←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

2017年最初の洗髪はボディソープでした!!

あのー、僕結婚して今回で5回目くらいの正月だったんですけど、いつからだったかな今回で3回目くらいかな元旦は嫁の方の義実家に泊まりに行く風習になってきたんですけど。結婚する以前とその直後とかは、もちろん向こうの家にお邪魔する機会は作ってはいたんだけど、泊まるってとこまではなかなか踏み切れなくてですね、僕もまぁあんま勝手のわからん家にいるのも落ち着かないし向こうだって娘が「こいつええで~~~、アリやで~~~」って連れてきただけのよくわからん男を家に置いとくのも財布の金抜かれないか不安だったりとかあると思うんですよね、「なにその1万円以上入ってた時は2千円まではバレないみたいな自分ルール!?」みたいなのあったと思うんで、いや抜いてないけどね、なにぶん僕らの住む家から電車で1時間と少したかだかの距離だったのもあってそれまでは義実家に伺っても日帰りみたいなのが常で、別に仲悪いとか本気で嫌だとかでは全然ないんですよ、ただなんかお互いに気を遣い合ってる感じもアレだしね、金にはなってないけど一生懸命で忙しいカメラマン志望としがない事務OLのカップル的に言えば「私たち、あんまり一緒にいないほうがお互いラクなのかもね」的な、あるいは飼いやすいんだけど懐きはしないんだよねみたいな、互いが互いにハリネズミかそういう種類の猫みたいな感じなもんなのでこれくらいの距離感がお互い一番気楽なのかなと思ってやってたんですけど、ここ何年かでちょっと考えを改めて泊まりに望んでたわけなんですけど。それで、年々、たぶん向こうも俺も少しずつ懐いてはきてるんだよね、そんな肩組んで二人で電信柱にタックルするみたいなそういう陽気な打ち解け方ではないよ。どんな打ち解け方だよ。傍から見ても全然わからないかもしれないけど、いやほんと義両親すごいシャイな人なんだ。お義母さんとか、たまに間違えて二人っきりになったらちょっと好き同士の中学生みたいな沈黙になるし、お義父さんと二人になっても会話はするんだけど兄はすべてを知りつつそれを言わないし弟の方も実はすべてを知ってるんだけどそんな兄の思いを汲んで知らないふりをする10年ぶりに再会した腹違いの兄弟みたいな感じになるんですよ。ぎこちないんですよ。表面上はすげえツーカーというか話を合わせてるんですけど、翼くんと岬くんみたいな胡散臭さがそこには流れるわけです。そんな義両親なんですけど、そんなところから始まった僕達なんですけど、やっぱ数年スパンでやってると、それなりにお互い少しは気を許せるようになってくるわけです。それは、そんなホントにポジティブなものなのか実際のところはよくわかりません。「こいつとの付き合いは今後10年20年と続くんだからいつまでもよそよそしくしてたってかったりいだけだな」みたいな損得感情が互いの胸の内に発生してるだけの可能性だってあります。しかし、それでもいいと思うんです。そういうところから出発していつか本当に何か名前があるような関係性になれれば十分すぎると思うので結果オーライではあるわけです今年の正月はそういう意味ではここ何年かの集大成でした、ギュッと距離が縮まった。夕方くらいにお邪魔してお酒を互いに注ぎ注ぎ晩酌と晩飯が並行して始まって、僕も向こうも結構楽しそうで夜は更けていったわけですけど、それで「ズイショくん、お風呂どうする?」なんて言われてね、俺はそれに対して「じゃーすいません、頂きます!」なんか言ってね、それで寝間着と替えの下着を持って風呂場に出向いてシャワーだけ頂くわけですけどそこで僕ってやつは初めて気付くんですよ。僕、この家でお風呂頂くの初めてだったって。そうだ、去年まではさ、そんなにお互い距離感が詰まってなかったからさ、俺もなにせ人の家が落ち着かないタイプの人間なもんだからさ、どうせ起きたら帰るだけだし無理してここでお風呂もらわなくたって家に帰ってから入ったらいいやと思って歯を磨くのに洗面台を借りることはあってもお風呂入ったの今年が初めてだったんですよ、それでまぁお風呂もらうつもりも別に今年だって来る段階では全然なかったから流れでお風呂に入っちゃったもんなんでそれに気づいたら急に恥ずかしくなってきちゃって、さっさと用だけ済ませてあがろうと思ったんだけど用意も何もしてないから頭を洗うにしても身体を洗うにしてもその家の浴室に置いているものを使うしかないのね、それでとりあえずボディソープで身体をさっと洗って流してさ、あとはシャンプーだけしてあがろうと思ったんだけどパって見たら、ちょっと異様な光景なのね。例えば我が家だったら、K-1ファイターくらいの髪の長さしかない俺は市販の安い何でもないシャンプー使ってて、割りとロングで綺麗な髪してる嫁さんは俺あんま把握してないけど俺が使ってるのよりは少し良いお値段のするようなシャンプーを使ってるわけですね。コンディショナーの説明を同じように挟むのかったるいんでそこは濁しますけど、つまりだから俺の分と嫁の分とで二つのシャンプーがあるのが例えば我が家の浴室なわけですけどね、それでいうと義実家の浴室は、嫁が使ってるような高いシャンプーひとつしか置いてないわけなんですよ。すっかり忘れてたーすっかり忘れてたよなー、犬。

犬「わん!!!!」

今年もよろしくな、犬!!

そうなんです、すっかり忘れてたんですけど、僕の義父、毛髪薄いのを吹っ切ってスキンヘッドに舵を切ったタイプのスキンヘッドだったんですよ。だからお義父さん用の気軽に使えるシャンプーがこの浴室、この宇宙には存在しないんですよ。俺はこの宇宙の真理にフルチンで気づきましたよ。だからシャンプーはお義母さんが使ってるちょっと良さげなシャンプーしかなくって、ここでなんか調子こいて風呂まで頂いてしまった自分を後悔し始めるネガティブセンサーが働いてきてよくわからなくなるわけですけど、我が家でもシャンプーに関してはお互い住み分けが出来ていて、俺のシャンプーとお前のシャンプーがすごい明確に屹然としているわけです。縄張りじゃないけどそれに近い感覚があって。例えば猫ちゃんなんかだと自分の縄張りをマーキングするために壁に肛門をこすりつけたりスプレー状の尿を撒き散らしたりするわけじゃないですか、そのイメージがあるので僕にとって誰かの縄張りとかパーソナルスペースを犯す行為というのはそれくらい失礼な行為なんじゃないだろうかみたいな意識が働くわけです。そうなると、もう使えませんよ、わかんねえけど迂闊にこのシャンプーを使って、それを以って肛門こすりつけられたとか尿を吹きかけられたと思われたらどうしようと思ったら、もうそこにあるシャンプーは使えませんよ。それで僕は仕方なく、2017年最初の洗髪、ボディソープで頭を洗ったのでした。頭を洗ったのでした。ボディソープで頭を洗うと基本的にバサバサなるからね。バサバサの頭で何が言えるだろうをモットーに今年も頑張って何か毒にも薬にもならない文章を書こうと思います。以上です。

広告を非表示にする