読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

ドラマ『ダメな私に恋してください』第一話感想文

これはヤバイやつが始まってしまいました。みなさんはかつて月9で猛威を振るった超大型3ヶ月にわたるただの石原さとみのかわいさを余すところなく見せつけるだけのプロモーション映像こと『失恋ショコラティエ』をご存知でしょうか? たぶんこのドラマはアレの深田恭子版です。ただひたすらかわいい深田恭子を見て「かわいい……」と唸るだけのドラマです。それ以外には望むべくもありません。しかし、そりゃあ細かいことは言おうと思えば言えますよ、僕は観てないんだけどちょっと前に『ホタルノヒカリ』なんてドラマが流行ってましてね。その頃から「最近は少女漫画のテンプレそのまんまで主人公女性の年齢が上がっただけの恋愛漫画がやたらと多いんだ」なんて話は聞き及んでおりました。で、これも漫画原作なんですよね、なるほどマジなんだなとは思いましたよね。そんなやつ存在するのかわからないけど、この話を観て「あー私にもこんな恋の冒険がやってこないかなぁ」と本気で思ってるアラサー女がいるのなら、僕はあんまりおもしろいとは思わない漫画なのだけれども『東京タラレバ娘』みたいな漫画が同時にこの世界に存在していなくてはならないという需要があるのも頷けるというものです。だいたい、『ホタルノヒカリ』を綾瀬はるかが演じていたことについても言えることですけど、少女漫画のテンプレート「それまでは男に縁のないどこにでもいるふつうの女の子」を年齢だけ底上げして引き継いで実写化するうえで一番リアリティに支障が出るのは普通のきれいな女優さんを使うと「その年になるまで男に縁がないなんて絶対ありえない」ってなることですよね。だって完全に頭おかしいですよね、あのくっそかわいい深田恭子が元特撮オタクのダメアラサーの処女で馬鹿だからヒモ大学生に引っかかっておばさん扱いされて金だけせびられてるなんてありえなさすぎるでしょ。「金だけ」の部分が特にありえないでしょ。仮にもし本当にあれくらい馬鹿で見た目が深田恭子の生き物が人間社会にいたとするならば、そもそも30歳まで生き延びていられるわけがない。ディーン・フジオカ的な庇護の対象としてくれる男性が30歳まで一人も登場しないのであれば、20代前半のかなり早い段階でソープに沈められてないとツジツマが合わない。美人に生まれたものの頭が悪い女性が生きるのってたぶん同じ頭の悪さで顔が普通の人よりよっぽど大変なんだからな。そういう意味で自分が美人であるということに自覚的な『失恋ショコラティエ』の石原さとみはリアリティがあったと言えるのかもしれない。せめて今の深田恭子みたいな容姿になったのはここ3ヶ月くらいの話っていう『ハンサムスーツ』みたいな設定がないと普通に整合性がとれないんじゃないのか。完全にファンタジーじゃねえか。石原さとみがリアルに『失恋ショコラティエ』みたいな人生を歩んでた可能性は全然ありえるけど、深田恭子が2億回転生してもあんな30歳になることはありえない。例えば高校生でエイズにかかったりする。世の中は危険がいっぱいなのだ。深田恭子が30歳までそんな危険を知らずにあんなのほほんとした女のまま生き延びるなんて蝉みたいに去年まで土に潜っていたでもない限りありえない。リアルにドロンジョ様みたいになる可能性のほうがまだありえるわ。そういう意味で『ダメな私に恋してください』は『ヤッターマン』よりよっぽど現実味に欠ける荒唐無稽なファンタジー。みたいなことはもちろん言って言えないことはないですよ。でも、そんなこたぁどうでもいいんだよ。深田恭子がかわいけりゃそれでいいんだよ。細けぇことは全部置いといて深田恭子の一挙手一投足を手を合わせてありがたそうに拝んどきゃいいんだよ。ほかはマジでどうでもいい。メイプル超合金のカズレーザーがいきなりドラマ出てると思ったら『ごめんね青春!』の生徒会長だったのもどうでもいい。いや、冷静になって考えたら「いくら相方の安藤なつがナンシー関の役でドラマ主演を果たしたからって、M-1出たのが昨日の今日のカズレーザーがいきなりこんな役でドラマ出てくるわけねえだろ」って話なんですけど、横に安田大サーカスのクロちゃんがいたから完全に思考停止したよね。「あれ、カズレーザー?まじで?まぁでも横にクロちゃんもいるし、この3人組は芸人枠なんだな。残りもうひとりの知らない人も俺が知らないだけできっと芸人さんなんだろうな」ってなっちゃうよね。仕方ないよね。でも実際はカズレーザーじゃなかったんだね。

しかし、僕は上戸彩が好きで、学年も一緒で、15歳くらいの頃からずっと好きで、あの頃からずっとテレビに出続けていて、この調子で今後もずっと続いていって還暦もとうに過ぎて、孫なんかとテレビを眺めてるとおばあちゃんになった上戸彩をテレビで見かけてそれで俺が「俺、15歳のころから上戸彩のことずっと好きなんだよ」って言うみたいな、そういう吉永小百合的な感じになってくれねえかなと最近は思ってるんだけど、深田恭子もまあまあそうなってくれる可能性を残しているのだなと気付いた。以上です。

広告を非表示にする