←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

一人暮らしの時はゴミみたいな生活してた男視点による夫婦家事分担のコツ

 こんなん読んだんですけど、まぁネットってこういうのよく読めるんですけど。

 ところで僕ね、一人暮らしの時ゴミみたいな生活してたんですよ。はい、具体的にゴミみたいな生活とはどのようなものでしょうか? ではまず、あなたが想像できる限りのゴミみたいな生活してるワンルームをイメージしてみてください。はい、想像できましたか? では次にその部屋におがくずをばら撒いてみましょう。はい、僕の一人暮らし大体そんな感じでした。

 で、僕はそれで困ったことありませんでした。別になんの問題も感じたことありませんでした。それくらい部屋が汚れてても一切意に介さないのです。

 夫が家事できない問題ってね、大体これが総てなんじゃねえのと思うんですよ。めんどくさいので雑に男と女で区切った言い方しますけどね、男なんてちょっとやそっと汚れてたって何一つ不快に感じないんですよ。日々の気温と湿度の鬱陶しさに比べたら部屋がどんだけ汚れてようとどこ吹く風。むしろ暑いから風はどんどん吹け、とカーテンない部屋で上裸になって文句言ってる生き物なんですよ。少なくとも僕は。

 一人暮らしの時アラフォー実家暮らしの独身男性に「ハンカチくらい持って歩けよ」って言われた時はそれお前の持ってるのはママがアイロンかけたハンカチだろお前アイロンかけたことないって前言ってただろと思って殺してやろうかと思いましたけど、そういうきれい好きだけどそれは人(女)にやってもらって当たり前だと思ってるタイプはまた別だけど、そうじゃない「やってるつもりで家事全然できてない夫」って、それでも本人にとっては必要以上にやってる可能性あるんですよ。一人ならもっとやらないけどしゃあねえなと思ってやってる可能性です。

 夫がゴミ出さないと思ってるかもしれないけど、まだ出さなくていいから出さないんですよ。本当に「やべえな」と思ったらゴミくらい勝手に出しますよ。ただそれだいぶ先かもしれないですけど。まだあせるような時間じゃないだけなんですよ、こっちからすると。

 で、ここまでで女も、お前みたいな不潔と一緒にするなって男も、僕のこと何言ってんだこいつって思いながら読んでると思うんですけど、そこで何言ってんだこいつと思ってるからうまくいかないんですよと僕は思うわけです。

「ここまでやって当たり前」という自分の基準を疑わないんですよね、ゴミみたいな生活ができない人たちは。いや、そんな自分が絶対正しい常識だみたいな感じで来られてもこっちとしては困るんですけど。あなたはそこまで家事しないと困るのかもしれないけど俺は困ったことないんですけど? それをやって当たり前だ、これをやらないなんてありえないって感じで来られても困るし、「私ばっかやってる」って言われてもこっちからのナチュラルな感覚でいうと「いや、やらなくていいことをわざわざ自主的にやってるだけじゃん?それをなんかそんな怒られても」って感じなんですよ。

 さて、僕がしたいのはもちろん「だから俺は知らん。お前が気の済むまで勝手にやれ」なんて話ではありません。なのでまず「この二人の家ではどこまでやるか、どれくらいキレイな状態をデフォルトに設定するか」を二人で決めるのが大事だってことを僕は言いたいのです。

 ここで大事なのは「正しさ」の話をしないことです。「これくらいキレイで当たり前、そうじゃないのは狂ってる」みたいな調子で来られるとこちらとしては「そんなことはない、俺は狂ってないし困ってない、狂っているのは俺ではなく世界の方だ」とイノセントな顔つきで言わざるをえません。だって俺の中ではそうなんだもん。

 言ってしまえば価値観の統一だとかを目指すと泥沼化します。人間はわかりあえません。快不快の基準も人それぞれです。それをここからは不快という感覚が一般的だとかそんな話をしたって土台無理があるんです。そこはもう諦めましょう。

 大事なのは「どういう状態であれば二人が気持よく過ごせるか」です。「清潔な家とは?」とかではなくあくまで「どういう状態であれば二人が気持よく過ごせるか?」という問題設定にするのがポイントです。

 僕だけが快適な必要条件と二人が快適な十分条件にはずいぶんな隔たりがあります。そこでこっちの必要条件がおかしいとか言い出さないで下さい。こっちだって野良犬みたいな衛生観念ですが一緒に過ごす人と楽しく暮らしたいという気持ちはあるのです。ただそこで、野良犬の衛生観念を否定しないでください。ただ「私はこうしてくれたら嬉しい」という十分条件を示してください。それなら尻尾振ってやりますよ。

 ただ、こっちだって牙はまだ抜けてませんからね、これまでのお前の人生は糞だお前の今までの生活は忌避されるべきものだなんて言われたら、それに「へへえ、仰るとおりでござい」なんて言うこと聞くわけないじゃないですか。

 まぁなんかそんな感じで、別になんでもそうなんでしょうけど、夫婦生活で当たり前とか常識を押し付けあったら詰むんですよ。今から二人で、二人の間のルール、新しい二人の当たり前と常識をひとつひとつ作っていくしかないんですよ。「私は正しい」「私の感覚が多数派で当たり前」とか、そんな後ろ盾がないとそういう話し合いができないんじゃ、それはちょっと厳しいですよって話なんじゃねぇかなと思うわけです。

 我が家もまだまだ試行錯誤中ではありますが、なんか、そんな感じです。あと、僕は未だにトイレとか風呂のキレイ汚いが全然わからないので、そこの見極め身に付ける方がめんどくせえのでとりあえず週一回掃除するようにしました。以上です。

 

広告を非表示にする