←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

『ワールド・トリガー』がアニメオリジナルストーリーに突入するのが不安しかない

ワールドトリガー』という漫画がジャンプで連載されていて、面白いんだけどどうにも地味だから人気はそんなに出ないだろうなと思って読んでいたらいつの間にかアニメ化までされていて、しかもとりあえず1クールなり2クールなりでキリのいいところまで進めて円盤の売上げやらなんやらを加味しつつ二期の制作を決定する深夜アニメに多いやり方のプロジェクトじゃなくて、今でまる一年ぶっ続けでやっている。どっちの待遇の方が良いもんなのかと言われたらそれはちょっとわからんところもあるのだけれど、まあなかなかよくやってるんじゃないかと思う。

で、そういう昔ながらのお休み期間を設けずに毎週毎週放送を続けるジャンプアニメではお馴染みのパターンとして、アニメオリジナルストーリーっていうのに『ワールド・トリガー』も突入する感じである。簡単に言ってしまえばジャンプの連載は毎週たかだか19ページ、対してアニメはCMとか歌とかを差っ引いても20分近くの尺がある、普通にやってりゃそのうちアニメのストーリーが原作漫画の方に追いついてしまうのである。どうしたってアニメの一週間分の方が情報量がたくさん詰め込めるので漫画より早いペースで物語が進んでしまうのだ。もちろんアニメをだらだら進めるという手もある。たまに日曜の朝テレビをつけてやってたら観る程度だがアニメ・ワンピースのヤバさったらない。何もかもがトロくさい。スピード感という概念がもはや無いに等しい。パンチを一発放ってそれを受け止めるだけにどんだけ時間かけるんだ。星飛雄馬がボールを投げるのに時間かかるなんて笑い話があったがアレを地で行っている。しかも飛雄馬だってそんな無茶な時間をかけて燃えまくるのはココ一番の試合が盛り上がったライバル打者と向き合った時だけだったと思うがワンピースはそれがデフォルトで毎週だ。俺は「子供ができても頭が悪くなるだけだからアニメのワンピースは絶対に見せないようにする。そのためならコミックス全巻買ってやることも厭わない。アニメは絶対に見せない」と言っているが、これは全くひとつもギャグではなく本気で言っているのだ。

話が逸れたが、そういう風に原作漫画にアニメが追いついてしまったとき、さすがに原作者にこの先の展開どうなるかを聞いて先んじてアニメでストーリーを進めてしまうわけにもいかないので、そこで登場するのがアニメオリジナルストーリーというわけだ。大抵の場合は、本筋はちょっと置いといて、ちょっとイレギュラーな、原作の流れを汲まない亜流の敵が表れて、その敵のせいで苦しんでいるだとか悩みを抱えている味方陣営キャラと仲良くなる異世界の良いもんキャラがいつつ、ただ闘うだけじゃなくてまあそいつらとちょっとしたドラマも交ええつつ(だって時間の引き延ばしが目的なんだから交えられるもんはなんだって交えたいのが本音だろ)なんやかんや敵を倒して、その良いもんキャラもハッピーになって、良いもんは良いもんの日常に帰っていくのでお別れしておしまい。そして主人公たちは本筋に戻るって流れなわけですけど、そういうのをなるべく本編に悪い影響を与えないようにこなさなくちゃならないんですよね。端的に言って、このオリジナルストーリーの敵の強さってのは絶妙に設定する必要がありますよね。原作のパワーバランスをおかしくするようなことになっちゃいけないわけじゃないですか。一番ちょうどいいのは、そのオリジナルストーリーの直前に主人公が倒した原作準拠の敵よりちょっとだけ弱いくらい。かつ、イヤらしい特殊能力。主人公とオリジナル敵が完全ガチンコ殴り合いのタイマンを張ったら割りと苦もなく主人公が勝つだろうけど、他の仲間に迷惑をかけたり、正面からやりあおうとせずに翻弄してくるような特殊能力を使うので、決して実力差が均衡してるわけじゃないんだけれどもけっこう苦戦しちゃう。くらいのバランスが理想なのではないかと思う。

で、まぁ一応の理想として、ありがちなパターンを挙げたんだけれども、このやり方が素直に通用するのって主人公側の戦闘能力がある程度安定して高い場合なんですよね。であれば、「なんだかんだ苦戦したけど普通に勝った」ってことで収めることができるから、「いつもどおり」で片付けることができるから。でも、ワールド・トリガーって漫画はですね、割りと凡人が頑張って戦闘能力を高めていく描写がやたらに丁寧なんですよね。修くんっていうダブル主人公の片方がいるんですけど、こいつが糞凡人で、毎回の戦闘の経験から学べるものはどんどん学んで吸収していってそれで少しずつ少しずつ強くなっていくってキャラなんですよ。こんなやつにオリジナルストーリー与えて大丈夫か?オリジナルストーリーやるのはまあいいんですよ、原作に出てこない敵が原作に出てこない珍しい能力で攻めてきてそれを何とかやりすごして敵を倒して、てやるのは結構なんですけど、そんなことしちゃったら成長しちゃうじゃん?っていう。そんな良い経験したら原作より強くなっちゃうじゃん?って思うんですよ。しかもね、これネタバレになっちゃうけど、そのオリジナルストーリー終わった後に原作の話に戻ると「短期間で急に成長なんかできやしない、強くなんかなれっこない。俺はどうすりゃいいんっだ」みたいな話になっていくんですよ。これってヤバくないですか?だってその前にオリジナルストーリーで結構な戦闘こなしてるんですよ(たぶんだけど)、その経験を糧にして少しは成長したって描写が本来なら絶対入ってくるはずのキャラが、オリジナルストーリーから原作に戻ったところで、自分の弱さに意識を向けざるをえないやられっぷりを披露して「どうすりゃいいんだ」って展開になっちゃうと、「お前全然学べてないな、どうすりゃいいんだじゃねえよ向いてねえわお前」みたいな感じになっちゃうんじゃねえかなと思って、それってどうなのと思うわけですよね。まー実際オリジナルストーリーがどういう展開になるか観てみないことにはわからないんですけど、どうしたもんかなーほんと。以上です。

広告を非表示にする