←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

雌の胎児に成熟した時点で既に体内に一生分の卵子があるって構造がなんかめっちゃ怖い

今日、なんか夫の父親の精子体外受精してうんたらみたいな話題について嫁と喋ってたんだけれども、まー他の人は好きにしたらいいけど俺は親父の子供育てるとか嫌すぎる、そりゃー何せガキは弱いからワンパンでアレできるからエディプス・コンプレックスを仮想的に克服するには持ってこいかもしれないけれども、という酷い話が出る程度には親父の精子から生まれた子供は恐らく俺の子に思えないだろうみたいな話をしてたんだけれども、余談として嫁から出た話で、掲題のとおり俺は昔から性別女の胎児が出来上がった時点でその身体の中にはその時期に差し掛かって以降毎月1つのペースで排出される卵子というやつが既に体内に保有されていて金玉で精製する男のそれとは異なり生命を授かった時点で既に一生分のストックが為されていてその後追加されることはないという人体の仕組みについて畏怖に近いものがあって怖いとか気持ち悪いに近いような女は生まれた時から女であり女とは母になりうる生物であり男はそうでもない感じがすごいなってこの話を聞くにつけて想いおっそろしーなーと思うわけなんですけれども、俺が昔っからそういうこと言ってるのを受けてで嫁の言うことには、つまりそうなってくると私のお祖母ちゃんが私の母親をお腹に授かっていた段階でそのお腹の中にいる胎児である母親の体内には既に私の原型がいたわけでみたいなことを嫁が言い出しまして、僕はそれを聞いてあかんあかんあかん怖い怖い怖い言うて、ほんと女っておっそろしーわーと思うんですけれども、俺のこのあかんあかんあかんの感覚が変で面白いなと思ったのは、「うわお前そんな、お前そんななの女怖い怖い怖い」みたいな感じで言うてたわけですけど言うてる僕の感覚が完全にお前はそんな感じでお祖母ちゃんがお母さん授かった時点がお前の起源かもしれないけれども俺の起源はあくまで親父の金玉に俺の原型が発生したタイミングですから、お前の原型が発生しただいぶ後の話ですから、みたいな感覚が怖い怖い怖いって言ってる俺の中にあったような気が今となってはするんだけれども別にそれもそんなことないからねっていう事実誤認っぷりが自分で面白かったですよね、男は精子出身・女は卵子出身ってのはふつーに考えりゃどう考えてもおかしな話ですから、嫁の話を受けるのであれば俺も彼女と同様にお祖母ちゃんのお腹にいる俺のおかんの胎児の体内に既にいたはずなのですけれども理屈で考えりゃそうなるわけですけれども全然ピンとこないですよね、嫁がそういう風に胎児のおかんの中にいたのはピンとくるんですけれども我が事となるとまったくピンとこないこの感じ、男は男であり女は女であるというこの断崖絶壁は、男と女で所帯を構えた今となっても感覚的には未だ全く持って断崖絶壁であって、いやー女は恐ろしいなーみたいなことを男っとこ前な顔でアンニュイに吐き出すしかない僕の顔は、男っとこ前に見えたらいいなぁと思う俺なのでした。あと、今日のわんこ文体で思い出したけど、全然関係ない話になるけど、NHKでやってる『花子とアン』な、宮本さんカツゼツ悪すぎて自分の息子の名前を決めるシーンで純平って名前を完全に「ジッペイ!」って言ってたやつな、ああいうの面白すぎるから俺やめた方がいいと思うんだよな。以上です。

広告を非表示にする