読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

鳩が出てくる都市伝説特集

ロールスロイスを運ぶ鳩

ロールスロイスが故障してしまい砂漠で立ち往生してしまった男が無線で連絡したところ無数の鳩が新品のロールスロイスを運んできて代わりに故障したロールスロイスを回収して帰っていった。後日、男がロールスロイス社に改めて連絡したところ「何を言ってるんですか?ロールスロイスは故障なんてクルッポー?」と言われたという。

 

鳩の世界へようこそ

海外旅行をしていた男が行きずりの女と一夜を明かしたが、朝になって目を覚ますと既に女の姿はなく、鏡には「鳩の世界へようこそ」とのメッセージが口紅で残されており男の顔は鳩になっていた。

 

ベッドの下の男

女子大生が友人を連れて一人暮らしをする自宅に戻ったが、腰を落ち着けるやいなやコンビニに行こうと言い出す友人。渋々部屋を出た友人は青ざめた顔でこう言った。「気付かなかったの?ベッドの下に鳩を持った男がいたのよ」と。

 

電気をつけなくてよかったね

ルームメイトと二人暮らしをする女性が深夜に帰宅し、既に寝ているであろうルームメイトを気遣い電気をつけずにそのまま就寝した。翌朝目が覚めるとビックリ、部屋中なんと鳩だらけ、ルームメイトは鳩まみれになって殺されていた。部屋には「電気をつけなくてよかったね」という殺人犯のメッセージが鳩語で残されていた。

 

鳩部屋

中古の一軒家を買ったものの間取りを考えるとなぜか空洞になっているスペースがあることに気付く。そのスペースに面する壁紙を剥がすとそこには釘付けされた扉が隠されていた。恐る恐る中を覗くとその部屋の壁には一面びっしりと「クルッポークルッポー」と書き殴られていたという。

 

お父さん、なんで?

些細な口論をきっかけに鳩を殺してしまった男が、鳩を埋めて隠し、息子には「鳩は豆を探しに行った」と嘘をつく。それからしばらく経ったある日、息子は怪訝そうな顔をして男にこう尋ねるのであった。「お父さん、なんでいつも肩に鳩を乗せているの?」と。

 

鳩の警察官

ある日、独り暮らしをする女性の自宅に警察官の制服を着た鳩が訪ねてくる。近所で起きた殺人事件について目撃情報を募っているらしい。女性がドア越しに「何も知りません」と答えると鳩は帰っていった。後日、テレビでその殺人事件の犯人が捕まったという報道が流れるがそこに映っていた犯人はなんと家を訪ねてきた鳩だった。女性は鳩が豆鉄砲を喰らったような顔になったという。

 

 

宣伝

寄稿記事でも鳩の話をしています。

広告を非表示にする