←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

十人十色の潔癖症

すき家」と「吉野家」の生卵の話

http://fujipon.hatenablog.com/entry/2013/11/24/030722

読みました。

id:fujiponさんはもともと主に読書感想文をはてなダイアリーで書いてた人で思い返すと僕がはてなでブログを始める前から読んだ本のほかの人の感想を見たくてググってたら結果的にたびたび出向いてたような気がする。考え方がとんでもなく柔らかい人でおいそれと白黒はつけられないこの世の中のあれこれに無理に白黒をつけることなく寄り添いながら毎日あれこれ思案してるような印象を持っている。竹を割ることなくそっと抱いて眠ってるような人で僕はこの人が大変好きなのだ。

で、最近ははてなブログの更新が活発でこちらでは読んだ本の感想とは全然別に気付いたなんらかの事象を相変わらず割り切らずに雑感を述べては寄り添っているので大変面白がって読んでいる。

今回はそんなid:fujiponさんのいち記事をきっかけに書き出してるんだけど相変わらず内容は言及ではなくて「読んでて思いついたり思い出したりした全然関係ないこと」です。毎度ご迷惑おかけします。

牛丼チェーンで生卵を殻つきで出すところと割って中身が小皿の中でぷるぷるしてる状態で出すところがあるよね、という本当に他愛もない話。

顧客調査はどこもしてるはずなのに「マジョリティの需要を考慮するならばこうあるべきだ」という形で共謀せずとも統一される展開にならないのは言われてみればマジで不思議だ。数字抜きに殻つきじゃないとあかん、中身じゃないとあかん、みたいな信念が各社あるんだろうか。これは言われてみればまじで不思議だし現状の俺こと僕には解なしなので捨ておきます。

僕個人でいうと殻つきでも中身だけ出てくるのでもどっちでもいいです。余裕で食えます。なので血液型性格診断同様まぁちょっと会話のタネにはなる話かなくらいの気持ちで読み進めてたんですが殻つきじゃないと嫌だ派がもし仮にいるとして、その理由として元記事で挙げられてないもので「俺の見てる目の前で初めて中身が外気に触れるという条件を満たさないとなんか嫌だ派」ってのがあるんじゃねぇのかなぁと思ったんです。思ったのでメモ帳立ち上げて書き始めたのが5分前とかです。

何せ「じゃねぇのかな」出発なので憶測甚だしい与太話なんですけど、「清潔」の定義って人によって恐ろしく異なるよなってのがこれ意外とあなどれないところで、しかも結構各人の中でその定義が根強く根付いてるの根深いなぁ、とか。

例えばですごく個人的なエピソードをあげます。

僕は実家ではバスタオルは使ったあと干してまた使って何回かそうして気になってきたら洗う派でした。風呂入ってキレイになった身体を拭いてるんだからバスタオル汚れてないだろって理論です。キレイな身体を拭いたタオルと、水道水に浸けてたタオルは同義。嫁が断固一回使ったら洗う派なので昔対立しましたが余りに断固だったのでこれは俺が折れるのが早やかろうという結論に至り今は一回身体拭いたタオルは洗う生活をしています。

毎回洗うのが妥当でお前頭おかしいだろと言われるのはもはや別にいいんですけど、はいはい不潔ですよハヒフヘホーって感じなんですけど、最近一方で俺の潔癖が露見する出来事がありました。

嫁が家に観葉植物を置きたいと言い出したんですけど僕がこれ最初断固イヤだったんですよね。なぜイヤなのかよくよく突き詰めると俺はどうも「土」というものを大変汚いものと捉えているようです。もちろん全く触れないということは全然なくて、土があって然るべき場所にハイキングに出向くのとかは全く問題ないんですけど家の中に土があるのは猛烈にイヤだなぁ、ていう。土自体はそれはそれでいいもので自然界のなんとかピラミッドに一役買ってるのはもちろん理解してるんで消えてなくなれとは思わないんですけど家の中にあるのがもうイヤ。なんだか不潔な感じがします。植物も良いものだとは思うんですけど土と接してる時点で茎から葉から何もかも汚いもののように思われてなりません。まぁ今室内に置いてますけど。気にならなくなるか様子見してます。

あと、嫁は食器はさっさと洗え派ですけど僕はいくら長い時間浸けおきしておこうと最終的に洗剤で洗うんだからキレイになるだろ派です。嫁は浸けおきすればするほど雑菌が繁殖するようでイヤなそうです。

一方で昔誰かが海外にホームステイした時、何だか国籍の白人が洗剤で洗った皿を水ですすぐことなくバンバン水切り皿に重ねていくのを見たという話を聞いたことがあります。その白人の理論では「キレイにするためのもので洗ったこの皿はキレイだよな?」となるそうだ。思い出した、予備校の英語の先生の話だ。夜中こっそり起きて皿全部すすいだらしいけど。

水で禊するって日本独自の概念なんでしたっけ?調べるのめんどい。

他人の握ったおにぎりは断固として食えない人が定期的におれの人生に出現する。

ドアノブを触るのは大嫌いだけど午前中にも一回手を拭くのに使ったハンカチを咥えて手を洗ってる人がいる。

そういえば俺、流しソーメンが苦手だった。屋外で食うものには火が通っていて欲しい。

スーパーにて、レジ打ちが白ネギを落として「すいません、少々お待ちください!」と言って駆けていって野菜売り場へと続くコーナーで見えなくなってネギ一本持って帰ってきた。落としたネギは野菜売り場へ戻されたか、行って帰ってきただけで同じネギ持ってきたかのどっちかだろ。お前は二本持ってくるのがこの局面の正解だろ。まぁ切る前に洗うからどっちでもいいけど。

おれそういえばコンビニのおでんはあんま抵抗ないけど披露宴で出てくるウェディングケーキって苦手だ。生クリームのホコリ付着しそうな感じすごい。

 

書いてて、あーこれはもうちょっとちゃんとサンプル集めたいと意味わかんねぇなと思って切り上げるんですけど。清潔関係のアウトとセーフのラインって恐ろしく人それぞれなんだよなってことを考えています。思いつくまま挙げた例示で清潔の問題と他人への信頼の問題がごっちゃになってる自覚もあるけどごめんなさい許してちょ。科学的な正否とは別のところでそういう譲れないイメージというのがそんじょそこらに芋を洗うように転がっているように思われる。科学的に問題ないと言われてもイヤなもんはイヤだってのが人情なので、何の根拠もないイメージを根拠にした時ほど人は曲げないわけで、致命的ってほどでもない場合には結局は執着が少ない方が譲るほかないけどその程度のあいまいなルールだと随所で角が立つのは必然で。

いや、本当とりとめないというかまだそんな自分の中でキレイにまとまってない話を、「中身だけくる卵」の背後にはそれがイヤな潔癖症いそうだなと思いついて、書いてしまいました。なんかこううまく書けたらまた書きたいんだけども。なんか徒然で曖昧な話でidコール飛ばしてすいませんとか。

自分にとって潔癖症に思える人を見たとき「自分は潔癖症じゃない」という前提でコメントしたくなりがちなんですけど、よっぽどのヨゴレ人材じゃない限りは不潔のイメージが違うだけで、誰しもに耐え難い不潔が何かしらあるんだろうなぁとかそんなことを考えていたんです。

余談だけど洗剤のCMのすげぇ何もかも汚いし雑菌だらけですよみたいなイメージ映像やめろやって思う。以上です。

広告を非表示にする