろ剣の志々雄編に書いてる。以上です。

広告を非表示にする