読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

2015年10月、甲本ヒロトはずっと元気に歌ってます

僕、音楽は割りと疎くてもう単純に知識として取り入れようって気がないんだね。カラオケとか行くと二時間くらいでガッチャマン歌いたくなるよねどんだけレパートリーないんだよ。別にアニソン好きじゃなくて知ってる歌える歌がもう思い浮かばないの。別にガッチャマンじゃなくていいんだよ、手のひらを太陽にでもいいんだよ、そういう消去法なわけ。流行を押さえるみたいなこともしてこなかったから、何回か、異文化圏に迷い込んじゃって「カラオケで夜もヒッパレ○○年ヒット曲メドレーを流してマイクをタライ回しにしながら順番に歌っていって、うまく歌えなかったやつは焼酎一杯イッキ」っていうシャレじゃないほうの子供に絵本見せると泣くほうの地獄に正式採用されそうなやつに参加した時は「ワリカンで申し訳ないな」ってくらい酒を飲むはめになったのだった。

そんな僕だけど、ほぼ唯一でずっと大好きなのが掲題のとおり、ブルーハーツからハイロウズ、そしてクロマニヨンズと続いていく甲本ヒロトなわけなのだけれど、この前ちょっと人と喋っていて「ブルーハーツいいよね、若い時分はずいぶん励まされたよ」と言うので「クロマニヨンズはどうだい?」と訊ねると「聴いたことないので今度聴いてみるよ」と言うので、たしかにブルーハーツ解散後はいろいろ芸風も変わっているのでブルーハーツのあのノリにこそ共鳴していたゆえそれ以降のヒロトマーシーに興味を持たない人っていうのは別に体感でも少なくないのでそういうパターンかと思っていたら、単純にその人はクロマニヨンズが「ヒロトマーシーのバンド」であることすら知らなかったらしい。「そういう人いるんだ」とちょっとビックリしたんですが、まぁテレビへの露出が決して多い人らではないしとりあえずテレビつけとくのが当たり前な時代ってわけでもなし、よく考えたらそういう人もいるわけかと思い、それならばと筆を執りました。そういう人の目に触れろと思い、筆を執りました*1。2015年10月、甲本ヒロトはずっと元気に歌ってます。

甲本ヒロトはずっと元気に歌っています。ブルーハーツ、そしてその後に結成されたハイロウズは共に十年の活動期間と8枚のオリジナルアルバムを経て解散となりました。現在活動中のクロマニヨンズも同じところに差し掛かっており長年のファンからは近頃危惧されてましたが先日そのジンクスを破る9枚目のアルバム『ジャングルナイン』を引っさげて今年から来年にかけての全国ツアーが発表となりました。ヒロトはずっと元気に歌っています。ロックを愛する気持ちはそのままに年齢を重ねて思想は成熟を見せる一方です。「永遠なのか本当か」と歌っていたヒロトが「永遠です」と歌い、爆弾だの戦闘機だの政治家だの大人だのへの怒りをぶちまけながら絞り出すように「僕パンクロックが好きだ」と歌っていたあのヒロトが無邪気にあっけらかんと「今夜ロックンロールに殺されたい」と歌っているのは、僕には単純に悪くない。捨てたもんじゃないと素直に思える。最近ではヒロトマーシーが互いの歌や歌詞世界をパクリ合っててもうどっちが作ったのか判断しにくくなってる。音を作ってみんなで歌って楽しく騒ぐというただそれだけの目的へ向かってどんどんどんどん純化していってるんだ。

そういうわけで、もしなんとなく知らずにいた人は、一度聴いてみてもいいかもしれませんよ。別に他の誰かを引き合いに出す必要もないけれど、昔あこがれた人が今も変わらずかっこいいままでいてることって、結構嬉しいもんですよ。生まれてこっち20年、ヒロトはいつだって自分より世の中のことを少し多く知っていて少し大きな悩みを抱えてて少しポジティブでそれだけで超かっこいい近所の年上の兄ちゃんで、それで結構僕は助かってます。以上です。

*1:基本的にヒロトの話しかしないのでマーシーの話は誰かに任せた

広告を非表示にする