←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

自分の話をするばかりで関係性の構築を拒否する人

隠し事を公表するためだけに匿名にするということではないし、表で言わない方がいいこともある - 斗比主閲子の姑日記

これ読んでなんか思ったんで全然関係ない話します。元記事で取り上げてる人のことはあんま知らないし、ネットの実名/匿名の話ですらないです。俺にはそういう風に見えている、俺の一般論、つまり俺の思い込みの話ですがご了承ください。

「俺って隠し事できないから」「俺って思ったこと全部言っちゃうタイプなんだよね」って人が世の中にいるわけですけれども、これで一括りにするのってすげぇ乱暴だよなぁってのはまず思うんですよね。単純に「何を思うか」「何を言うか」っていうそれだけの話なんですけど。例えば僕が「俺ブルーハーツすげぇ好きでヒロト兄やんのこと超尊敬してるんだ」って言うとするじゃないですか、これに対して「俺ブルーハーツ嫌い、あんな青臭え泥臭えもん何がありがたいんだか全然わかんねぇや」って言う人と「そうなんだ、ところで俺、美人の女性を見かけたらこの人のうんこ食いてぇなって思うんだ」って言う人がいたとするならば、これ言い方でいうと両者ともに「思ったこと全部言っちゃうタイプ」になるんでしょうけどヤバさが全然違うわけじゃないですか。前者だってそりゃあムッとしますけど後者に関してはどうやって会話を打ち切ろうかなって話になるじゃないですか、全然用事が無い乗り換え接続がある駅で無駄に降りたいなって思うじゃないですか。なんか、ここの線引きを曖昧にするマジックワードとしての「あけすけ」だとか「オープン戦略」みたいなフレーズが機能してるよなーって思うことが時たまあるわけですよ。

世間では「ありのままで」みたいなフレーズがそろそろDVD&ブルーレイカミングスーンとのことで、もういい加減いいだろ、みたいな。僕あれ観てないんでそんなお尻突き上げて全力の前傾姿勢で飛びかかるほどの思い入れもないんですけど、観てる人はもう買うから!もう放っといて!そんな騒がなくてもTSUTAYAで借りられるようになったら俺もちゃんと観るから!それよりあのタイ行きの飛行機内で全編観た字幕ないシュガーラッシュを新作料金で観るの嫌すぎるんだけど、だってピクサーすごいから、何言ってるか分からなくても十分に感動できたからストーリー掴めてるから、新作料金で観るのは吝かなんだけどもいつ旧作になるのさあれ!そしてそのついでに観るから、アナ雪!アナ雪は新作料金で観るから!みたいな感じなんですけど、どうなんでしょう、アレが売れているということは僕は少数派なのかもしれませんけど観てないのでほんとのところは分かりませんけれども僕はどっちかっていうと「ありのままなんて糞喰らえ」みたいなところがあって。「ありのまま」って普通にあれ他者を拒絶するキーワードじゃねぇのかなとか思うんですよね。ありのままの俺を受け容れてくれる存在なんて消去法で言って10年前の俺のお母さんくらいですよ、今はもう無理だよね、たぶん10年前でもお母さんはだいぶお母さんのありのままを捨てて俺のありのままをギリギリ受け容れてくれるかくれないかくらいだったと思うよね。まぁ俺は10年前既にありのままじゃあなかったんだろうけれども。

思うのは、俺はビジネスっぽい格言のすべての責は松下幸之助に押し付けたいなと思うんだけど、松下幸之助じゃない人が言ってたとしてもとりあえず松下幸之助に押し付けておけばあの人だいぶ良い顔したおじいちゃんだし全部許してくれるんじゃねぇかなみたいなところありますけれども、例えば「仕事は作るもんだ」なんてフレーズがあるわけですけれども、このブログ内、俺が自治権を要するこのブログ内においてはこの言葉を残したのは松下幸之助なわけですけれども、この「仕事」と言うことを拡大解釈すると、「役割」もそうですし「台詞」もそうだと思うんです。どうだ、そうなんだろ幸之助!つってね。俺の言ってること間違ってないと思うならそうおっしゃい幸之助、ほらカントリィマァムだよ!カントリィマァムが欲しかったら「ですね」とお言い!!つまり私が、今、こうして、ブログをね、ペペペーッと書いてるわけですけれども、その中で私が、貴方に向けて、「書かなくてはならない」と感じることというのも、これは私が作らなくては存在しえないものだなぁ、などと思うんですよね。別に俺は影響力があるぞとかそういう話ではなくて、ないので、アブラムシほどの影響力がないので、キャベツ農家とアブラムシの関係以上に希薄な私と貴方がいて、私がいて、貴方がいて、私が貴方に言うこと、言う必然性、というものは私自身が作らないことにはどうにも説得力がねえですよね、それが無い限りにはそれは仕事というよりかはオナニーに近い性質になりますよねってことを思うんです。

単純に前段までのがすげぇ長い言い訳でこのパラグラフで「俺にはそう見える人」を俺がdisるっていう構成の糞記事が今まさに貴方が目にしてるコレなんですけど、すぐ自分の話をする人って単純にそういう関係性を作るのがめんどくさい人なんじゃねぇの?って思っちゃうわけです。「隠し事できないんです」とか言って自分のことグチャグチャ喋りますけど、こっちは問い詰めてないじゃないですか。聞いてもいないことベラベラ喋って「僕自分に嘘つけないんで」とか言われたって、こっちからすると今そんな話してねぇしみたいな。僕と貴方の間に適切な飛び石を配置して、二人とも実家に行った時にパジャマ代わりに履くゴムゆるゆるの中学の指定ジャージを装備してずり落ちないようにガッと両の手で腰のところを支えて、お互いのほんとのところに繋がってる飛び石をお互いにピョンピョンして、真ん中あたりでハイタッチ、もう片っぽの手はジャージがずり落ちないように必死に鷲づかみにしてる状態でのハイタッチ、コミュニケーションってそういうことなんじゃねぇのかなって思うんですけど。僕と貴方の共通項を探るでもなく、「そういうのめんどくせぇから俺は俺の話を唐突にします」って人がいて、それに対して普通の人がするリアクションって「ああ、めんどくせぇな」っていう画一的なもののはずなんですけど、「ああ、そうなんです。俺こそは俺ならではの俺らしいめんどくさい人なんですよ俺」って受け止められて、別にこっちとしては貴方の固有の貴方らしさは僕何一つ受け取ってなくて「受け取れ!」って苔生した岩をぶん投げてくる変な人だなって思いながらその岩を瞬間移動で避けてるだけのサイヤ人なんですけど、金髪なんですけど、GTではちょっと赤くなるんですけど。

別にそういう奴は死ねよってわけじゃないんですけど、もうちょっと何とかならんもんですかね。以上です。

広告を非表示にする