←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

友人の結婚式について感想書こうと思ったらほぼ惚気になった

なんか先週末は知人の結婚式とか出てました。僕は、去年結婚しまして、まぁそれなりに嫁と仲良くやってましてそりゃもう公私ともに愛妻家キャラなんじゃねぇかなと思ってやってますけど、それは狙ってやってるというか相対的な話で、そんな嫁嫁大好きずっと一緒にいたいから二つある臓器片方持ち歩くからくれよ鼻の穴とか、とかそんな感じでは別にないんですけど、他に楽しいことがあんまりないのでやっぱり相対的には愛妻家なんじゃねぇのかなくらいに自分では思ってるんですが、じゃあ結婚制度というものをふぁーっと考えた時にはそんな推奨しないしむしろやめとけやめとけってスタンスではあります。

そんな他人と他人が出会って一生仲良くなっていくのか無理難題にもほどがあるしメイドインワリオに「結婚」っていうゲームが収録されたとしても俺絶対やんねぇよって思います。今は今でこそなんだかんだ仲良くやってはおりますが、今後もずっとこの調子が続くのかどうかは誰にも分かりませんし夜中ひっそりと考えていると恐ろしくなってくるしこの我が家にもしも畳部屋があったらもう60回くらい不安すぎて切腹してるんじゃないかと思えます。フローリングの上では切腹しない主義なんでそこはちゃんとした教育をしてくれた親に感謝です。

それでも表面上は今のところ愛妻家に見えるようで、「やっぱ結婚は羨ましいな」とか言われることもありますけど馬鹿じゃねぇのと思いますし、FXで儲けた奴を見て俺もFXやろっかなみたいな、そいつ次の日どでかい借金こしらえてる可能性ありますからね。それを羨ましいとかね、馬鹿かと思うんですけど、まぁ僕は基本的にそんくらい結婚というものに対してネガティブです。ちょっとやそっと結婚したところで「おめでとう」なんてまる一つ思いませんし、じゅげむが信号垂らして降りてきたごときの何がめでたいんだよ馬鹿かよって感じで、しかも結婚レースはマリオカートほどぬるくないですから。マグマはマグマだし氷河は氷河だし塩水は塩水です。結婚っていうのはそういうめちゃめちゃ大変すぎる門出なんだよと思いながら今日も嫁と幼児語で会話ちてまちた。

そんな僕なんですけれども、先日出ましたその結婚式は本当に素直に「おめでとう!おめでとう!」て感じだったので、大変良い式だったのか大変良い二人だったのか或いは僕の目が曇ってて嫁は早速今日から旦那に鳩ばっか食わせるのかもしれません(鳩は日本で一番疫病を持ってる野生動物)。良かったポイントとしては、二人の交際期間はとても長くて戦争に火薬が用いられるちょっと前くらいからずっと付き合ってるんですけど、その間、同棲みたいなのを一切してなかったんですね。時には遠距離恋愛になるような期間もあったでしょう。シルクロード行って向こうに滞在して帰ってきてってやってたら普通に1年くらい掛かりますから、そりゃあ当時の遠距離恋愛つったら生半可なものではなかったわけです。その合間に二人と一緒に僕も一緒にお酒を飲んだりして、鳥貴族なんですけど、普段ずっとタレで食ってる串を彼がシルクロードの向こうから持って帰ってきた塩コショウで食ったりとかしてたんですけど、まぁ二人が大層仲よさそうにしてたのをコショウうめぇうめぇって涙しながら仲よさそうなの見かけたりしてたので、今更「結婚します!夫婦になります!」みたいなの言ってたのがすごく不思議に思えてなんかそれがいい結婚式だったんですね。ああ、あんなに仲の良い二人が、今日までは二人で共に生活をしていなかったんだ~とか思いました。二人で共に生活するということはめちゃめちゃ楽しいということは知っていたので、というか、その二人が今から共に生活をするということを理解して立ち返ったりしていたので、「なんやお前らそんな仲いいのに二人で生活してなかったんかい。それって不自然やないか。でもこれからは自然に二人で生活するのねえ、おめでとう。」みたいななんかそんなのを思うのと共に、俺もそのありがたみをちゃんと理解しようみたいなことを思いました。

まぁ、そんな感じでいい結婚式だったんですけど、こんな素直な「おめでとう!」が自分から出るんだってちょっとびっくりしましたけどこれも一重に二人の仲のよさ見せつけ具合の賜物ですね。あるいは僕の博愛のなせる業かなと思いますまぁガネーシャとかなんか皮膚固い神にアタマぶつけて死ねよって感じですけど。

あくまでこれは例外で、基本的には恋人見かけても「我慢してるから別れてないだけ」と思いますし結婚を見かけたら「さて死ぬまで我慢できるか見せてもらおうか?」て感じなんですけど。まぁ、なんかいい結婚式でした。

余談なんですけど、そんなサボテン畑で養蜂しかも軍手ないみたいな結婚生活をうまくやるにはどうしたらいいんじゃらほいみたいなんをなんか最近ちらほらと見かけて、たぶん発端は下記の記事だったと思うんですけど。

http://anond.hatelabo.jp/20130415142259

「友だちが居ないと、恋人や配偶者に求めすぎる? 」というタイトルで夫婦間の話題選びをどうしようか、いやむしろ限界あるから外にも友人作れよ、みたいな話なんですけど、まー半分あってて半分どうなんだろって思いました。夫婦で共有できない会話っていうのはこれそりゃゼロにはなりませんよね。そこは分かる。僕はたまに女性が嘔吐するAV見よっかなってなる旨は嫁に伝えてますけど詳細伝えたらたぶん引かれますし、このブログはツイッターで宣伝してるんで相互フォローしてる実妹とかにも見られる可能性考えると嘔吐は嘔吐でも炊く前のサラサラのお米しかもラメ入り限定だからそういうのしか見ないからそんなに変態じゃないよ、と弁明するほかないんですけど、やめとけって話ですけど、まぁ全ては語れませんのでどう語れる領域を広げるかなんだろうなぁ、とかは思いますよね。例えばそれこそ嫁なんかはオタク属性があって、アニメや漫画の話とかめっちゃしますけど、僕はそういうのよくわからんしあんまテンション上がらないですけど、結構普段から楽しく喋ったりとかしてます。あそこらへんを二人で楽しむ・楽しめないという奴は、結局何を喋ってるかとか二人の趣味趣向とか、そういうのとはまた別の軸での話になるんじゃねぇのかな。

共通のタームというか、流れ打ち込むままにタームとか言ってみたんですけどなんだそれと思って今タームをググったんですけど、ターム:学術用語。専門語。テクニカルターム と出まして、あーじゃぁタームじゃねーやって思ったんですけど、リズムでも文脈でも、まぁなんでもいいんですけど。例えばスカッシュ大好きカップルがいたとして、二人で壁のほうを向いてボールを打ち合ってそれが互いにとって心地いいのであれば、お互いにボールを壁に打ち込みながら真剣な話でもふざけた話でもどちらか一方が興味ない話でもオタクの話でも俺が大好きな使えないテレビ番組司会者ランキングの話とかもできるもんなんじゃねぇかな嫁テレビ基本全然見ないけど、みたいな、そういうのはありますよね。そういう壁打ちのポリシーが見えたからこそ、件の結婚式は素直に祝福できたのかもしれませんし、壁打ちのポリシーを見つけるの難しすぎるし見つけてもすぐ忘れる人間だからこそ基本的には結婚全否定派なのかもしれません。結論としては、俺の結婚生活はうまくいきますが、お前ら大多数の結婚への道のり及び結婚生活はうまくいくものとはとても思えません。それでも僕は結婚はいいもんだといいますが、FX最高という奴を信じるやつは馬鹿だと思います。以上です。

広告を非表示にする