読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

君よ餅で死ぬな誰も餅で死ぬな

そういうわけで新年あけましてぼちぼち正月ムードも終わりになってきてるわけですけれども、やっぱり今年も餅を喉に詰まらせる事故が各地で多発してるようで中には亡くなられてる方もいるようでほんに毎年毎年どうにかならんもんかねって思うんですけど、まず気になるのは実際どれくらいの人が餅を喉につまらせてるのかよくわかんねえなってことで、よく考えたら毎年餅の事故件数のニュースって都内で何件みたいな感じでしか報道されてねえような気がするんだよな。今ニュースを検索してみると地方紙のネット版で何件か死亡事故の記事が出てくるだけで全体の実態としては全然わからない。過去分の統計がないかとかも軽くググってみたんだけどせいぜいこの記事の中に「消費者庁が東京消防局、政令市消防局などの窒息事故の報告(2008~10年の3年間)のうち原因食品が明らかな2414件を分析すると、餅が406件と最多で、19人が死亡」という記述があるくらいで、これだって数字をそのまま3で割って「毎年約130~140件の餅をつまらせる事故があってうち6~7人が亡くなってる」としていいのかよくわからん。だって政令指定都市の数って日本に20そこそこでそこでカバーしている人口って3000万人たかだかなわけです、むしろ政令市消防局がカバーしていない田舎の人間の方がみんな餅を食うわけじゃないですか?都会は各家庭に臼と杵が一つずつとか考えられないでしょうけど、田舎ではそれが普通だからね。あと村には土俵も必ず最低一つはある。今のは完全にあかん偏見と大嘘が混ざってますけども、それに加えてやっぱ政令指定都市は栄えてる街ですから若者の人口比率も高いと思うんですよ、この統計に加味されてないところに実はまだ見ぬすげえたくさんのジジイババアが眠っているって考えるとやっぱ実際の餅を詰まらせてる人の数っていうのはもっともっと多いんじゃねえのって思うんですけど、今ちょっと間違えて金鉱みたいな言い方なりましたけども、ゴールドラッシュならぬジジイババアラッシュみたいな言い方になりましたけども、まぁ言うてこれは何か俺の調べ方が下手とかもあると思うので、誰か知ってる人いたら教えて。で、人間は馬鹿なので、自分の耳に入ったことだけでこの世のすべてがまるっとパリッとわかると思っちゃってる節があって、例えば地元紙で「1人餅で死にましたよ」ってニュースを見かけて、そして全国区のテレビニュースで「都内で2人死にました」ってニュースを見かけるとするじゃないですか、そしたら人間は勝手に「日本で餅で死ぬのは毎年たったの3人か、じゃあ俺がそんな低い確率を引いて餅で死ぬわけがあるめえな」って思って、それで餅食って死ぬ人が毎年ほんとはもっとすげえたくさんいるかもしれないわけですよ知らんけど。ここの数字をもっとしっかり出して「毎年こんなにたくさんの人が亡くなってるんですよ」って言うことができればもうちょっとマシな注意喚起になるんじゃねえのって思うんですけど、だいたい交通事故の数についてはたぶん全国津々浦々の情報もしっかりまとめてそこそこ正確そうな数字を出しているのに餅詰まらせる事故についてはざっくりでいいのか、みたいな。もう気持ちの部分から俺たち餅に負けてるんじゃないかとも思うんですよ、餅を諦めてるというか、餅を詰まらせて死ぬ人が出るのは仕方がないことなんだみたいな潜在意識が我々に餅の危険性を直視することから背を向けさせているのではないか的な。いや、ちょっとググってhitしなかっただけだから本当はかなり正確な餅による死亡事故件数みたいな統計があったらごめん。今年末から注意喚起に叫びまくるんで是非教えてください。これ余談の全然関係ない話になりますけど、僕はけっこう正月の嫌いなところの一つに挙げられるくらいそもそも餅が食べるの嫌いなので余計なんとかならんかなそんなことで命を落とすなんてそんな悲しいことはないと本気で思うんですけど、特に事故の原因になりやすい大きいお餅なんて僕からすると最悪ですね、餅ってどの食い方をしても基本的に味を全然吸わないじゃないですか表面ちょっと申し訳程度に味が染みるだけでその1ミリ先は完全に餅の味しかしないわけじゃないですか、もうちょっとお前も気を使えよと。朱に交われば赤くなる的なやつはないのかと。表面だけで中は真っ白のまんまじゃん。完全に餅のまんまで全然交われてないじゃん。それでお前よくそんな涼しい顔してられるな。それやられちゃうとこっちは、うわー表面以外の9割がたは餅の味しかしねーなーって思いながらモソモソと餅食うしかねえんだわ。俺はそういう餅の、男友達だけでむさ苦しく旅館に泊まってワイワイやろうって時に一人だけ浴衣を着ないでジャージでいるやつみたいな、餅のそういうところがどうしても好きになれないんですよ。UNOにはちゃんと参加してるんだからいいだろみたいな顔をされてもさ、一体感が大事なんじゃないか、男だけなんだからちょっとはだけてボクサーパンツが見えるくらい気にしなくたっていいじゃんかよジャージじゃなくて浴衣着ようよみたいな、そういうところって餅にはあるじゃないですか。むしろ、なんかその餅の表面以外の餅の味のところを味わうと味気ないからみんな噛まずに餅食って喉につまらしてるんじゃねえのとすら思うし。危ないからみんなちゃんとみんな餅噛もうよ。噛んで餅の味しかしないのが嫌なら最初っから餅なんか食うなよ。とは言ってもね、これは単純に食べ物の好き嫌いとして餅が嫌いなやつの言い分なので本当に餅が好きでやっぱ正月は餅食べたいって人の気持ちは全然わかるし尊重したいんですけどね、一年の始まり正月くらいはね、って言いますけどよく考えたらそんな毎年死亡者が出てるような危ない食べ物を毎年毎年ほぼ一年のブランクがある状態で食うのおかしいだろ。甲子園の北海道代表も本州の暑さにいきなり適応することはできないからビニールハウスの中でストーブ炊いて練習したりするんだよ。それと一緒だよ、なにをお前ら何の準備もなくいきなりぶっつけで餅食っちゃってんだよせめて10月くらいから徐々に慣らしていけよ。ベンチプレスと一緒だよ、理想を言えば8月くらいから約半年をかけてだよ、最初は大豆くらいの大きさの餅から始まって徐々に徐々にサイズを上げていくんだよ、それで1月の本番に照準を定めて元旦どれだけ大きな餅を食えるかみたいな結局危ねえじゃねえか。いやでもよく言うじゃないですか、練習でできなかったことが本番でできるわけないって。餅も一緒ですよ。だからどうしても正月に餅食いたいやつはむしろ日頃から餅食えって。なんだろな、あとはドーピング感覚でめちゃめちゃお餅が滑らかに喉を通っていくローション砂糖醤油とか作ったら売れねえかなぺぺ砂糖醤油みたいな商品名で。まぁでも、もう最悪今後はVRだよね、それか孫がじいちゃんばあちゃんを自撮りしてあげてスノーで餅食ってる風に加工してやれるようにするか、何かしら実際の餅は食わずともまるで餅を食ったかのような満足感を得られる方法を考えていくのがいいよね、餅味のガムでも噛みながらVRゴーグルでゆーとぴあみたいに伸びる餅食ってる気分味わえたらそれでもうよくない?ちょっと待って、餅味のガムって何?浴衣着ようよなんだよ餅味のガムって。とにかくこれ、ふざけてるわけでもなんでもなく、俺だって親戚に年寄りようけいるしね、そいつらが平気な顔して自分は全然関係ないと思って優雅に餅食ってて周りもそれを普通だと思ってるのにすげえハラハラしちゃうわけですよ、現実問題食うなとは言わないけどね、餅ってワンチャン死ねるからねって意識がどっかにあるのとないのでは全然違うと思うんですよ、「ばあちゃんそのお餅ちょっと大きくない?」とか言えるだけで全然違うと思うんですよ。だからこうやって僕はね、ここまで読んだ人なら次に餅を見た時に絶対思い出すような文章を、そういう文章を今年も書いていきたいなと思うわけですよ。今年もよろしく。そして来年もまた元気に会いましょう。君よ餅で死ぬな誰も餅で死ぬな。以上です。

広告を非表示にする