読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

店内でコンビニ弁当を自前の弁当箱に詰め替える子連れの女性を見た、という話を聞いた

「今日出社前にコンビニに寄ったらカップ麺のお湯とか入れるスペースに子連れのお母さんがいたんだけどね、コンビニ弁当を割り箸でちゃんとした弁当箱に移し替えていて、ちょっと見た瞬間びっくりしたんだけど大変だなーと思った。」

という話を嫁から聞きました。

で、俺はそれ聞いて「へー」とか言いながらこんなことを考えた。

まー弁当箱に詰めてやるだけまだマシなのかなぁ。これが子供が一人で詰めてる話だったら結構悲惨だもんなぁ。

で、そのままそのエピソードについて思うことをしゃべってたらなんか微妙にお互いの言ってることがよくわからない感じになったので「あれ?」と思って整理してみたらその背後に思い描いてたストーリーがなんか全然違ってた。

まず俺の考えてたのこんなん。

弁当毎日作るの大変でお母さんも働きに出てたりとかも世の中当たり前にあるだろうし、手が回らなくてそうせざるをえないなんてこともあるのかなぁ。コンビニで弁当箱に移し替えるのもちょっとどうなんだと思うけどコンビニ弁当そのまま持たせると子供も嫌だろうしまぁまだマシか。

で、嫁の考えてたのこんなん。

今日は遠足か何かで給食じゃなくてお弁当の日だったんだけど子供がプリントをお母さんに渡し忘れていただかなんだかで全然知らなくて「当日の朝に言われても困るわよ!もうどうすんの!」ってなって已むに已まれず出勤前に子供と一緒にコンビニに立ち寄ることになった。

あーなるほどそっちの方がしっくりくるなーと思って。書いててそもそも「普通嫁の考えたようなストーリーに自然となるだろお前馬鹿か」と思われる可能性あるなと思いながら書いてるんですけど。

とりあえず「コンビニで弁当移し替える」っていうフレーズに引っ張られて俺はなんかDQNを想像してたことはまず認めよう。で、単に「子供」とだけ聞いたところでなぜか俺はいつもは給食があってたまにお弁当が必要になる小学生じゃなくていつもお弁当が必要そうな保育園児か幼稚園児を想像したよね。その結果、俺はその弁当移し替え行為を「常態化とまではいかないまでも時たまそういう手を使う人もいるのかなぁ」などと思ってしまっていた。

なるほどお互いの見解の食い違いが明らかになったところで嫁は「身なりも全然ちゃんとしてたしねー」と嫁想定ストーリーを選択した理由を身も蓋もない言い方で挙げつつ、まぁ嫁からすると小学生くらいの子供っていう情報は言わずもがなで見た瞬間にゲットしてたんで俺想定ストーリーじゃなくて嫁想定ストーリーの方に流れるのは自然と言えば自然なのかもしれん。

そこから話は弁当作るの大変だよなーとか弁当って割かし家庭内事情が反映されるから微妙っちゃ微妙だよねとか色々飛んでったんですがまぁそれはいいや。

僕は元来「俺がなんか言ってみてるよ!俺だよー!俺俺ー!俺見てー!」っていうインターネットの使い方しかやらない性格の人なので匿名ありきの遊び方ってあんましないんですけどちょっとこの話は小町とか書いたらどうなんのかなーとか気になった。まぁ俺がミスったからなんですけど。俺と同じ底意地の悪い解釈してくれるやついねーかなーって動機になるんですけど。

なかなかみんな自分のことで手いっぱいの時代で「お前の背景なんていちいち知ったことかよ」って意見はそれはそれでごもっともではあるんだけど、想像することってよくよく考えるとノーコストじゃないですか。

とりあえず見た瞬間に「ああ、こういうことなのかな」ととりあえず自分の理解の範疇に置こうとするのが人間ってやつで、そのうえで情報としてはこんだけ足りなくて想像で補完した部分がこんだけだからこの今俺がしてる想像はこんくらい合ってそうだな、想像補完多すぎるから決め打ちにかかるのは危険だな、とかを脊髄でピャピャッて弾きだして暫定的な結論を自分で拵えてそれに従って感情や論理をぶん回すのが僕らのやってることのほとんど全部だと思うんですけど。

良い解釈するのも悪い解釈するのもコストはほとんど同じだと思うんですけど、ほとんどノーコストなぶん驚くほど無意識に決めつけてしまうので、くわばらくわばら。

要約すると何だろ、自分でもちょっと笑けるくらい優しくない解釈をナチュラルにかましてたので想像力との付き合い方気をつけよーと思った。終わり。

あと実はこの話あったの先週で色々あって今書いてる感じなのでこの話ほんとうにこれで合ってたのか嫁に確認してからアップするっていう。自分はかくも信用ならない。油断せずいきましょう。以上です。

広告を非表示にする