読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

ベビーカー論争と川渡しクイズ

朝、twitterのTLを眺めていたらまたベビーカーがうんたらって話をしてて、お前らどんだけベビーカーの話好きなんだよ。毎年やってるだろ。ややこしなるから江戸時代の飢饉みたいに毎回違うコードネームつけろ。いや、それやると、論争あんまり頻繁なので元号毎年変えないと追いつかんとか思ってたらコレが話題になっていたんですね。

なんかお父さんがちょっと目を離した隙にベビーカーに乗った1歳児を60だかのジジイが突然殴打したとのことで子供さんも大事には至らずだったとのことでせめてもの幸いでしたが、素直に怖いよなぁ、何とかならんもんかなぁと思うわけです。

こういう事例を以って「可視化された」みたいな言い方をするのは「意義があった」みたいな感じになりかねないので良くないとは思うんですけど、結構見える人にしか見えない悪意って街に溢れてるんだろうなって思うんですよ。僕なんてね、まぁ五体満足のふつうの成人男性で、身長191cm体重82kg、黒タンクトップでいつも電話帳を引き裂きながら街を歩いてるので、ナイフに刺したステーキをナイフごと食べるタイプなので、あまり感じることはないんですけど、そういうふつうの成人男性だから視界に入ってこないだけで、わかりやすすぎる言い方を選べば弱者の視界にしか映らない卑怯すぎる馬鹿ってのはきっとたくさん存在するんですよ。以前にね、信号点滅してて急がなくちゃならない横断歩道でもたついてる車椅子の人があったんで後ろから押してやったことがあったんですけど、そこでそのおっさん「すいません」って言わはったんですよ。で、僕、「あ、ありがとうじゃなくてすいませんって言ったなこの人」って思って。だからなんだって話でもないんですけどそれを妙に覚えてて、ただ、「ありがとう」じゃなく「すいません」を言わせる何かがこの社会にはあるのかな。あるない関係なしに彼はそういう何かを感じていたのかな。「ありがとう」でよかったのにな、と思ったことがあるんです。

例えばベビーカーの話でいえば「勘弁してくれよ」って人はたまにいますよね。そこは僕否定しないです。僕だってベビーカーがそこにあるだけで嬉しいタイプの聖人ではないんで、「勘弁してくれよ」くらいの気持ちが出ることはあります。twitterに書くのも面倒な話題なので腕に「勘弁してくれよ」って書きます。万年筆で。そしてグッと飲み込みます。そのうえで、じゃあネットでベビーカー論争を見かけた時に僕は何を喋りましょうか。腕に「勘弁してくれよ」を刻んだ俺はどうするんだって話ですよ。

そういう時、登場人物を整理しましょうよって思うんですよね。この段階では想像できてるのは、実際に出くわした「勘弁してくれよ」って感じのS級ベビーカー使い、仙水が頑張って穴を広げないと出入り出来なかっただろレベルの糞みたいな勘弁して欲しいベビーカー使いと俺の二人しかいないじゃないですか。でも実際にはそうじゃない。その2種類しかいないわけじゃない。登場人物を増やしましょうって思うんですよね。そんなヤバいベビーカー使いばかりってわけでもないじゃないですか、普通にお互い気を遣ってうまいことやれる人もたくさんいるじゃないですか、まずこいつらのことを思い出しましょう。そして、もう一つ、冒頭のクソジジイも思い出しましょう。出揃いました。その中で、あなたはどう立ち回りますか?ってことだと思うんですよ。

川渡しクイズあるじゃないですか。羊飼いと、羊3匹と、狼がいて、羊飼いがいないと狼は羊を食べる、さあ二人乗りのボートで全員無事に向こう側に辿り着くためにはどういう風にすればいいか、みたいな。ああいうのあるじゃないですか。布袋寅泰高岡早紀を二人だけにすると保阪尚希は出家します、さあ全員無宗教のまま川の向こうに渡るには、みたいなやつあるじゃないですか。結局世の中ってアレと同じだと思うんですよね。例えばノリで、すげえ毎日缶コーヒー飲んでたらプルタブがドラム缶一杯に貯まったから健常者だけど車椅子で街に繰り出すとするじゃないですか、ものの一時間で歩けないフリ中断して立ち上がって車椅子蹴り倒して相手に殴りかかるみたいな、そんな理不尽なメに出くわす可能性って全然ないこたないと思うんですよね。「ベビーカーうざってえからな」って言うのは簡単ですけど、それが本心だとしても、「いやだからってそこまでせんでも、っていうかお前頭おかしいやろ」って立ち上がって車椅子蹴り倒して殴りかかりたくなるような悪意ってきっとたくさんあるんですよ。そういう狼がいる中で、羊飼いとして貴方は、どういうスタンス取りますかみたいな、そういう話だと思うんすよね。この話に限らず色んな話で。以上です。

広告を非表示にする