←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

キムタクの『HERO』普通に頑張って欲しい

一話見たんだけど普通に面白かった。北川景子がちょっとキツイなぁとは思うんだけど、まぁ毎週観てたらそのうち慣れるでしょう。で、なんかキムタクがんばれーと思うと共に、なんか思ったことを書くんだけど、あんまり得意じゃない話しぶりになるのでたぶん主語がでかかったり色々雑になる気がするんだけど、まぁ断定して論としてぶちかます気もないんで、キムタクが今回『HERO』をやるってのはこういうことかなーみたいな、キムタクにストーリーを与えたい角度からの話なので、色々大目に見たり嘘っぱちだと思いながら読んでくれた方がよさげです。

キムタクと言えばここ何年かドラマで主演しても惨敗してるイメージしかないけれども、これ完全に俺の想像なんだけどキムタク的にキツいだろうなぁって思うのはもちろん自分のドラマが数字獲れないのもキツいだろうけどもそれ以上に他の当たってるドラマ、そのドラマの主演が仮にキムタクだったとしたならば同じように数字獲れてるだろうかと考えるとそれって普通に考えてめちゃめちゃ想像しにくいよなぁってところで、それってつまりは本当の意味でお呼びじゃないってことじゃないですか。

キムタクがいつから連ドラにおいてオワコン的な扱いになり始めたのかちょっと調べるのめんどくさいからハショりますけど、そのーなんつーか漠然とした一昔前キムタク全盛期とここ最近の雰囲気を見比べてみて思うのは、作品を楽しむ側の人たちの目が肥えた、目が肥えたはちょっと違うな、受け取れる守備範囲が広がったとかになるのかな。自分とは全然違う特異なキャラクターや全然自分とは関係のない物語から共感できる部分だとか根っことしては自分と同じだと思える部分を探すのがみんな上手になったんじゃないかなって気がする。そんなん昔からみんなやってるじゃんって感じかもしれないけれども、ファンタジーの世界に没頭するとか物語のキャラクターに感情移入するとかとはちょっと違うくて、うまく言えないんだけども。キムタク全盛期の頃にキムタクが得意としていたドラマの傾向って、現実を全体的にちょっとキレイに描いたような、なんかそんな感じ。テレビドラマだから当たり前なんだけれども出てくる人はみんなそこそこにかっこよくてそこそこにかわいくて、考え方も現実の世界にいる人よりももう少しシンプルで、良い人は現実よりも分かりやすく良い人だし悪い人は現実よりも分かりやすく悪い人で、ただやってることとかは現実とはそこまで変わらなくて全体的にキレイで分かりやすいという意味で現実から少しズレた位相にあるというか階層にあるというか、そういう世界で「かっこいい普通の人」をやるのがキムタクの得意ジャンルだったんかなーって気がする。

で、まぁ別に何とかの以前以後って話でもないんだろうけども、何となくそういうものが陳腐化してあんまりおもしろくねえなって雰囲気になってきた。ドラマに求めるものってのは昔とそんなに変わらなくて「あーわかる」ってところを探す作業には違いないんだろうけれども、みんな探すのが上手になってきた。全然共感できない突飛なキャラクターでもちゃんと書いてやればそいつの考え方がそこらへんにいる人らの考え方の延長にあることが分かる、別にみんながよく喋る普通のラーメン屋一家なんかじゃなくても、自分が1ミリも経験したことがないような特異な家族関係にある登場人物の心情がどう動くだろうかとか考えられるようになってきた。目が肥えたというよりかは、想像力が豊かになったのかなー、なんかそこらへんを補う想像力って想像力は想像力なんだけれども映画で想像力を発揮する脳の部位とアニメで想像力を発揮する脳の部位とドラマで想像力を発揮する部位はそれぞれ別のような気がして、この三つで比べて言えばどういうわけかは分からないがドラマにおいて想像力を発揮する脳の部位が日本人はかつて一番貧弱だったんじゃねーかなーって感じがする。で、それがここ数年で発達してくるにつれて「貧弱な想像力でボンヤリと想像したかっこいい男が現実化したような存在」の代表格であるようなキムタクって必要なくなってきちゃって、もっと個性的で好き好みが分かれるような顔だったり演技だったりの男の人たちが「想像力で補ってめっちゃかっこいい男だと認識したり認識できねえよって言ったりする」というドラマの観方の中で持て囃されるようになったんかなーみたいな。

で、まぁそういう風に世の中変わったんだなと考えると、そりゃあもうキムタクなんて全然いらねえや、どうしようもねえなってなってたのもめっちゃ分かるんだよね。そこで出てきたのが、そうだ久利生公平がいたじゃないか!っていうことですよね。なので流れとしてはすげーわかる。すげーわかるし、なんか普通にイケるような気もする。むしろこれでイケないんだったらもうマジでキムタクってドラマに必要ないんじゃねえかなとも思えるので、何とか頑張って欲しいみたいなね。ドラマ本編もまぁそれなりに楽しめるのでいいんだけれども、そういうキムタクそのもののストーリーみたいな、今の風潮とか時代の雰囲気みたいなものを意識しながら見てるとテレビってまじでおもろい。今回の『HERO』も面白そうだけど先陣切って復刻してた『ショムニ』が全力で振りきれて滑ってたのでそれだけでちょっと味噌がついてるけど頑張れキムタク、みたいなね。他はあんまりあらすじだけ見てピンときて録画しようってなるほどのドラマが今季ないもんで誰かオススメあったら教えてくれよって思うけどtwitterのTLにもテレビの話してるやついねえし、リアルで喋る人らもテレビなんて見てないし、テレビ自体終わってると言われれば、まぁそれなりに終わってるんでしょうね、とは思う。俺は面白いけどねテレビ。以上です。

広告を非表示にする