←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

貞操観念とかの話をダシに伝わらない絶望への処方箋的なやつ書きました

日本人以外は告白なんてしない

http://amarettotonic.hatenablog.com/entry/20140105/1388908133

読んだら面白かったです。

僕自身出来てない部分はまだまだあるしそれはきっと死ぬまでなくならないんだろうけど、自分の言ってることって「テイクイットイージーでいこうぜ」くらいのもんで、まぁそんな肩肘張らずにさ、身構えずに一つ一つズレを潰していけばみんな友達になれるよね、ていう。まぁそれは全くの嘘でお前は俺じゃないから俺のことなんて分かるわけないしお前のことも分かるわけないんだけど、「友達になれるよね」の設定でお互いに演じればパッと見は友達風の仕上がりになるしそれをお互いマジで演じてたら意外と気分も昂揚してほんとに友達なんじゃないかみたいな錯覚に陥るし、幸いにも神様は我々に百年ぽっちの寿命しかお与えにならなかったのでそれくらいの期間なら錯覚で乗り切れるんじゃないかみたいなことを考えている。しかし考えるのは簡単だけど実行するのは難しくて「テイクイットイージーつってんだろ」とか言って人の胸倉掴んだりロッカールームでロッカー殴りつけたりしてて、肩のプロテクターが邪魔で殴ってる本人のテンションとは裏腹にえらい小ぶりに殴りつけてるんですけど、それ全然テイクイットイージーじゃないよねみたいな。きっと生きるということはそういうことの繰り返しなんでしょうとか考えています。

上記のような考え方を以ってトライアンドエラーを繰り返せるコンディションに自分をどう持っていくか色々考えた結果、僕は「伝わらんのおもろい」「分かり合えないのおもろい」みたいな電気信号を発するシナプス(特命リサーチ200Xの白メッシュの佐野史郎の鼻から出ている先端が丸っこいボルトみたいなやつ)をビンビンにシゴき倒して、こんなに大きくなりました。母ちゃん見てくれこの姿。

つまり僕はコミュニケーションに纏わる話題について真性ドMと開花しているところがありなんやったらギャグボール2,3個飲み込んでるレベルで調教済なわけです。何の話かというと、僕は伝わりにくい領域の話題というのが大好物であり、冒頭に挙げた恋愛うんたらセックスのタイミングうんたらみたいな話題とかその典型で俺にとっては炭水化物みたいなもんなのです。毎日食べたい。茶碗三杯食べたい。なので面白く読んだんで折角だしついでになんか書きます。

いつものように全然踏まえず、読んだ結果僕が思ったことテキトーに書きます。僕が読んだ事実と筆をとった事実に因果関係はありますが、元記事の内容と僕が書く内容には因果関係ないです。

恋愛関連の話題でよく見かけるのが元記事にもある「付き合わないとセックスしないって言う女何なんだよ」みたいな話で。こういう意見がとりあえず日本ではマイノリティかは知らないけどある程度の反発喰らう、というのは前提としたうえで、僕が思ったのはそこの「付き合う」って言質取りたがるのは単純に負けに備えたお作法だよなってのこれ一つあります。ここでいう負けっていうのはたぶん「ヤリ捨て」とかそういうニュアンスの何かに落ち着くと思うんですけど、それを喰らった場合に「騙された!」って被害者然と振舞うためにも女性の側からすると絶対に押さえておかなくちゃならんポイントなのでしょう。自然なことだと思います。ただ、最悪被害者ぶれるなら負けてもいいかなと思って言質とってセックスするってのもこれ考えようによっちゃ当たり屋じゃねぇんだからって話になってくると思います。セックスというステップを重要視して亀のような貞操観念で男を遠ざけるならまだ話は分かるんだけど「付き合うならセックスする」ってどうなんだ。一竿の棒を握り締めた猿みたいな男子は、付き合うという言質を以って台の上に立つ権利を初めて獲得し、天井からぶらさがったバナナをってお前それどうなの?バナナも男性器のメタファーになっちゃってるけどそれっておかしくない?って話になると思うんですよ。負けた際の保険があるなら打って出て、万が一勝てたら(付き合えたら)儲けもんって考え方も非常にピュアじゃないよね、って話なんです。たぶん。それで「付き合わないとセックスしないよ」は女性にとっても良くないよ、みたいな言説*1もある部分では真で、そういう負けた際の保険を打っとくのが癖になっちゃうと本当に賭け値なしでこの人のこと大好きでもし出来ることならずっと一緒にいたいわって人に巡り合ってムーディーなキラ星を一緒に眺めて「あー今超キスしたい。そのあともっとしたい。してーわー。」ってなった時にもいつものノリで保険打ちにかかっちゃうんですよ。「付き合ってくれる?」とか言っちゃうわけで。そうすると男の側は「うわこいつ当たり屋か」って思って台無しになっちゃう可能性あるよってことを言ってるんですよね。それに気づいてる男の人たちは。

ただ、ここが最大の面白ポイントなんですけど、このようなある種の側面真実くんを男がいくら言っても全く説得力ないんですよ。だってちんちんぶら下げてるから。それを言う男がちんちんぶら下げててこの言説をぶん回すことで本人の望む望まないに関わらずセックスできる率が底上げされてる以上それが真実なのかイノセントなセックスアプローチテクニックなのか女性(あと貞操観念強めの男性)の側から判別できるわきゃないんですよ。ここのもどかしさがもう身悶えするほど面白い。全員プレイヤーを辞めることができないんで、説得力に欠ける。もしそこの垣根ぶっ壊して説得力得ようと思ったらよっぽどやらないと駄目ですからね。美輪明宏マツコ・デラックスくらいのところまでいかないと駄目ですよね。でもあいつらは好きでああなっただけで、このような側面真実くんをお伝えするためにわざわざそこを目指す男はいませんよ。お前ら、俺と俺のちんちんの付き合いどれだけ長いと思ってるんだ!男性性を保ったままそこにイケるやつって言ったら誰だろうな。草野仁とかかな。いや、でも怖いわ。草野仁なら安全だなと思ってホテルの部屋まで付いてってそこで迫られたら俺たぶん断れないもん。俺貞操観念結構強い方だから草野仁にはついてかないわ。だって俺たぶん断れないもん。むしろもし草野仁の部屋までついてくなら俺は覚悟決めていくよ。だから、女性もたぶんそういう覚悟決める地点をもうちょっと相手のことも考えつつ調整しろ、みたいな。たぶんもっといい覚悟ポイントあるよ、みたいなそういう話なのかなぁと思いました。

ヤリチンの恋愛お作法の話題とかで時たま見かける表現として「俺はこんなにたくさん禁煙に成功した」みたいなのありますけど、あれも、それはそれで極めてイタいところ突いてるし、てんで的外れとも言えちゃうし。身体は一つで人生は一回こっきりで時間の矢は常に一本だけ未来に向かって進み決して過去には戻れない以上、どうにも難しいもんだなと思います。だって人類史始まって以来、延々じいちゃんもそのじいちゃんも遡って遡って毛むくじゃらのご先祖様までみんなみんな時代に応じた恋愛をやってきてたはずなのに未だに完全無欠の攻略本が一冊も出てないってヤバイよね。ファミ通何やってんだよ。宝島社は既に完全無欠の攻略本作る気いっさい無いから。ファミ通頑張れよって。

まー、僕は既婚なので、主観的には、まだ少しは説得力あるのかなと思って外野のテンションで書いてみたんですけど、たぶん客観的に見たらほぼニアリイコールで説得力ないんだろうなと諦めてるんでいいんだけど。別にそんな世の女性の意識を変えたいとかそんなつもりないからね。まだ見ぬ未来の娘のために書いてるから。こんなこと言ってくる親父イヤだけど。絶対イヤだわ。パパは、パパはお前に辛い思いして欲しくないだけなのに!結局男女関係に限らずプレイヤーを降りることは誰にもできないということなのでしょう。今は今で結婚生活とかいうなんかまた全然違うやつやってますしね。「ワギャンランド、ボス戦になったらしりとり!?」みたいな、それくらい全然違うやつのプレイヤーをまるで辞められることなく続けてるわけです。或いはファミコンのパーマン。そうして僕たちはもどかしそうにこれを死ぬまで続けていくほかなく、自分の満足感を最優先目標にしつつも周りの誰かや次の世代に何かを手渡したい気持ちも捨てきれずそれも結局は自分の満足感のためなのかなと思いつつ、もしかしてとっくに中身は空なんじゃないか疑惑のあるバケツリレーをいつまでもいつまでも繰り返し、いつか眠るのでしょう。超面白いじゃんそれ。以上です。

*1:こんなんとか http://am-our.com/love/166/8301/

広告を非表示にする