←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

応援って難しい

ソチ五輪やってますけどスポーツを見るのが割と不得手な方なのであんまり興味なくて、オリンピックシーズンと言われても「うわ~次のTBSオールスター感謝祭で全然わからん問題ばっか出るピリオド来るな~」くらいなんですけど。あ、スピードスケートだけたまたま見ました。500mかな。二人ずつトラック?リンク?を走ってタイムを競うんですけど日本人の何とか選手とたまたま一緒に走る組だった外国人の何とか選手がスタート早々に転んじゃって、四年間の集大成で転んじゃって、仰向けになって亀みたいに背中を丸めて頭抱えて「うわ~~」ってポーズだし実際にも本人たぶんすげぇ「うわ~~」ってなってると思うんですけど氷の上なので転んだ後も慣性が働いて「うわ~~」のポーズのまま結構滑って進む感じが観てるこっちとしてもより一層悲壮感があって「うわ~~」ってなるし、どんまいとも言えないし、もうなんかほんと「うわ~~」としか言いようなかったんですけど。なんか二回走るみたいなルールなんですかねあれ。一回目の挑戦がみんな終わって二回目が始まるまでに結構時間が空くみたいでテレビ中継してる側としては尺が余りまくるわけですよ。そうなると当然ここまでのハイライトと言うことで前半戦の日本人選手の滑りをご覧くださいって流れになるんでたまたま日本人と一緒の組だったせいで「うわ~~」のポーズでツツツーッって滑ってくあの外国人が二回三回と繰り返し流されるというのを観て、うわ~~~~、うっわ~~~~~~~ってなった。たまたま見かけただけだから傷は浅かったですけど、俺がこの選手四年間ずっと応援してたらいったいどんなダメージをうけるんだろうと考えるだけでう~~~わ~~~~~~~~ゾッとしない。

僕はなんかこのうわ~~~~との適切な距離の取り方が分からなくて、別に「うわ~~~~~~wwwww」って処理することもやろうと思えばできるんですけど、「よし、もし何かあっても誰かがうわ~~な状況になったらとりあえず笑っとこう」という前提で応援するのもそれお前どうなのって話じゃないですか。プロ野球とかだったらそういう愛し方もあるんでしょうけど。

なんかそんな感じで「うわ~~~」が苦手なんでスポーツ観戦って全体的に苦手です。

熱狂すれば熱狂するほど熱心に応援すればするほど「う~わ~~~~」となってしまった時の自分の中での処理は大変だけれども、勝った時の喜びも一塩なくらい本当に熱心に応援してるからこそ「う~わ~~~」となるわけでそこはニコイチで両方引き受けるのがフェアってもんじゃねぇかなと思うんですね。別にこれはスポーツに限った話でもなくて、例えば俺は甲本ヒロトを一般人と比べて2~3万倍楽しんでいるわけですけれども果たしてヒロトがいつか死んだ時に俺が引き受ける悲しみはお前らの2~3万倍で済むのか、落ち込みすぎて有給全部消化するんじゃないか、みたいなそういうリスクも俺は背負ってるわけで。俺に限らず誰しもそういうリスクを覚悟して何かを好きになるわけじゃないですか。好きになること、一生懸命応援することってそういうことだと思うんですよ。

で、冬季五輪なんですけど、ネットでみんなの感想とか見てると、「みんなちゃんとうっわ~~~~~ってしてる?」みたいなの思う。なんか勝手に期待してテンション上げて応援するだけしてそれでメダル獲れたらワッショイワッショイする癖に、負けたら負けたで「うっわ~~~~~」を消化するフローそのものをみんなで進める共同作業として何なら気の合う仲間を探すイベントみたいなノリでこなしてない?みたいな。消化の仕方自体はぶっちゃけ一人でやるのであれば選手を賞賛するでも非難するでも陰謀説を考えるでも実のところ一人でやる分には人それぞれで何でもいいと思うんですけど、それをみんなでやって「誰かと共感できてるぜ~」感を満喫するのはなんか、なんかずるくない?とか思っちゃうんすよね。転んでもただでは起きない感じというか。どっちに転んでも楽しんでるな、みたいな。もちろんそういう風にオリンピックを楽しんでる人が悪い奴かっていうと、別にそういうことはなくて、「うっわ~~~」って一人でやるのしんどいから、取り分けしんどさを軽減させる便利装置としてネットが機能しちゃってるから昔に比べて余計目につきやすいってだけの話だとも思うし、各人一人一人お通夜のように応援してた選手がうまくいかなかった事実を噛み締めなさいって言いたいわけでもないんだけど、なんだろな、「お前はバイク事故で死んだけど、お前の彼女と俺、付き合うことになったから。俺お前の代わりに一生こいつのこと守るから。安らかに眠ってくれよ」みたいな。別に悪くないけどね。別に悪くない立ち止まってても仕方ないんだからお前らが付き合うことになるのは別に全然悪いことじゃないんだけど、悪いことじゃないんだけどなーんか、うっわ、うわうわうわ、うっわ~~~~~~~~~う~~~~~~わ~~~~~~~~~~~みたいなそういうのあるじゃないですか。なんかそれに近いノリを、国際的なスポーツ大会の話題を楽しそうにしてる人たちを見かけた時に感じることがあるんですよね。いいんだけど。うっわー、なんか、うっわー。以上です。

広告を非表示にする