読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

家庭の味はみんなで話し合って作っていけばいいじゃない

「もしかしてあたしメシマズ嫁かしら」みたいなブログ記事を見かけてそれがすごい盛り上がってたんですけど、家事分業の我が家も僕がからっきしなもんで料理についてはまるで嫁さんに任せっきりなのですげえ恐る恐る近づくんですけど、ビクビクしながら一歩足を前に出すたびに引き摺ってるトラバサミをガッシャンガッシャン言わせてるんですけど、それもうやられてるじゃんっていう、既にその地帯を歩くにあたって恐れるべき理由は喰らってるんだからもう恐る恐るじゃなくていいだろっていう。

それでもね、「文句言うならてめえが作れよ」って言われてもそれはちょっと違うでしょってのがあって、言い方の問題はありますよ、そりゃてめえが作らない癖に「まずいぞどうなってんだこの野郎」なんて言い草は良くないですよ、でも別に「この家の料理は嫁さんの担当ね」という取り決めを互いの合意のうえで結んでいるのであれば例えば嫁さんが俺に「服はこういう風に畳んで欲しいのね」とか「皿はこれくらい丁寧に洗って欲しいのね、ちょっと昨日のは汚れが残ってたのよね」とか言うように、「ちょっと味がアレかなと思うんだけどうまく改善できないかしらね」という話をするのには何の問題もないはずじゃないですか。それくらいは言わせてよ。ましてや、まぁ色々パターンはあると思うんですけど「レシピに我流でアレンジを加えたらちょっと変になっちゃったんだけど、まぁ毒を混ぜたわけでもないし食べれないこともないよね、良かれと思ってやったことだしいいじゃない」って言われちゃあ、それもうとんねるずじゃないですか。若手の家に泊まりに行って内装の壁を勝手に塗り替えたりするとんねるずじゃないですか。とんねるずとは一緒に暮らせねえですよ。

そりゃああんまりとやかく言われちゃむかつくってのはあるかもしれませんけど「私しかできない私の管轄なんだからちょっとやそっとのことでガタガタ言うな私の好きにさせろ」っていうのはやっぱ乱暴な話ですよ、例えばね、子供が生まれたから実家のお義父さんとお義母さんにビデオ通話で孫の様子を気軽に見せてやれるようにiPadでもプレゼントしようってなって、でもお義父さんお義母さんそんなパソコンとか難しくてよくわからないから設定はよろしく頼んだよって時にまぁ俺がやる担当になるじゃないですか。それで俺が魔方陣の真ん中で血まみれになって倒れてる供物として捧げられたヤギの画像をデスクトップに設定したらお前ちょっと待てよってなるじゃないですか。ビデオ通話の発着信音を棒で叩かれてる吊るされたヤギの鳴き声に設定したら絶対怒られるに決まってるじゃないですか。俺的にはアレンジなんですよ。機械にはてんで疎いお義父さんお義母さんからしたらiPadでのビデオ通話なんてほとんど魔術みたいなもんじゃないですか、だから供物を捧げてるっぽさ出した方がもしかしたらすんなり受け入れられるんじゃないのかな、逆にヤギの血を捧げることでこのビデオ通話は成立してるんですよってことにしておかないと通話してる間にちょっとずつ魂とか吸われてるんちゃうかみたいな心配をしちゃうかもしれないじゃないですか、そういう要らぬ心配をさせないための工夫なんですよiPadは俺に任せるって言ったんだから俺の工夫を認めろよって言っても絶対ダメじゃないですか。それと同じなんで「私が料理作ってるんだからいいでしょ」ってのはあんまり通らないと思うんですよね。

なのでまぁ、旦那さんなり子供なりが言ってやりゃあいいんですよ。勘弁してくれって。それを汲んでくれないならそれはもうとんねるずですよ。そんな変に面白くしなくていいですから、本なり何なりのレシピ通りに作ればそんな変なことにはならないのだから、むしろそれで変になったとしてもそれは不可抗力というか仕方のないことですから、そもそも当てにしてたレシピがダメだったのかどこか間違えてレシピ通りに作れていなかったのか、味がどう物足りないか違和感あるかを素直に口にしながら家族みんなでその家庭なりの答えを探していけばいいじゃないですか。別にそんなとんねるず的な面白さを攻めなくたって、そうしておいしいご飯を模索していくのもそれなりに面白いんじゃねえかなと思うんですよね。ちょっと違う話ですけど、僕はある時から、自分も自分なりに彼女に似合うのはどれだろうと考えながら一緒に回ることでショッピングとか付き合うのもあんまり苦にならなくなりましたよ。何事もというと言い過ぎかもしれませんけど、相手に任せっきりにするより自分の好き勝手にやるより、そうやってみんなで考えながらやってこうって方がせっかく一緒に住んでるんだし楽しいんじゃないかと思うんですけどねぇ。

なお、我が家はここまでに書いたようなノリで味付けについて話すことなどは勿論ありますが比較的穏やかにいつもおいしいご飯を作ってくれているのでいつもお礼を言うようにしています。過去一番堪えたのは新婚当初、なんかわからんけど賞味期限が近づいた時に余っちゃってた卵が全部天津飯になるシステムを嫁が採用していたので都合月2,3くらいのペースで天津飯が出てきてたやつです。以上です。

広告を非表示にする