←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

ブログを書き続けるためにはうんたらみたいな話します。

トピック「ブログを書き続ける」 - はてなブログ

ブログを毎日書き続けるのはたいへんです。継続するブログについて意見が交換されているようです。

こんなんあったんで何か書きますー。一般的に見てあんまり参考にならなさそうな奴のブログ論だぞー、みんな(特にブログマネタイズを考えてるやつ)逃げろーつってね。なんか映画とか本の感想書く時とか稀にAmazon使ってますけど、まー金にはならないですよね。それ以外の例えばクリック広告とか導入考えたことないですけどもし導入するとするならば僕たまに発作のように下品なこと言い出すんでやっぱアイモバイルかなー。よくわかんないけど他のサイト見た感じアイモバイルさんは下品に寛大でしょ。全然関係ないけど最近のエロ漫画の広告って時間停止とか少子化による法改正とか村のシキタリとか恋愛関係の構築による合意形成以外の手段によってセックス可能な状況になるみたいな設定がやたら目につくよね、そういうシチュエーションの需要がもし本当に多いのだとしたらそれはあんまりよくないんじゃないかなーとかはちょっと思うよね。あと女の子の感度がすごく良い描写が多いね。それは昔からだね。ずっとそう。ずっと、ずーーっと。

そんなわけで、僕もなんだかんだ言ってはてなブログ始めて一年半、その前にやってたワードプレスのサイトを含めるともう二年くらい定期的になんか長い文章を書いてるわけですね。最初指折り数えてやろうかなと思ったんですけど、何せたかだか二年なもんで指折りで数えるにはどうにも味気ないな物足りないなと思いまして、思い切って大胆にも肘折り数えてみたところ「頑張るぞ!」のポーズになりました僕こと俺です。両の手は軽く軽ーく握ってやわらかい拳を作るような感じで顎の両サイドに添えておりますので、これで今、白いタートルネックを着て襟元で口元を隠したら俺すごいかわいい感じになるんじゃないかな、俺自身強く強くそう思う、そんなとっても可愛らしい「頑張るぞ!」のポーズでブログを書き綴る俺こと僕です。上目遣いで足でキーボード打ってます。こういう本題と全然関係ない話でどんどん間延びして、結果累計どんだけ全然関係ない話を何千字何万字お送りしているんだろうかとかあんまり考えたくないよね。アイモバイルの広告の話もよくよく考えたら関係ないよねって思ったし、読み返したら始める直前に「全然関係ないけど」ってちゃんと宣言してたのでそこまで深刻に捉える必要はないのかなと思いました。お前もそう思うよな、犬!

犬「わん!」

とりあえず、ブログ始めたい人、始めてる人とか頑張ってる人に思うのは毎日更新は別にやらんでいいと思いますよ。書くこと無いのに無理に書くのってあんま良くないんじゃないかなと思う。ヅラを外してヅラを胸に当てて目を閉じて振り返るに、たとえば朝礼の校長全然おもんなかったでしょ、大体あんな感じです。喋らないといけないから仕方なく喋る人ってだいたい全然おもんないんですよ。なので、無理しておもんないこと言うくらいだったら更新しない方が断然マシですよ。あとこれも禿げあがってる校長の話に絡んでくるんですけど、あんま有意義なことは言おうとしない方がいいですね。朝礼の校長はそれなりに有意義でタメになる話をしようと心がけてあのザマなんだろうなと思うわけですけど、貴方、校長の朝礼の話が琴線に触れたことがどれだけありますかって話なんですよ。ないでしょう。そもそも他人にとって有益な情報を発信しようみたいな根性がおこがましいんですよ、だって貴方ね、これまでの人生において、「貴方のお話大変有益で有意義でしたどうもありがとうございます」とか言われたこと何遍ありますか? 普通に生きてりゃあそんな相手が異性であれば如何にも如何様にもセックスに持ち込めそうなフレーズ、なかなかお目にかかれないと思うんですよ。普段生きてて出来なかったことを、なぜブログであれば出来ると思って目標に掲げてしまうんですか、そんなもん「このクラスでバトルロワイヤルをやるとなれば、俺そこそこ生き残れる自信あるけどな」って思っちゃってるイケてない中学生と大差ないわけですよ。なのでそういう思い上がりは捨てましょう、その思い上がりはやがて貴方のハードルとなり足枷となり、貴方のブログ書きたい意欲を疎外するでしょう。

待ってー!みんなちょっと待ってー!俺の話聞いてー! ちゃんとここからじゃあどうすればいいのかみたいな話するからもうちょっとみんな待ってー!ほんとみんな毎度メンゴなー。

とりあえず、毎日更新なんかしなくていいですよ、無理に毎日書いたって面白くなんて書けやしないんだから。ってのを大前提として、「でも更新頻度少ないと折角来てくれた一見さんはリピーターにならないから」みたいなのあると思うんですけど、それはあんま気にしなくていいのかなぁと思う。経験上リピーターなんてよっぽど特殊な人たちだから、そこは更新頻度との相関性ないよね。それよか、どうもブログ書けない日に無理して書くくらいなら、身も蓋もない話をすれば他のブログをテキトーに巡回してそれがはてなブログに書かれた記事なのであれば面白かったら星つけるとかやっといたほうがよっぽど有意義だから。読むのめんどくさいなーと思うかもしれませんけど、書くのよりはラクです。そして何より、人にとって一番おもんなく見える文章というのは自分で書いた文章であって、それに比べれば他人の書いた文章っていうのは意外と良くも悪くも面白がれるもんです、書くよりかは読むほうがよっぽどラクでオモシロいです。なお二番目におもんなく見えるのは、僕で言えば東野圭吾です。はい、無駄に敵作ったー!無駄に敵作ったバッジを今すぐ俺にください。とりあえず、ブログ書かないなら5分でも10分でも自分で見つけたオモチロい人のブログでも読んでおく、それだけやっとけば少なくとも「もうなんかビックリするくらいPVがないんだけど、壊れたんじゃないのかなっていうくらいアクセス解析回らないんだけど、これちょろっと犯罪予告しても意外とスルーされるんじゃないのかな」みたいな状況には陥りませんから。「人に見られてないのに書いても仕方ないんじゃないかなぁ」みたいな更新意欲の疎外があるとするならば、それはたぶん30PVとかあれば意外とスルッと乗り越えられるんじゃねぇのかなぁと思います。「ああ、読んでるやついるんだなぁ」って感覚は意外と簡単に得られるもんですよ。もしその程度のPVで納得できない奴は身の程を知らない思い上がった糞野郎なので今から僕が顔面ぶん殴って前歯へし折ってやろうかなと思います、なので如何にも殴られたら前歯折れそうな面白い変顔をどうぞよろしくお願い致します。まだまだ残暑も厳しいようです、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

じゃーまー、毎日更新しなくていいですよって話をしたうえで、じゃあ何書けばいいんですかって話なんですけど、ヅラがワッペンの校長先生は、朝礼は糞つまんないんですけど、結婚式のスピーチ任されると意外と良いスピーチするよなみたいなのあると思うんですよね。面白かったブログ記事ってだいたいそういうところあるような気がする。そういうスピーチの時の校長先生の感じが大事なんだろうなと思うわけですね。こう、ブログ書いてる人のつぶやきなんかがtwitterやってると流れてくるわけですけど、「これはブログのネタになるかも!」とか言ってるんですけど、たぶんああいうのあんま良くない。普段朝礼でいまいちおもんないこと言ってる校長先生が、教え子の結婚式のスピーチでウケてる時に何を喋ってるかというと、たぶん「普通に朝礼で喋ってもこの話全然つまらないって思われるだろうな」って話をしてると思うんですよね。そりゃあそこには変にポジティブな欲もあると思いますよ、「でも結婚式のこの場ならウケるかもな!」みたいな感覚はあると思いますけれども、根っこにあるのは「日常の中で喋ったらたぶん全然ウケないだろうな」って感覚だと思うんですよね。日常の中でウケないだろうな、でも言いたいけど何処で言えばいいのかな、言えそうな場所があるならちょっと試しに言ってみたいもんだな、くらいの話がそこそこ知らん人でも興味持てるかもしれないギリギリのラインで、むしろ「この前リアルでこんな話したからウケたので、これはブログのネタになるかもな」みたいな感覚の話は全然おもんない可能性高いよなーとか思うんです。いや、ウケるかもしれないけどそういうネタの探し方はしんどいだろうし継続するの難しそうだよなーみたいなことは思うわけです。

なんか、間違って面白いエントリの飛ばし方みたいな話に寄り過ぎて、間違ったなと思ってるんですけど、ここまで言ったこと全部参考にした結果の炎上ブロガーとか全然出来上がりうるな、と思って今ちょっと忸怩たる想いなんですけど、ここまで書いた3000字とか惜しいんでこのまんま行きますけど、

さっき言ってたこと全部ぶん投げて言えば、ここまでのこと全部意識したうえで、テキトーにいっぱい書いてたらそれなりに良いことありますよ、くらいです。あんま長くない、短い、バババッと書くやつを量産しても他人からすると何のこっちゃわからんので、ちょっと得るもん無くてしんどいかなーって気はします。そんな記事の数で言えばいっぱい書かんでもいいんじゃないかなーとは思うんですけど、「これは友人なり同僚なりに面白おかしく言うのむずいなー」みたいなことを時間かけていっぱい書いてアップする、みたいなのを、毎日じゃなくていいんで気の向いたままに書いてたら、なんか気の合う人らが勝手にやってきて、なんかそれなりにともだちが出来たりしますよ、みたいな。僕は現状そんな感じで面白おかしくやってるんでそれまでですけど、そこを起点にして、もっとたくさんの人に読まれるにはとかそんな話が出てくるもんであって、とりあえず最初の目標は「なんかブログでちゃんと人とつながったぞ」みたいな感覚であって、そのためにはこんなんがいいんじゃねーでしょうか、みたいな本文でした。読み返してないけど、書き終わった感と共に振り返るにあんまボケてなかった気がする。えーっと、うんこ。

あとは、書く時間と文量を一致させよう!さんざ長いことパソコンに向かって、出来上がった字数が少ないとか無駄です!繊細に言葉紡いでも誰もマジメに読みません!とか、そんな話しようかと思ったんですけど、そもそもたしか一行目書き始めた時そういう話をする予定だったんですけど、なんか全然違う話始まったしもう今なんか眠いんで、そういうのはまた次の機会にします。

最後に言うなよって感じなんですけど、なんかいつもどおりひどいんで、もちろんそんな長い射程は考えてないんですけど、なんかいっつもこのブログ読んでて「俺も書いてみよっかなー」で止まってる人とかいて、そういう人らが「あ、なんか書けそうだな」と思ったらいいかなーと思って書いてた気がしてきました。なので、そういう人に向けて俺は熱弁振るったんですよの顔で、どうぞ貴方の書いたブログに出会える日をいつだって心待ちにしながら、またなんかテキトーに書きなぐったりとか、僕はここでしておきますね。と、タートルネックで口元スッポリ隠して上目遣いの俺こと僕です。足です。以上です。

広告を非表示にする