←ズイショ→

ズイショさんのブログはズイショさんの人生のズイショで更新されます!

SMAPの温泉旅行見かけて何かテキトーに書く

SMAPっていう日本屈指のコントユニットがいるんですけど、そいつらがこの前テレビで「初めての5人水入らず温泉旅行」的な番組をやっていました。で、見てたんですけどなんかめちゃめちゃ面白かったです。SMAPというコントユニットは恐ろしいことにほぼほぼ四六時中SMAPという壮大なるコントをしています。昔は6人組だったんですけどそのうちの一人がどうもゴムが憎くくて憎くて仕方なかったらしくて、人生賭けてゴムをすり減らしたい何だったらチェッカーフラッグを最短で振って欲しいとか言い出して脱退しちゃったんですけど、それ以降は5人組でずっとコントをやっております。もう一人何かやらかしたらメンバーの過半数が警察のお世話になってるって考えると今なおああいう感じになってるってほんとハンパねぇなと思います。

で、なんかSMAPが5人で温泉旅行をしてたんですけど、なんかすげぇ良かったですね。人生とはなんぞや的なことを思ったりしました。彼らはとどのつまり天下とったアイドルといって差し支えないと思うんですけど、全員おっさんなわけです。ええ歳なわけです。だからといってアイドルとして落ち目なのかというとたぶん世間的には全然そんなことない。よっぽど5人で政治的思想から大量殺人でも企てない限りきっと彼らは死ぬまでアイドルなんだろうなと思います。解散したところで元SMAPという肩書きにはなるかもしれませんが変わらず彼らはSMAPなんだろうなと思います。誤解を恐れずに言えばたぶんあの人たちはそういう意味で、既にドリフターズの域に達してるんでしょう。

で、そんな彼らが普段どうせオフで一緒に遊ぶとかはないんでしょうけど、番組の企画ということで5人で一泊二日の温泉旅行に行くわけです。ハイライトは旅館のスナックでSMAPの歌をカラオケで歌まくって中居くんが泣くみたいなところだったんですけど、まぁその涙が嘘か本当かはどうでもいいんすよ。テレビなんだからこれをガチだと安易に受け取る必要は一切ないんですけど。ただSMAPレベルになるともうテレビ出過ぎてるんでテレビだからガチじゃないとかそういう次元もう超えてるよな~とか思うわけです。キャンディーズなんかとは訳が違うわけでもう今更あの人たちは普通のおっさんに戻ることなんて物理的に不可能なんだよなと思って、僕はあの涙は思いを馳せるに足りうるな~とか思ったんです。

年をとるたびに良くも悪くも思うのは「今更自分以外にはなれない」ということで、別にそれは肩書きがどうだなんだという話ではなくて、まさしくそのままの意味で自分以外にはなれないというそれだけの話なんですけど、これはたぶん全てのいち個人について言える話なんだろうと思うんですけど、なんかそんなことを天上人から教わって、あ~そ~ね~とか思いました。中居くんとか草なぎくんの涙の意味とか俺は知らんしそこまで興味はないんだけれども、そういう泣ける年の取り方は誰しもが目指すべきところなんだろな、みたいな、なんかそんなことを思いました。僕はもう死ぬまでマンゴー泥棒で生計を立てていくほかないと思ってマンゴーっぽい色のほっかむりをオーダーメイドで発注してるんですけど、完成待ちなんですけど、それと同様に中居くんも一生SMAPでいるほかないんだなと思って、それに対する感謝なのか何なのかよくわかんないですけど、中居くんが泣くことってすごく普通で俺らが泣くのとそんな思うほど変わらないんだろうなとか思って良かったです。中居くんの涙の背後に、最強伝説黒沢の涙みたいなのが見えました。あー生きてるだけなんだみんな。みたいな。

あんままとまってないけど、これは無理にまとめるとアレなやつなので、以上です。

広告を非表示にする