←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

美味しんぼが来週どういう話になろうとそれは別の話

このブログは基本数字を絡める必要がありそうな話はしないので(二度見しやがったあいつ二度見しやがったって1エントリで50回くらい言うとかはあるかもしれません)実際のところどうなのかについて言及したいことはありませんし、美味しんぼって漫画もあんまり読み込んでるわけでもなくて唯一の接点と言えばパネルがキャラの顔になってる美味しんぼパネルでポンを夢でプレイしたことがあるくらいで連鎖が決まると4至高!5至高!6至高!っていちいちうるさいんですけど、まぁそういうわけでやっとるなーくらいの感じで腕組んで見てたんですけど、一つだけすごく引っかかるのが、「これで来週、『そういう先入観からくる風評被害にはみんな気を付けよう』みたいな展開になったら大逆転だな」みたいなポジション取りしてる人とかちょっといてません? で、いたとして、仮にいたとして、「いや、それは全然大逆転じゃないよね?」っていうのだけすごい言いたかったのでテキストエディタ開きました。

例えば本場インドカレーが食えるカレー屋さんみたいなのが近所にあったとして、行くじゃないですか。で、カレー注文したらインド人が「喜んで!カレーワンお願いしま~す!」とか言ってカレーだけボンと出てきたから流石本場仕込みだな~スプーンねぇやとか言いながらさっそく手で食ったらこれが辛いの辛くないのってあとすげぇ熱い。おしぼりくださいつっても「ございません」水くださいつっても「ございません」って言われてとりあえず辛さを辛さで忘れようと思ってもう一口熱っち熱っちって言いながら手で掬って食べたら更に辛くてこれはもう俺ビックル飲まなきゃ死んじゃうなと思ってコンビニでビックル買おう一刻も早くビックル飲もうそうしないと俺死んじゃうなと思って「もうお釣り要らないから!」つってカレーまみれの千円札渡してカレーまみれの財布を持って足早に店を出ようとしたところで厨房の奥の方から出てきた店長っぽいターバン巻いたインド人が「もう30分ほどお待ち頂ければ辛さを中和するナンを提供できたのにうちのカレーの醍醐味が分からないとは愚かなお方だ。あとスプーン言ってくれたら出したのに。」って言われたら殴りたいじゃないですか。ナン事前に焼いとけよ、と。或いはナン焼きあがるまでカレー出すなよ、と。ナン出すタイミングも含めてお前は評価される立場にあるんちゃうんかいってことでまず一つ殴りたいのと、あと流暢な日本語での罵倒も殴りたい。差し当たって二回殴りたいじゃないですか。どうせここまで来たなら手は殴った後に洗いたいじゃないですか。もしこういう状況を一度喰らった場合は後日ナンとカレーを一緒にスプーンで食って普通にすげえうまかったとしてもそれはそれこれはこれでまったく別の問題として考えることになると思うんすよね。

「イエス、ママがいない!」問題の時とかも思ってたんですけどこの手の騒動の時によくある「とりあえず最後まで見て判断して欲しい」って全然通らない論理だと思うんですよね。毎週何曜日に放送するとか、週刊誌で連載するとか、全部そっちがわざわざそれいこうつって選択したそっちの都合なわけじゃないですか。こっちがやってくれと頼んでるもんでもないし。もっと言えば別にやろうと思えばMMRみたいに一挙二話掲載!後半は150ページから!とかやることで微妙な立ち位置を一週間保留することもなく中庸なスタンスを端的に示すことだってできたわけじゃないですか。そういう選択をしなかった時点で来週の展開なんか知ったこっちゃなく「あそこでああ終わる」っていうのはどうなの?って話になるのは仕方のないことだと思うんですよね。いや、作者の人がここから立ち位置を中庸に持ってくような人なのかどうかも知らないで言ってますけど。わざわざ週区切りで進行する形式を自らの意思で選択してそのうえで物議を醸す描写で一週間引っ張ってっていう状況になってる時点で、来週の展開でどれだけアクロバティックに八方丸く収めたところでやらかしちゃったことには変わりないわけで、もちろん作品全体の評価は作品全体の評価で後日やりたい人で別途勝手にやればいいと思うんですけど、それと今回の騒動ってのは分けて考えたほうがいいんじゃねぇかなぁとか。もちろん現実とリンクしてない話であればなんぼでも無茶して開き直っちゃっていいんでしょうけど。だってそこを結果オーライとかアリにしちゃうと、新聞とか最終的にちゃんと報道するならその過程で誤報飛ばしまくっていいみたいな話になってくるじゃないですか。あ、つまりはそういうことじゃないですか。カレー屋の下り要らなかったじゃないですか。以上です。

広告を非表示にする