←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

勝つ議論と、勝ち負け遊び

勝つ議論と、勝たない議論。 - 犬だって言いたいことがあるのだ。

これ読んでなんか思ったことをなんかまとまりなく。

勝った負けたにこだわるとろくなことがないし、勝った奴は勝った奴をやらなくちゃならないし負けた奴は負けた奴をやらなくちゃならないので実は負ける人どころか勝った人もそれなりに窮屈だ。なので、勝つ議論ってそんなに面白くないなというのはわかる。

あんま関係ない気がするんだけど大好きなこの漫画のことを思い出した。

ムーたち(1) (モーニングKC)

ムーたち(1) (モーニングKC)

 

これはお父さんとその息子がメインキャラクターのよくわからない漫画なのですが、毎回毎回よくわからないルールが登場します。例を挙げて説明するのがめんどくさいくらいよくわからないルールばかりなので「まぁ読んで」って感じなんですけど、ルールというかレギュレーションというか、とにかく変な切り口でものごとを変に解釈してしまってその解釈を拡大していって世界を変な風に面白く捉えなおすみたいなそういう遊びを親子が延々くり返すというとってもうまく言えない漫画なんですけど、彼らは共通のルールを作ってその中で楽しく遊ぶためにルール内でのアリやナシやとか勝ち負けにすげぇマジメです。このマジメはフェアとか言い換えることもできるかもしれません。

これと似たようなことって案外みんな普通にやってて。例えば、携帯ショップで待ち時間持て余してたら待合スペースの一角のキッズコーナーで小さい姉弟が遊んでて、おもちゃを両手に持ってママゴトみたいなことをしてたんだけど、小さい男の子が床を通ってた線路の模型を跨いだらお姉ちゃんに「線路のうえ通っちゃダメ!」つって怒られてて、それに対して弟も普通に「ごめん」とか謝ってんの。線路を跨いではいけないというルールは俺にとっては預かり知らないところなんだけど、どうもその二人の間では遊びを良く運ぶためのルールとして「線路は跨いではいけない」というものがあり互いにそれを不満なく尊重しているようだ。そういえば俺にも昔そんなことやってた時期はあるし、その後も鬼ごっこ好い加減飽きてきたなと思ったらルールを追加して遊び方を変えたりしていた。学校の休み時間でやってたトランプなんかもそういうところある。

結局そうやって飽きないように、楽しめるように、ルールを作ったり変えたり増やしたりを繰り返すことが人間のやってることのほとんどすべてで、今やってることも結局あの頃の延長に過ぎないんだよなぁなんてことも思ったりする。特に俺は子どもの頃からくっそ性格が悪い奴だったので鬼ごっこでもトランプでも平等に見せかけて格差の拡大や固定を促すようなルールを提案するのが得意だった。それをやると勝てる奴は面白いんだけど負ける奴は面白くないのでルールを守るのが馬鹿馬鹿しくなっちゃって喧嘩になったり遊びとして成立しなくなったり。その後結局遊んでないとつまらないので負けてた奴が自分が勝てそうな遊びを新たに考案してきて、それをみんなでちょっと遊んでみてバランスが良くなるように調整してちょうどいいところでしばらく遊ぶんだけどやっぱりみんなの飽きを狙ってルールの根っこを押さえようとする性格の悪い奴が暗躍したり。そんなことを繰り返してるうちにルールの策定に対するスタンスそのものがどうしても合わないなとなると仲たがいして一緒に遊ばなくなったり。そういう人間のずるくて駄目なところや悩ましい問題まで全部ひっくるめて今やってることってちょっとルールの握り方が複雑になっただけで全くもって子どもの頃と変わってないじゃないかと今書いててなんか驚いたぞ。

さて、ここからスムーズにあの時ちゃんとやれてた遊び方をレイヤーに勝たない議論良い議論の話につなげることができれば最高なんだけど、それをやるには俺の土曜の余白が足りない。掃除もしなくちゃならないし、買い物にも行かなくちゃならない。24時間は名が体を現している通りに有限なのだ。例えばこの一日24時間というルールの他にも、何も食わないと死ぬとか、食べてても100までには死ぬとか、寝ないと死ぬ、とか、こっちにはどうしようもなく変えられないルールがたくさんあってその中でうまくやるためにお金っていうルールができたりとか、法律とかがどんどん出来上がって、まぁここらへんは理論上は変えられないルールでも絶対に従わなくちゃいけないルールじゃなくて人間が作ったルールなんで食わないと死ぬみたいなルールとはちょっと違うんだろうけど、まぁそういう優先して考えなくちゃならないルールが気づいたら増えすぎちゃってあの頃の子どもみたいにルールそのものと遊ぶ余裕がなくなっちゃうんだよなとかそんなことは思うんだけども。まぁさすがに100まではまだまだあるんでそんなに急ぐ必要もなくえっちらおっちら考えていくようなそういう遊びを、引き続きここではやっていきたいなぁと思います。まとまってるっぽい言い方で実のところまとまってない。以上です。

広告を非表示にする