読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

前倒し日記:USJ編

一番最初に行ったのは、本当に一番最初なんですよね。僕はその当時北海道に住んでたんですけど、たまたまボーイスカウトの全国イベントがあったのかな、全国イベントのことをボーイスカウト界隈ではジャンボリーとか言うんですよ。意味は聞かないでとしかこっちも言えないんですけど、全国選手権のことをみんなでジャンボリー呼ばわりしてまして、主題歌があって、たぶんその年の主題歌のサビは♪オージャンボジャンボジャンボリーオージャンボリーだった気がするんですけど、4年おきの開催なんですけど4年前は♪ジャ~ンボリ~ジャンボ~リ~ジャンボリ~だったんですけど、そこらへんは僕ももうこれ以上詳細に語ることはできないですから察してとしか言えないですけど、ともあれ其の時それが大阪の舞洲開催だったんで、其の時にUSJも行ったんですよ。あと、ジャンボリーに毎回主題歌が設定されることに疑問を持ってる奴は全員置いていきますけどね、この後出てこないですから、幽遊白書の1,2巻くらいの感じなんでそこは捨て置いていきますけども、それで、大阪舞洲で開催されたその年、それがUSJオープン初年度だったんですよね。足で踏むと水が出る機構の一斗缶を3つ4つ積んだくらいのペダルを踏むと水が出るアレ、アレから錆びた水が出てジャンガジャンガなってた時ですよね、みなさんご存知ですかね、USJは初年度にそういう衛生面でやらかすっていう今思い出してもすげえ笑えるアカンヤロをやらかしてたんですけれども。足で踏むと出る水とか飲料じゃなきゃ何なのと思って、だって疑わないじゃないですか、なんならファンタ出てもちょっとびっくりするでしょう、そういう状況下でみんな何の疑問も持たず飲んでたらそんなことになっちゃって、アレは結局食中毒だったんですかねわかんないですけど、大丈夫かよと思いながら当時高校生の僕は飛行機に乗りましたけどね人生初めての飛行機ですよそりゃ当然靴を脱いで、俺のチョキで両靴のくるぶしの側の面を押さえ込んで持ち込みまして何せ初めてだったもんですから、そうやって何とか大阪に入りましたけども、笑ったんがめっちゃ「マジメですよ」の顔でスタッフさんが水を配ってましたよね、水道水使われんくなってたんでペットボトルの水をすげー随所で配ってました。このブログを書いてる人は、ズイショを名乗ってるんですけど、それゆえに「随所」という単語をブログで用いるのはすごい稀ですよね、よっぽど随所で水を配っていない限りはなかなかこんなこと言わないですよ。それくらい水を配ってましたけどね、メーカーはたしかコカコーラ、当時は『いろはす』ではなかったんですよね、その前身なんだっけな俺の記憶で言えば『森の天然水』なんですけどたぶん間違ってるんですよ、割りとイイセン言ってるとは思うけど全く百点満点の正解ではないんですよ、何せ『森の天然水』が正解だとするとそれはもう完全に『桃の天然水』のライバルって話にしかなりませんから、桃の天然水ってアレまあまあ桃の味してしましたからね森の天然水も森の味しないとツジツマ合わないことになりますけれども、桃の天然水華原朋美がCMやってて、なんか白ピンクの浴衣とか着てたのかなそんな感じだと思うんですけど、森の天然水はたしかマークパンサーが森でパンサーと戦ってるみたいなCMでしたよね、それで勝ったほうのパンサーが華原朋美と闘うみたいなルールだったんですけどもつまり華原朋美は決勝進出でマークパンサーと森のパンサーが準決勝だったわけですけれども決勝の種目はテトリスだったんで小室のえこひいき感がすごい。絶対にテトリス得意なの華原朋美じゃなくて宇多田ヒカルなの分かってて言ってますけどね、詰まるところ僕の初めてのUSJの思い出ってそんなもんですよね。2回目行った時はなんか後ろ向きのジェットコースターが新設されていて、耳元から音が出るんだけれどそれのメインテーマがドリカムの大阪なんとかみたいな歌で、俺はそれを聞きながら後ろ向きにスピーディーな風を感じたが、この声の出所であるところの吉田美和の口がでかいのを僕は十分に知っていたのでこのまま食べられやしないかととても不安な気持ちになった。バックドラフトは、冬に行くと暖を取りたい気持ちから意外と足が向く。

まー遠足でもそうですけど、行く前が一番楽しいとか言うじゃないですか。だからまた今度USJ行くんですけど、行った後とか意外とテンション下がってそんな書くことないなとかなりそうじゃないですか、なのでUSJ近々行く予定あるんですけど、むしろ行く前に書きました。前倒しで。主に思い出を。以上です。

広告を非表示にする