読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

例のブレンディのCMが、商品を売りたくて作られているとするならば

第一印象は、「つまんない以上に可もなく不可もない」だったんですよ。それは今でも変わりません。このCMがこの世に有ろうと無かろうと何一つ僕の人生に大差がなくって「まずいよドク僕が消えちゃう」みたいなの皆無なんですよ。稲妻の来なさ、まずはそこを共有したい。このCMが誕生しなかった世界線の僕は、違和感なくそれを受け容れる。このCMが誕生してる世界線の僕と同様に、忘年会でロバート秋山のからだモノマネをしてますよ。

つまり、このCMは僕にとってそれくらいどうでもいいことで、ほとんど路傍の石だったわけですけれども、まあみんな騒ぐ騒ぐ。正直腹が立ちますね。そして、腹を立てていいらしい。通学路に転がっている光沢が立派な路傍の石に、誰か一人だけが毎朝毎夕話しかけていたらそれは異常になるんだろうとは思いますが、このCMはそうではないらしい。みんなが褒めたり貶したり好き勝手やっている。僕はそれもまた鼻につく。そんな相手にしてやるほどのものじゃないだろうと思ってる。けれども、それをそのままにコメントしてしまうと俺が寒いんじゃないかと思ってしまう。けど、そんな俺の内心をさておいてみんな好き勝手騒ぎすぎ。どうやら、もうこいつぁ好き勝手にギャースカピースカ言っていいやつらしい。ならば、言うよ。俺はそういうイヤな空気も読むんだ。このCM、もうオモチャにして良い奴なんでしょ?じゃあ俺は好き勝手喋ります。

要約すると、「ばーか!!ばーか!!!」です。

みんなね、難しく考えすぎですよ。特に、逆張りの評価してる奴ら、「いや、生理的嫌悪感を置いておいて、ブレイン?脳?で考えたらこれクールですよ」みたいな奴ら、それはどうなのって思いますよね。一行目で言いましたけど、これ全然面白くないですよ。

これを考える一つの補助線として、要所で言われるところとして「これ、商品のPRになると思ってやってんの?」ってのがあるじゃないですか。皮肉を込めて言ってるじゃないですか。それ、皮肉置いといて考えましょうよ、これがCMであると考えた以上、これは商品のPRとして作られてるんだと考えた時に、このCMの出発点はなんだったんだろうと考えましょう。考えるまでもないですよ、これってね、色んなこと言われてますけど、要約すると「ブレンディは特別な厳選した牛乳を使っています」以上のメッセージってないんですよ。そこをみんな履き違えて勝手に騒いでる気がするんすよね。

色んな、なんか社会的にも大変そうなエッセンスがふんだんに盛り込まれてるこのCMですけど、ブレンディに直接関わっている情報って何?って考えたら、本当に、「ブレンディに使われる牛乳はすごい厳選された良い牛乳です」以外にないんですよ。僕は、ここを考えるべきだと思うんですよ。これが、出発で、そんなに政治的意図とか、いわゆるオピニオンってないんですってこのゆるい馬鹿ども。

・ブレンディの牛乳は厳選されている!!をアピールしよう!

・牛たちがブレンディの牛乳を搾りたいって熱望するの面白くね!?

・じゃあ、ブレンディに選ばれない牛たちってのも対比として必要だよね?

・擬人化したらそこらへん描きやすくね?

とか、そんなもんだと思うんですよ。マジで、一つも面白くない。一つも面白くない。なんか、彼らがあんなCMを作った意図は?みたいな考察も見かけましたけど、そんなんどうでもいいですって。「厳選」という1ワードから逆算していったら、あんなCM普通にできますって。擬人化も普通だし、それこそ管理社会だって普通でしょ?過去誰かがやったアレやコレやのパッチワークでしょ? 一番最初に思いついた「厳選」を魅せる世界観構築のために採用されるのは全然自然なことで、何も狂気の沙汰はないですよ。普通の、凡人の、面白くもなんともないアウトプットですって。

別に、擁護する気もないんです。ポリティカルコレクトネス的にもギリギリで、面白くもない。ただ、あの面白くなさってきっと狙ってなくて、本当にたまたまミスったみたいな糞さがある。じゃあ、それはもう糞さとして迎合しましょうよ。アノ手の奴らが、あの手この手でズに乗るのはみなさんご存知でしょう。彼らは「牛乳を厳選してる」ってのをアピールしようと四苦八苦したら、自然にあのような糞表現に辿りついたタダの馬鹿です。それで良いじゃないですか?それ以上を彼らに望んで楽しいですか?彼らに思想性はないです。ただの馬鹿です。彼らのCMに批評性を見出している奴らも全員馬鹿です。彼らがアレを作る動機を踏まえると「牛乳を厳選してる」のワンポイントに終始します。それを成立させるCM作ろうと思ったら、色んな、管理社会がどうのとか、そういう話をしてた人らの設定を借りるのが手っ取り早かったのでそうした。それだけです。信念も、評価するべき箇所も一つもないです。それだけのものを、逆張りで褒めそやすのは大変に残念で手が泥で汚れているように思われます。

とにかく僕は、つまんないもんが騒がれるのイヤなんですよ。つまんない奴が調子に乗るんで。件のCMに気を悪くする奴がいるのはわかるんですけど、それって社会的にどうにも穏やかにはいられない大変な問題だから、ではないでしょう。感受性豊かなやつらが勝手に引っ掛かってるだけでしょう。そいつらが腹を立てることに僕は文句はないんですけど、感受性の話にして欲しいんですよね。「これ、糞つまんないありきたりな表現だけれども、私は感受性豊かなもんだから反応しちゃう。糞つまんない」って言って欲しい。そうじゃなかったら、ただ面白くも何ともない、糞みたいなストリップショーまがいを顎ひいてやってる馬鹿が、調子に乗るから。意義あることをやってるんだと勘違いしかねないから。それは我慢ならないなと思って、この話題全く興味ないんだけど書こうとなった。

いや、ほんとな。このCM作った奴「賛否両論出たけれども、世の中賑やかした」みたいな満足感をコくなよって、俺がむかつくのはそれだけなんだよ。このCMを見て誰がどう思ったとか虫ほどの興味もない。ただ、つまらない。珍しくもない。救いも、地獄もない。誰にも相手にされないべきな、路傍の石みたいなCMだろうがと思って、筆をとった。このCMは、「特選」とか「厳選」とかのワードに眼を向ければ、普通にこの出来上がりに辿り着く平凡なCMだ。面白くもなんともない。それに嫌悪感を感じるのは普通だけれども、それはお前の感受性が普通だということで、1984年を読んだ時とか、家畜人ヤプーを読んだ時とか、そういう時に考えるやつを、あのCMを目にしたお前を感じるのは当然だ。そこにさしたる疑問はない。少なくともCM製作者の問題ではなく、この世に管理されたくないなと思いながら生きるお前が、そんなことを思うのは必然だ。それを思った理由は、CM製作者ではなくお前の中にある。CM製作者は偉くない。勘違いすんなよ! 賛否両論巻き起ころうとお前は引き続きつまんないからな!ばーか!ばーか!

ってことなんですよね。ばーか! 以上です。

広告を非表示にする