読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

出遅れた2016年暫定賛歌

ブログ、という自分の好きに文章を書いていい場所があるんですけど(おでんつんつん動画をアップさえしなければ何を書いても何人殺そうが亜光速のがんもどきで何人のこめかきを撃ち抜こうが全く問題がない場所)、一年の締めみたいなものを、今年は明確に「今年はもう別に書かなくていいでしょ」と思って書かないでいて、大晦日だって言ってんのに麻辣ピーナッツが置いてあるファミマを探してチャリで15kmほど放浪してその間にポケモンの卵が3,4とか孵り、そういえば年越しそばに入れる刻みネギを買い忘れていることに気づきスーパーに立ち戻ったものの言わずもがな俺がそんな理由でスーパーを訪れたのと同様にその日は誰しもが一年で一番にネギを求めた日だったものだから刻みネギはとうに売り切れていて、本当のことを言えば殴りかかったらたぶん勝てるしかつネギを持ってそうなジジイはたくさんいたのだけれど、良いお年をの気持ちでネギは諦めて家に戻り、風呂に入り、風呂から上がり、酒を飲み、紅白を眺め、オリラジが縁起物に昇華した瞬間を見かけ、それで年を跨ぎ、揚げと海老天の両方を乗せたしかしネギがないそばを食い、嫁と今年もよろしくねなんて言って嫁は寝て、それでテレビを点けてて嫁に寝れないんだけどなんて言われても嫌なのでテレビは消して、お皿を片付けて洗ってまだ眠くなかったのでテレビも消しちゃったし仕方なくパソコンを開いてみたら、2016年を締めくくるエントリを書いてるブログがたくさん目について、なんだ「今年は書かなくていいでしょ」なんて思っていたのはこの世界における僕のたった僕で、いやもっといるんだけどね、ブログアカウント持っていて一年の総括エントリを書いてないやつなんざ死ぬほどいるんだけど、それでも書かなかった僕の視界に入ったのはてんでわざわざ書いたやつばかりだった。それがなんだか面白くって、「ああ、そう」と僕は思った。僕は書かなかったけど、それは僕だけの都合で他の人は勝手に書いていた。それを僕は見て、内容はまだ全然ちゃんと読んでないんだけど、「そうか、お前らには一年なんか色々あったんだな、まぁ俺は知らないけど」と思った。それは、「ああ、俺もやっぱり書いときゃよかったなぁ」なんて話では全然なくって、ただ、俺が俺のいる場所から俺のいない場所を見渡せばチカチカとせせこましい光があって、それを見かけてわははと笑い、オーイと声をかける俺は、きっとその光がなければきっと黙ったままでいたのだ。何もないところにオーイと呼びかけるのはどうにも背中が寒くって、オーイと叫ぶ方角を誰だって探してる。その探してる視界の先に、僕がいたらと思うと僕はオーイと叫ばずにはいられないし、僕にそう思わせるのは僕の瞳に飛び込んでくる眩しくもなんともないずっと遠くのあなただ。以上です。

広告を非表示にする