←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

ウォーキング暇すぎ

えー、太りました。昔から本当ガリガリでいわゆるどこにでもいる「食べても食べても太らない人」だったんですけど寄る年波には勝てなかったよ。結婚して嫁と一緒に暮らし始めるまでは校庭に迷い込んだおじいちゃん柴犬レベルでガリガリだったんですけど毎日おいしい晩飯を与え続けられた結果たかだか一年半で未だかつて経験したことがないくらい太ってしまっております。結婚当初からで考えるとりんご3個分の白い猫がキラキラ光っているのが怖いので決して近づかないペットボル4本分くらい太った。つまり大体8kg増。それでやっと身長に見合った平均体重くらいかなってところではあるんですけど何せ一切運動しない男なのでたぶんついた肉は全部脂肪です。そして今から何もしないで勝手に肉が落ちていくということは恐らくないのでやべぇわけです。このままだとデブまっしぐらなわけでりんご3個分の猫を一日に60匹捕食する恐竜の糞くらいの体重になってしまうのも時間の問題です。何kgだそれ。

で、何かしなきゃやべぇなと思ってとりあえず近所をウォーキングとかたまにするようになりました。嫁と二人で。今のところやってる感じとしては特にルートとかは決めないので行ったことある道ない道知ったこっちゃなくテキトーに何も考えずブラブラ歩き始めて30分くらい経ったところでなんとなく帰ることを意識し始めとけば大体1時間のウォーキングの後に帰宅できるくらいのゆるい勘定です。

しかし今から心配なのがこれたぶん今はええんすけど後々絶対おもんなくなるんすよね。今は知らん道を歩いてるわけでそれなりに「へーここの家って猫避け置きすぎ。どんだけ警戒してんだよ。そこまでしたくなるくらいに猫が寄ってくるのであればたぶん内部に手引きしてる猫好きおるとしか思えないからペットボトル置きまくるよりまず先にそっちを特定しろよ」とか新しい発見をしながら歩けるんですけど、これしばらく経って知ってる道をただ歩くだけとかになるとそんなんどうせ面白くも何ともないに決まってるわけですよ。いや、その家の猫抗争とかがすげぇハイペースで進行してくれりゃ別ですけど。うわ、CDまで吊ってる!カラス避けや!陸空両方から攻められてんの!?みたいな。でもそんな面白いことそうそうあるはずもないのでそうなると歩いてる最中が暇で暇で億劫になりそうだなぁどうせ後々億劫になってしまうならもう既に億劫になってきたなぁ、ていうか歩きたくないなぁとか考えてしまうわけです。

真っ先に出てくる案で音楽聴きながらとかあるんですけど、それ言い出すとこれ書いてる今も音楽聴きながら書いてますし暇じゃないとこんなもんわざわざ書いてないわけで「音楽聴いてたら暇じゃないでしょ」は少なくとも俺には通じないわけです。音楽聴いてても暇なもんは暇。あと嫁と一緒に歩いてるから無理。じゃあお前嫁と喋りながら歩いてるなら暇じゃねぇだろって話になりますが確かにそれはそうかもしれないけどじゃあ家で嫁と喋ってたほうがよっぽどいいだろとなってしまいます。そもそもそれ体を動かすのが億劫で仕方ねぇだけじゃねぇかという身も蓋もない結論になるんですけど、つまるところまぁそういうところなんだろうなぁ。用事や目標がないと外を歩くなんてとてもとてもやってられないし四季の折々を愛でる心も持ち合わせてないしやっぱりそうなると出歩く理由がないわけで、それこそよっぽど近所の野良猫を精力的に繁殖させてやってご近所さんの猫対策の変遷を楽しむくらいしかないのでしょうか。広義の放火魔は現場に戻ってくる的な。

こうして考えていると結局俺が面白がれるのって「人が何かしてる」って感覚だけでそこらへんの好奇心をうまく刺激できるよう組み合わせないと夜な夜なとぼとぼ歩くなんて孤独な営為はどうも自分には続けられなさそうだなという話になってくるわけです。そういうの踏まえてこれまじでイケるんじゃないかなって今考えてるのが「すれ違いビンゴ」っていうやつで、大体同じ時間を選んで歩いていると「またあいついるよ」みたいなのが結構あるわけです。フガフガうるさいフレンチブルドッグを連れて歩いてるおじさんとか、スケボーの練習をしてるエグザイルって言われたら別にそれが嘘でも俺にたいして支障ないからそのまま信じちゃおっかなってなる若者とか、この前gmailの内容はすべてNASAに監視されてるって話の信憑性を検討してたウォーキングおばちゃん二人組とか、そういう俺の中での常連さんみたいなんがちらほらと出てきまして、何回か見かけてるとそいつらのテリトリーなんかもなんとなく見えてくるわけですよ。で、そこらへんを体感的にどんどん覚えていってですね、ある程度経験値がたまってそろそろ勝負できるかなというタイミングを見計らってですね、そいつらを5*5の全25マスに振り当てたビンゴカードを握り締めて僕は家を出発するわけです。で、所定のマスにセットしてある人とすれ違えたらそこのマスはチェックをつけて、さぁ何列ビンゴを揃えられるかな?みたいなそういうゲーム。今はまだチャレンジしても一列でも揃えられる自信がないのでしばらくそういうのを意識して夜を徘徊したうえで、いつか実践に移してみようかなと考えております。これ嫁に話したら「きっしょ」って言われたんで、きしょいのは言われなくても分かってます。

まーでもこういうのひっくるめて全部「たぶん筋トレもしないと体重落ちない」っていう事実に向き合うのいやすぎるのでやってる現実逃避にすぎないって説には検証の余地が残ります。太りたくないし。1ミリも身体を動かしたくない。以上です。

広告を非表示にする